1ヶ月でできたこと

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【1ヶ月でできたこと】

 

コーチングを学んでいた時、
ワークをしながら学んでいったのですが、
毎回必ずと言っていいほど行っていたワークは
「good&new」というものです。

「good&new」とは、
「この24時間以内で良かった出来事、
もしくは初めてやったこと」を
ペアになって相手に1分間など時間を決めて
お話しし合うというワークです。

最初は
「24時間以内で良かったことなんてあったっけ?」
となかなか出てこないのですが、
24時間を振り返って意識して
良かったことまたは初めてのことを探してみると、
案外見つかるものです。

何回か数を重ねていくと
出てくるのも早くなります。

日常的に良かったと感じたことや
些細なことかもしれないけれど
「これ、初めてチャレンジした」
と意識できると気持ちが上がります。

 

人は基本的にネガティブなことを考えがちなので
「good&new」のように
意識してポジティブなことを思い出していくと、
物事をポジティブに捉えられるようになる
トレーニングになります。

 

カウンセリングでクライアントに
「good&new」を何度か伝えたこともあります。

一時期帰りの電車の中で
「good&new」をやって
その日の良かったことや
その日の新しかったことの
振り返りをしていました。

最近とあるワークショップに参加しました。

ウォーミングアップとして
「ここ1ヶ月で初めてできたことを考える」
というワークがありました。

1分くらい考える時間があったと思いますが、
5つ思いつきました。

その後4人1グループで
3周「ここ1ヶ月で初めてできたこと」
を発表し合いました。

書く時は3つ思いつかなかった人も、
グループで発表し合ううちに
1ヶ月で初めてできたことを思い出したようで
全員3つずつ発表することが出来ました。

 

普段は
「初めてできた!」と感じないけれど、
その時は感じたかもしれないけれども
その感情は一瞬ですぐ忘れるかもしれないけれども、
「ここ1ヶ月初めてできたことってなんだっけ?」
と意識しすると、思い出すものです。

 

ワークショップに参加すると、
参加者同士とがっつり関わることが多いので
最初に自己紹介がてら
「good&new」のようなワークをすることがあります。

「good&new」はお互い好意的な印象を持ちやすいので、
初対面の人とより良く知り合うきっかけ作りとして
とても効果的だと思います。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

GW 最終日

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【GW 最終日】

 

長期休暇の時は毎回思うのですが、
始まってしまうとあっという間に終わります。

実は長期休暇で一番楽しいのは
始まる前に
「〇日も休みがある!」
「休みの間は何をしようかな?」
と、想像してる時ではないでしょうか。

少なくとも私はそうです。

長期休暇の時にあまり出かけないので
なおさらそう思うのかもしれません。

 

GWの最終日は明日の方がほとんどでしょうが、
私は本日が最終日です。

私も明日が最終日の方が良かったのですが、
それは仕方がありません。

 

GWを有意義に過ごせなかったのは
私に責任があります。

びっくりするほど朝起きられなかったからです。

 

クライエントに
「平日と休日に起きる時間の差は
2時間以内にしてくださいね
そうしないと、休み明け身体が怠いですよ」
と言っているのに、
当の本人が全くできていませんでした。

人にごもっともなことを言うのは簡単ですが、
自分ができていなければ説得力がありません。

 

人は論理ではなく感情の生き物
人は他人に全く興味がない
と理解し、いつも頭の隅に置いています。

GW中に私が一番よく足を運んだのは、
スーパーマーケットです。

ほぼ毎日行ってました。

しかも同じスーパーマーケットではなく、
7店舗行きました。

 

私がスーパーマーケットに行って
何をしていたのかというと、
どこに何を配置しているのか
そのスーパーマーケットの特徴
を把握しようとしてたのと、
何より一番知りたかったのは
「値段の比較」です。

 

私がスーパーマーケットで何を買うのかは
99%決まっています。

その決まっている物をいくらで売っているのか
値段をチェックしていました。

 

昔から好きなスーパーマーケットがあって、
どれだけ好きかというと
私にとってはアミューズメントパークに思えるくらい
テンションが上がるほど好きです。

そのスーパーマーケットに行くために
電車に乗って隣町まで行きました。

 

やはりそのスーパーマーケットに足を踏み入れ
商品を物色していると
だんだんテンションが上がってきました。

私にとってのアミューズメントパーク、
健在です。

 

