回り道しなければ得られなかった喜びと感謝

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

回り道しなければ得られなかった喜びと感謝

 

 

ついに2月になりました。

私は2月になることを待ちわびていました。

なぜかというと、
「インターネットが繋がるから」
です。

 

「???」と思いますよね。

私は1月にプロバイダーの契約内容を変更して、
それが上限ありの契約だったので、
1月10日以降、ネット回線に速度制限がかかったのです。

インターネットビジネスをしている私としては、
これはかなりしくじりました。

 

以前ブログにも書いています。↓

しくじりました

速度制限がかかって、先ず

動画が観れなくなりました

動画が観れたとしても、
何度も途中でブチブチ切れてしまいます

動画を観る場合は、
他のサイトを閉じたほうがいいことが
最後の方で分かりました

メールの送受信がなかなかできませんでした

サイトがなかなか開きませんでした

このような状態が3週間近く続きました。

 

時間を取られるし、
思うように作業できないし、
まぁ~やりづらい、やりづらい。

 

この3週間速度制限に振り回され、
私みたいにインターネットビジネスをやっている人間には
上限ありの契約をしてはいけないということを
嫌というほど思い知らされました。

 

こんなこと少し考えたら分かる話ですが、
実際痛い目に遭ったほうが実感が沸きます。

ずっと2月になることを心待ちにしていました。

 

2月になった途端、ネット回線が通常に戻り、
サクサクと作業が進むようになりました。

 

ネットに対しての喜びと感謝の気持ちが
湧き上がって半端ないです。

これは一旦痛い目に遭ったからこそ得られた
喜びと感謝の気持ちです。

回り道しなければ得られなかった喜びと感謝です。

 

人が幸せを感じるのは
何かに感謝したとき
人に喜んでもらえたとき
の2つです。

 

私がプロバイダーの月額料金をケチったがために
とんでもない被害を被りましたが、
その代償として、ネットに対しての
喜びと感謝の気持ちを得られることが出来ました。

そして幸せを感じることが出来ました。

 

「物事にはプラスとマイナスの両面がある」

プラスだけの出来事はない
マイナスだけの出来事もない

この経験を踏まえて、
これからもインターネットという存在に
感謝し続けようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

カウンセリングはまだまだ敷居が高い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

カウンセリングはまだまだ敷居が高い

 

 

カウンセリングは、
「何かないと行ってはいけない」
と思っている人が多いのではないでしょうか。

カウンセリングは
悩みがある人が利用するものだ
話したいことがある人が利用するものだ
問題を抱えている人が利用するものだ


そんなことはないのですよ。

まだまだカウンセリングの敷居が高いです。

 

「今回の問題は解決したから
もう次の予約をしなくてもいいかな」
と、クライエントは思いがちですが、
通う間隔は空いてもいいですから、
心のメンテナンスとして
カウンセリングを利用するのがベストです。

何かあったときの予防や対処ができます。

月に1回、数カ月に1回美容院に行って
髪の毛を整えるように

1週間に1回、数週間に1回整体院に行って
体の歪みを整えるように

月に1回、数ヶ月に1回エステに行って
肌をキレイにするように

こころも定期的にカウンセリングに行って
整えたほうが断然いいです。

 

こころは目に見えないものだから
定期的にメンテナンスする発想が
なかなか起こらないのでしょうね。

カウンセリングはまだまだ「特別なもの」
という認識がまだまだ強いです。

まだまだカウンセリングの敷居が高いです。

 

カウンセリングが一般的になるには
どうすればいいのか、
私のようなカウンセラーが考え、
実行するべきなのでしょう。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

この人はいい人ですか?それとも・・・

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

この人はいい人ですか?それとも・・・

 

 

職場では採用面接の真っ只中です。

Aさんは面接を受けた方の中のある人のことを
「感じが良かった」と言っていました。

 

Aさんは面接に来たその人を応接室に案内し、
「お掛けになってお待ち下さい」と言いました。

Aさんはお茶を出しに応接間に入ったら、
その人は立って待っていました。

Aさんはお茶を出して「どうぞお掛けください」
と言いましたが、その人は立っていました。

Aさんが「まだお待たせすると思いますので、
どうぞお掛けください」と言ったら、
その人は座りました。

 

その話を聞いたBさんは、
「その話を聞いてその人の印象が悪くなった」
と言いました。

「さっさと座ればいいじゃん
なんて頑固なんだろうと
私は思う」とBさんは言いました。

 

Aさんはいかにその人が感じ良かったかという話をしたら、
Bさんは却ってその人の印象が悪くなったのです。

AさんとBさんのやり取りを聞いて
「面白いなぁ」と思いました。

 

面接に来たその人の行動は1つです。

その行動に対する解釈は無限です。

 

あなたはAさんの話を聞いて面接に来た人に対して
どういう印象を持ちましたか?