テンションが上がり過ぎて
電車で帰らなくてはいけないのに
全く買う予定のなかったものも買い、
めちゃくちゃ荷物が重くなりました。

このスーパーマーケットは
私にとって神ですね。

 

 

スーパーマーケットに限らず
チラシを見てどこが一番安いか比較して
何店舗もはしごして買い物するのは
結果的に時間とお金を無駄遣いしています。

スーパーマーケットで買い物をするなら
1店舗でいいのです。

どこが一番安いか値段を比較している時間
一番安いものを目指して何店舗もはしごしている時間
それが無駄なのです。

そして安いからと必要のないものまで買い、
何店舗もはしごしているから
行く店舗ごとに買う予定のないものまで買い、
結果的にお金の無駄遣いをしています。

数十円安いからと言って
本人は得した気分になっていますが、
トータル的に無駄なものばかり買って
損しているのです。

こんな時間とお金を無駄に使っているようでは
成功できないのです。

 

 

耳の痛い話です。

GW中に成功者の真逆のことを
意気揚々とやってしまっていました。

GW最終日にして反省しました。

 

反省したからといって
これから私はスーパーマーケットやお店で買い物をするときに
値段を比較しないで1店舗で買い物を済ませるかというと、
出来る自信がありません。

また電車に乗ってアミューズメントパークに
行ってしまう気がしてなりません。

 

それは私が論理ではなく感情で生きているからだからです。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

GW 天気 いつもと違う

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【GW 天気 いつもと違う】

 

今年のGWは10連休という
私が知っている限り
一番長い休日でした

いつもと違います。

 

私の中でGWの天気は
連日快晴というイメージがありましたが、
今年のGWは雨が降ることが多く、
寒い日もありました。

いつもと違います。

 

今年のGWは
平成から令和へと
途中で年号が変わりました。

いつもと違います。

 

職場は10連休ではなく、
5月6日から出勤ですし、
GW期間中も3日間
交代で休日出勤しました。

他の方が休日出勤してくれたので、
おかげさまで私は休日出勤することなく
GWは9連休でした。

 

GWに入る前は
仕事が溜まっていたので
仕事をずっとしようと思っていました。

いつもGWやお正月は仕事をしようと思っています。

 

しかし、今年のGWは
予想外のことが多く、
思った以上に仕事が出来ていません。

 

一番予想外の出来事は
ノートパソコンが壊れたことです。

私はスマホを仕事でもプライベートでも
ほとんど使わず、
ほぼ100%パソコンを使っていました。

そのパソコンが、
ある日突然電源を入れても
画面が真っ黒のままになりました。

 

パソコンを使わない日常になり、
生活のサイクルがガラッと変わってしまいました。

ただでさえ出費がかさんでいたのに、
パソコンが壊れたことで
さらに出費を重ねることになりました。

 

その中でも
得たものもあります。

今までスマホを使っていませんでしたが、
パソコンが壊れてからスマホで代用することが多くなり、
少しずつスマホに慣れてきました。

 

今後はパソコンよりもスマホ中心の世の中になると思うので、
少しでもスマホに慣れておいた方がいいと思っていたので
丁度良かったです。

パソコンが壊れたことで
次にどういうパソコンを買ったらいいのか
ネットで検索して調べたり、
人に聞いたりした結果、
今の自分に合ったパソコンを
見つけることが出来ました。

 

今まで使っていたパソコンは慣れていましたが、
古い型だったので正直やりづらさもありました。

パソコンは使えなくならないと
新たに購入しないので、
タイミングとして今新しいパソコンにした方が
将来的に良かったと思います。

本当ならば
パソコンもスマホも定期的に
最新版に買い替えするのがいいんですけどね。

 

そして、いつも悔やむのですが
定期的にバックアップを取っていなかったため
データ復旧作業の費用が掛かりました。

次からは定期的にバックアップを取ろうと
今度こそ決意し、
パソコンと一緒にバックアップを取るための
ハードディスクもセットで買いました。

 

今までのパソコンを失ったことで
有難さに改めて気づき
新たに得たものもあり
これからはこうしていこうという改善点を見出すことができ
私に大きな変化をもたらしてくれました。

 

今年のGWは天気だけではなく
私にとって
いつもと違う
大きな変化をもたらしてくれた期間でした。

 

新しいパソコンが届くのが楽しみです。

しっかり仕事をしようと思います。

 

数年前は、GW中セミナーばかり参加していました。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

お金の払い方&お金の受け取り方

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【お金の払い方&お金の受け取り方】

 

お金を投げるように払う
お金を出し惜しみながら払う

感謝してお金を払う
喜んでお金を払う

申し訳なさそうにお金を受け取る
ひったくるようにお金を受け取る

有難くお金を受け取る
ニコニコしてお金を受け取る

 

同じお金のやり取りでも、
ここから先は
どのようにお金を扱うかで
大きく差が開きます。

以前メンタルクリニックで働いていた時、
週に1回お会計の仕事をしていました。

お支払いの時、
お金を投げるように
払う患者さんが結構いました。

 

それを見るたびに
悲しい気持ちになりました。

そして、
「もっとお金を大切に扱わないといけない」
ということに気づかされました。

 

初めてカウンセリングをした時、
カウンセリング料金を現金で受け取った時の
あの何とも言えない喜びは
今でも覚えています。

この感謝の気持ちは一生覚えていたいです。

 

たまに
思いがけずにお金をいただく時があります。

「私がこのお金をいただいていいのだろうか?」
という
申し訳なさ
遠慮
身の丈に合っていないと感じる
という感情が入り混じって
お金を受け取るのを断ったり、
躊躇しながらお金を受け取っていました。

 

これではせっかくお金をお支払いしてくださった方の
気持ちを踏みにじることになると反省し、
今では心の中では変わらない感情を抱えながらも
「ありがとうございます!」と
ニコニコしてお金を受け取るようにしています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

複数人のカウンセリング

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

複数人のカウンセリング

 

 

カップルカウンセリングも受け入れている
カウンセリングルームに勤務していました。

それまではカップルカウンセリングの経験が
ありませんでした。

カウンセリングをするときは
目の前の人に集中して関わるので、
複数人のカウンセリングとなると、
関わる相手が分散するので
集中力も分散しました。

「カップルカウンセリングをメインにしている
カウンセラーは凄いな」と、尊敬しています。

 

カウンセリングルームでカップルカウンセリングを経験した後、
クリニックでのカウンセリングや
個人経営しているカウンセリングでも
複数人のカウンセリングの経験を積んできました。

全く経験のなかったカップルカウンセリングを
始めるきっかけを作ってくださった
カウンセリングルームに感謝します。

 

今は職場で毎週カウンセリングではないですが、
複数人にセミナーを行っていますので、
私が講師として、ファシリテーターとして
参加者の皆さんにお伝えしたり誘導したりしているので、
複数人の人に問いかけることに慣れてきました。

得意ではないけれど、
苦手意識は随分と減りました。

 

こうして経験を重ねていくと、
カップルカウンセリングや
複数人にカウンセリングに
取り組む姿勢が以前と変わってきました。

何事も経験が大事ですね。

 

苦手だと思っていることでも、
やったことがなくて不安に思うことでも、
まずは経験してみることをお勧めします。

思い通りにならなかったこともありましたが、
後悔したことも確かにありましたが、
時間の無駄だったと思ったこともありましたが、
いつまでも引きずることはありません。

新たなものに挑戦したほうが、
思い切って飛び込んでみたほうが、
過去のものとして、いい思い出になります。

「もしあのとき挑戦していたら違っていたかもしれない」
と思うほうが無駄な時間の使い方です。

 

あなたは今、やろうかどうか迷っていることはありますか?

せっかくなので、今までやったことがないことを
経験してみませんか?