この人はいい人ですか?それとも頑固ですか?
それとも他のイメージを持ちましたか?

 

価値観が違うと、こんなに人に対する印象が
変わるのですね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

寒すぎて、

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

寒すぎて、

 

 

今日は寒すぎて暖房を付けても、全然部屋が暖かくなりませんでした。

自分の部屋も全然部屋が暖まりませんでした。

 

その代わり、すごく眠くなりました。

体が冬眠をしたがっているのでしょうか。

特に今は眠くてすぐ瞼がくっついてしまいます。

 

今日は早く休むことにします。

おやすみなさい。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

嘘を見抜けませんでした

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

嘘を見抜けませんでした

 

 

嘘をつかれてもそれを見抜ける自信がありません。

嘘を見抜けませんでした。

 

先日、
「血液検査の結果が悪かったから、
もしかしたら入院になるかもしれない」
と、ある人から言われました。

同じことを私に何度も言いますし、
他の人にも同じことを言っていました。

 

以前の検査結果を見せてもらったとき、
確かに標準より高い数値のものがありました。

私は医療従事者ではないのでよく分かりませんが
本人曰く、とても高い数値だということです。

 

本来食事制限をすべきところを守らなかったため、
数値にそれが表れたのだと思います。

自己管理できないのであれば、
入院して強制的に食事制限してもらったほうが
いいのではないかと個人的には思いました。

本人には言わなかったけれど、
体のことを考えたら入院したほうがいいですし、
「嫌だ嫌だ」とダダをこねたところで
検査結果が悪かったのは自業自得だと思います。

その時はそう思っていましたが、
その人の担当者も一緒に病院に行って
お医者さんの話を聞いていますが、
その人は何も言ってこないので
「大げさなことを言っているのでは?」
と、ちょっと思ってもいました。

 

後日、
その人は「体調が悪い、体調が悪い」
と言ってきました。

同じことを私に何度も言いますし、
他の人にも同じことを言っていました。

「どう体調が悪いんですか?」と一応聞いてみたら、
「立ちくらみがする、ふらふらする、朝から状態が変わらない」
と言っていました。

それと同時に
その人と病院に行って先生の話を聞きに行った担当の人から
連絡が入りました。

その中で
「本人は食事療法で入院しなければいけないと言っていますが、
誰もそんなことを言っておりません」
という情報がありました。

 

思わず爆笑してしまいました。

嘘を見抜けませんでした。

 

あんなにも「入院、入院」と連発していましたが、
それは嘘だったわけです。

私の見立てでは、
構って欲しい
気にかけて欲しい
心配して欲しい
大事にして欲しい
甘えたい
といったところでしょうか。

 

その人は今後もそれらの感情を求めるために
嘘をつき続けるのでしょう。

今回もそうでしたが、
その人が「入院するかもしれない」と言う度に
「そうなんですね」としか言いませんでした。

何を言っても同じことを繰り返すだけなので、
こちらも「そうなんですね」を繰り返しました。

ゴールのない話に対しては、
淡々と同じ言葉を繰り返すことにしています。

 

ここで優しい人は
その人の相手をするのでしょうね。

私は相手をしてしまう人の方がよっぽど
気になってしまいます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

隠し事をするとボロが出る

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

隠し事をするとボロが出る

 

 

私はあまり自分のことを話さないですし、
しらばっくれることが多いです。

「演技がうまい」と言われてきました。

隠し事をたくさんしてきました。

けれども、結構ボロが出ました。

隠し事をするとボロが出ます。

 

どんなに隠そうとして
全部辻褄を合わようと計画立てても
どこかで穴やモレがあります。

真実ではないから、
帳尻を合わせるのが大変なのです。

 

隠したり、しらばっくれることはしますが、
人を騙すことは絶対に出来ないです。

簡単にバレると思います。

人を騙すなんて相当リスクの高いことです。

 

自分は騙すつもりはなかったけれども
相手が「騙された」と思うことはあるかもしれませんが、
自らの意思で人を騙すことは絶対にしないです。

人を騙すことで得られるものなんて、
たかが知れてると思います。

失うものの方が断然大きいと思います。

 

隠したり、しらばっくれてもすぐにボロが出ますが、
相手が気づかない場合もあります。

それは相手が私に興味がないから気づかないのです。

 

基本的に人は人に興味がありません。

人のボロに気づくよりも、自分のことで精一杯です。

 

けれども、大切な人に対しては敏感になっています。

だから浮気とかバレるのでしょうね。

興味ない人に対してはボロを察知しませんが、
自分にとって大切な人のボロは察知するのでしょう。

 