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

忘れかけていました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

忘れかけていました

 

 

自分が何をしたらいいのか分からなくて気ばかり焦って、
人に会うことで何かヒントを得られるのではないかと思い、
先月から人に連絡を取ったり、
人に会ったりしています。

今回久しぶりに交流会に参加しました。

「いい出会いはないかな?」という気持と、
「いやいや、期待してはいけない」と制御する気持ちが
入り交じりながら会場に向かいました。

知らない人ばかりの場に行くのは
やはり緊張します。

 

自己紹介して、
ゲストの方の話を聞いて
自由に参加者と歓談し、
時間が流れていきました。

正直、ハッとするような気付きはありませんでしたが、
「自分が楽しむこと」という言葉が
キーワードになりました。

 

先月から気ばかり焦って、
楽しむどころかきっと顔は強張っていました。

これだと誰も近づいてこないですね。

こんな大事なことを、
忘れかけていました。

 

まずは自分が楽しむことを意識して、
気持ちを解放しようと思います。

そうしたら必要なものが入ってくることでしょう。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

ストレングス・ファインダー

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ストレングスファインダー

 

 

久しぶりに会った人が
「ストレングスファインダー」を持っていて、
「この本、私も持ってます!」と興奮し、
しばらくストレングスファインダーの話で
盛り上がりました。

 

 

ストレングスファインダーとは何かというと、
人には34つの資質があり、
診断テストを受けることで、その人が持っている
上位5つの資質を教えてくれるものです。

つまり、
「自分の強みを見つける」
ということです。

確かパソコンで3択問題を時間内に選んでいき、
全部の設問を答えるのに数十分くらいかかったと思います。

選択を迷うと時間切れで
次の質問に変わってしまいます。

 

本にアクセスコードが印字されていて、
1人1コードしか使えませんので、
中古の本を買ってしまうと
そのコードは既に使われているので
自分の診断ができません。

なので、
もしご自身の「ストレングスファインダー」を
診断したい場合は、必ず新品の本を買ってくださいね。

 

 

知り合いに
「あなたのストレングスファインダーは何ですか?」
と聞いたところ、5つの資質のどれも
私と被っていませんでした。

知り合いの5つの資質全て、
「私もその資質が欲しかった!」
と、羨ましいものばかりでした。

カウンセリングに必要な共感力とか、
コミュニケーション力とか、
とにかく今の私に必要なものを
その人は持っていました。

そして、その人の5つの資質を聞いたとき、
「そのまんまその人を現している!」
と笑ってしまうくらいピッタリでした。

ということは、
私の5つの資質も人から見たら
「まんまだね」
と思われるのでしょうね。

 

家に帰って、
改めて自分の5つの資質の内容を
読み込みました。

自分では
「これって自分の強みかな?」
「そんな資質自分に持っているかな?」
といまいちピンときません。

 

自分の性格なんて、
把握しきれていないものなんですね。

 

コチラの動画では
別の機会で自分の強みについて語っています。↓

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

偏見

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

偏見

 

 

偏見を持っていると自覚はしていますが、
人と比べたらそんなに強い偏見は持っていないと
子供の頃から思っていました。

 

最近、電話がかかってきました。

「遠隔操作でウィルスチェックを無料でやります」

怪しい。
怪しすぎる。

 

このようにも言っていました。

「以前お問い合わせいただいたお客様に
ご連絡しています」

確かに数年前にお問い合わせしたのは
間違いないです。

 

今のパソコンはそれなりに年月が経っているので
重さも感じるので状態を知りたいのは
山々ですが、それにしても遠隔操作で
自分のパソコンの中身を見られるのは
危険で怖いです。

 

それでなぜ無料なのか、
本当に大丈夫なのか確かめたくて
質問したのですが、
イマイチこちらの意図が伝わりません。

不安とイライラがあったからか、
最初からつっけんどんな声音で
対応していました。

 

そうです。

このウィルスチェックをすると言っている
電話の主は外国人だったのです。

最初に声を聞いたときから
インド系?
フィリピン系?
なんだか胡散臭い
と思っていました。

完全なる偏見です。

 

「外国人が言うことは胡散臭い」
という考えが私の頭の中にあったということに
今回気づきました。

話が通じないこともあるので
より信じられない、怪しいと
思ってしまったフシもありません。

私の態度は最初から最後まで
「舐められてたまるか!」
という思いがあったからか、
超感じ悪かったです。

 

それなのに結局、
遠隔操作でウィルスチェックを
やってもらいました。

やってもらったんかいっ!