だから大切な人に
隠し事をしたり、
しらばっくれも、
ボロが出て
すぐバレる場合が多そうです。

 

そう考えると、
私はすぐに隠し事をしたり
しらばっくれるので
これからは
徐々に控えていったほうが
いいですね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

アサーション

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

アサーション

 

 

先日、数人にアサーションについてお伝えする機会がありました。

アサーションとは
自分の伝えたいことと、
相手を思いやる言葉を組み合わせ、
相手に伝えるコミュニケーションツールです。

 

どのような流れでアサーションをするのか、
例を出してお伝えしました。

そうしたら、
「本当にこんな言葉言ってくれる人がいるんですか?」
と聞かれました。

私は
「この言葉を言われたら嬉しいですよね」
と聞いたら、
「はい」
とその人は答えました。

 

あまり質問の答えになっていませんでしたが、
それでその場は収まりました。

その人がそう聞きたくなるのも頷けます。

 

人に何かを伝えることについて
動画で話しています。↓

 

アサーションという手法を初めて知ったとき、
「あぁ、このように伝えられたら
自分も言いたいことが伝えられてモヤモヤしないし、
相手も嫌な思いもせずに済むなぁ」
と思いました。

その一方、
「相手との日常的なコミュニケーションの中で、
感情が湧き上がっているときに
咄嗟に自分の気持ちを伝えられて、
なおかつ相手も事も思いやる言葉なんて
出て来るか?」
とも思いました。

 

論理より、感情が勝ちます。

人と意見がぶつかったとき、
闘争するか
逃走するか
何もしないか
人はこの3つのうちのどれかを選びます。

「アサーション」は
この選択肢の中に入っていません。

 

ということは、
「アサーション」は
意識して、トレーニングとして
利用するものと言えます。

無意識でアサーションすることは不可能です。

 

アサーションは事前準備が必要となります。

過去を振り返り、
今までに起こった出来事の中で
うまく自分の気持ちを伝えられなかったことをピックアップし、
それを例にしてアサーションのワークをし、
もし次に似たような出来事が起こったら
アサーションを実行する。

そんなところでしょうか。

それでもやはり人は感情を優先するので
咄嗟にアサーションが出てくるかどうかも
わからないところです。

 

アサーション出来るかどうか分からなくても、
準備しておく価値はあります。

準備しておいたほうが、
アサーション出来る可能性が
高くなるからです。

 

それだけアサーションというスキルは、
自分のストレスを溜めることなく、
相手と良好なコミュニケーションが取れる
ツールだということです。

 

もしアサーションについて興味を持ちましたら、
カウンセリングでやっておりますので
ご連絡ください。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

サラダバー おかわり禁止

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

サラダバー おかわり禁止

 

 

以前からランチで入ろうかどうしようか迷っていたイタリアンに、
「えいやっ!」と足を踏み入れました。

なぜ入ろうかどうしようか迷っていたかというと、
この地域にしては少々ランチのお値段が高いと思ったからです。

 

席はテーブル席とソファ席がありました。

人もそんなに多くなく、ゆったりくつろげそうです。

 

お店の人がメニューを持ってきてくれたときに、
最初に目についた「豚肉とトマトのパスタ」を
注文しました。

 

お店の人が
「プラス200円でドリンクが付きますが」
と言い、

私は
「こちらの食事だけでいいです」
と答えました。

 

お店の人が
「サラダバーがあちらにございますが、
おかわりはできません」
と言い、

私は
「分かりました」
と答えました。

 

「おかわり禁止のサラダバーなんて初めて聞いた」
と思いました。

まるで
「タレの二度づけ禁止」の
串揚げ屋さんみたいです。

 

お店の人が
「フォカッチャは2個まで注文できますが、
おいくつにされますか?」
と言い、

私はもちろん
「2個お願いします」
と答えました。

 

メニューを見て私は
「あっ!平日限定で女性にはデザートが付くんですね」
と言いました。

こういうところは目ざといのです。

 

サラダバーとフォカッチャとデザートが付くのなら、
このお値段でも妥当かなと思いました。

 

サラダバーに行ってみると、
「サラダを残したら、200円頂戴します」
と書いてありました。

思わず私はサラダバーに居た店員さんに、
「サラダを残して200円払うのだったら、
同じ200円でもドリンクに払いたいですね」
と言ってしまいました。

 

ドリンクを付けるために200円お支払するのと、
サラダを残したから200円お支払するのとでは、
金額が同じでも、払う側の気持ちは全然違ってきます。

自分が欲しいから200円お支払する。
罰金として200円お支払する。

同じ200円という同じ価値のお金を
自らの意思で払うのか、
要求されて渋々払うのか。

何にお金を払うのかで、払うときに
こんなにもテンションが違ってくるのだな、
面白いな思いました。

 