 

ネイティブに英語を話すと、
イライラした態度を取られることがあります。

言っていることがメチャクチャで
聞いている側としては
もどかしくてイライラするのでしょうね。

今回電話してきた外国人の方は
私が英語を話すよりも
よっぽど日本語がお上手でしたが、
日本語を母国語としている者同士なら
すんなり通じる話が通じないので、
この時点でモヤモヤしてきました。

 

言葉はフィーリングや単語の寄せ集めで
通じますけれども、
納得したい事柄であれば、
母国語同士でやり取りしたほうが
安心できると思います。

 

多分同じ人だと思うのですが、
2回電話がかかってきて、
2回共ウィルスチェックをしてもらいましたが
不安は取り除けませんでした。

やっぱりしっかりはっきり意思疎通ができないので
モヤモヤイライラもどかしくなってしまうのです。

そしてつっけんどんで冷たい態度や言い方に
なってしまうのです。

「日本人の方をお願いします」
と言えば良かったのかもしれません。

 

2回目の電話のときに
「◯◯というウィルスチェックのソフトを
入れときましょうか?」言われ、
「お金が発生するなら結構です」
とお断りしたので、
もう電話はかかってこないかもしれません。

 

グローバルの時代に
こんなことで偏見を持っていることを
反省しました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

自虐ネタの効果

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

自虐ネタの効果

 

 

お笑い芸人さんで
「自虐ネタ」
をウリにしている人がいますよね。

 

最近Aさんが自虐ネタとして
「モテない」
「高校の時は勉強ができなかった」
と頻繁に言っています。

Aさん曰く、
「ずっと付き合っている人がいないことを
プライドが邪魔をして言えませんでしたが、
言うようになったら周りの反応が変わり、
気持ちが楽になりました」
とのことでした。

それを聞いて
「本人が殻を破ったと思ったのであれば
それは良かった」
と思いました。

が、会うたびに
同じ言葉を言っているのを聞いて、
「さすがに頻繁に言い過ぎではないか?」
と思うようになりました。

 

ある日Aさんが私に
「Bさんに言われたので
これからは自虐ネタを言わないようにします」
と言ってきました。

Bさんに何をAさんに言ったのか聞いたところ、
「自虐ネタも受け取る人に依っては
嫌味になるから、控えた方がいいよ」
と言ったとのことでした。

ああ、BさんもAさんがあまりにも同じことを
言っているのが気になっていたんだなぁと
それを聞いて思いました。

 

それに対してAさんは、
「自虐なので周りの人に嫌味を言っている
つもりはないですし、事実を言っているだけです」
と返しました。

最初Aさんは
「自虐ネタをいうのを控えます」
と言っていましたが、
納得はしていないようでした。

 

改めて、
「自虐の効果って何だろう?」
と思いました。

 

お笑いのネタであるくらいですから、
自虐ネタを言うことによって
みんなが笑ってくれる
という効果はあると思います。

自分の評価を下げることによって相手が、
「自分だけじゃないんだ」とか
「自分より下の人がいるんだ」など
安心させるという効果はあります。

 

しかし、今回思ったのは
同じ自虐ネタを会うたびに聞いていると
正直飽きてきますし、
「それは分かったから、だから何なの?」
と思うようになってくるということです。

 

自虐ネタは安心材料です。

初対面の人や、あまり良く知らない人に対して
「実は私、こんな弱点があって」
と、自己開示という形で自虐ネタを言うのは
相手と親しくなるのにとても効果があると思います。

ただ、あまりにも頻繁に同じ自虐ネタを言うのは
自分と相手の人間関係において
何も効果を生み出さないと思うのです。

 

Aさんのおかげで
自虐ネタの使い方を
学ぶことが出来ました。

自虐ネタは
相手とよりお近づきになりたいときに
サクッと言ってみるのがいいです。

そして、何度も同じ自虐ネタを
言わないことです。

あなたがもし、
もっと親しくなりたい人がいるのであれば、
スパイスとして自虐ネタを効果的に使ってみませんか?

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

バカとケチは嫌い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

バカとケチは嫌い

 

 

以前ある人に
「奥さんはなぜあなたと結婚したのですか?」
と、やや失礼な質問をしました。

本人も不思議だったようで、
結婚してから奥さんに聞いてみたとのことです。

奥さんは、
「私はバカとケチが嫌いで、
あなたはバカでもケチでもないから」
と言ったそうです。

 

その答えを聞いて、
「なるほど、私もそうかも」
と思いました。

 

自分のことは棚に上げて、
バカとケチな人とは
付き合いたくないと
どこかで思っていました。

結婚相手となれば尚更です。

バカでケチな人と
ずっと一