 

サラダバーがおかわり禁止だったり、

サラダを残したら200円払うというルールは、
以前何かあったのでしょうね。

めちゃめちゃサラダをおかわりして、
めちゃめちゃサラダを残して
帰ったお客さんがいたのかもしれません。

改善するためにそのルールを作ったのでしょうね。

 

私の隣のテーブル席に座った細身の女性が、
サラダをてんこ盛りにしていました。

「そんなに盛って、全部食べられる?
200円払うことになるかもしれませんよ」
と、関係ないのにドキドキしてしまいました。

 

改めてこのお店のランチメニューを見てみると
パスタ
リゾット
カレー
ピザ
スープ
と、様々なメニューがありました。

このお店は
イタリアンでは
ないかもしれません。

 

お支払の際、
スタンプカードをもらいました。

お店の人が
「2ヶ月以内に8個スタンプが溜まったら、
ランチ1食分が無料になります」
と言いました。

 

ルールの多いお店だと思いました。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

嘘つけない人

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

嘘つけない人

 

 

先月から毎週職場で
「人狼ゲーム」をやっています。

人の心理を読み解くスキルを身につける
という目的で行っています。

私は個人的に
人狼のカードを引いてしまったら
精神的ダメージが大きいということが
分かっていたので、
司会者をすることで
逃げていました。

カウンセラーなのに、人の心理が分かりませんでした

今回は、別の方が司会をすることになり、
久しぶりにプレイヤーをやりました。

今月からめちゃくちゃピュアで、
嘘つけない人が人狼ゲームに
参加しています。

今回は2回プレイをしたのですが、
偶然にもその嘘つけない人が
人狼のカードを引きました。

 

1回目は人狼カードが2枚あって、
嘘つけない人と私が人狼カードを
引きました。

人狼同士で誰を追放するか相談するとき、
その嘘つけない人は私を指差しました。

 

「人狼が、人狼を追放してどうする」
と思いながら、
その人はあまりにもピュアで嘘つけないので、
人狼を消そうとしていたのですね。

 

次に誰が人狼なのか話し合いをするときに、
その嘘つけない人はやたらと私の顔を見て、
「そうだよね」と、同意を求めてきました。

「周りから既に人狼だとバレているのに、
そんなに私にコンタクトを取ったら、
私も人狼仲間だとバレるだろうが」
と思いながら、
その人はあまりにもピュアで嘘つけないので、
早く人狼をみんなに当ててもらいたかったのですね。

 

2回目は、司会者から
「人狼の人は起き上がってください」
と言われたとき、
その嘘つけない人は
「人狼は起き上がるんですか?」
と司会者に聞いてきました。

「もう自分が人狼だとみんなに宣言してるやないかい」
と思いながら、
その人はあまりにもピュアで嘘つけないので、
つい声に出してしまったのですね。

その宣言のおかげで、全員一致で
嘘つけない人が人狼だと判断できました。

 

それで思ったのですが、
嘘つけない人は人狼ゲームのような
隠したり
騙したり
駆け引きしたり
嘘ついたり
欺いたり
することができないので、
ゲームに参加するのは
苦しいのではないでしょうか。

人狼のカードを引いたら
簡単にバレてしまいますし、
嘘つけないという特性を
潰してしまうのではないでしょうか。

 

ゲームのプレイヤーにも
向き不向きがあることに気づきました。

嘘つけない人は
人狼ゲームを避けることを
お勧めします。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

気分が上がる方法

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

気分が上がる方法

 

 

美容院に行ったら、
髪の毛を巻いてもらいました。

たったこれだけです。

 

気分が上がりました。

 

ただ髪の毛を巻いただけで、
見た目の雰囲気が変わりました。

この後人と会う約束だったので、
キレイにセットしてもらった髪の毛で
人に会えると思うと嬉しくなりました。

 

心なんて意外と単純です。

 

私は昔から
髪の毛をセットしてもらったり、
メイクをしてもらったり、
似合う服をコーディネートしてもらうことが
好きです。

これだけで気分が上がります。

 

「見た目を変える」
これが気分が上がる方法です。

 

新しい服を着たり
明るい色の服に変えてみたり
アクセサリーをつけたり
ヘアスタイルを変えたり

見た目を変えると
周りの人たちから見る
あなたの印象が変わります。

 

「私は人からこう見られたい」
というイメージの見た目に変えたら、
周りの人はあなたを
そう見てくれる可能性は高くなります。

そうなると、
見た目は大事ということが
分かってきます。

まずは
清潔感
表情
に気をつけたいと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK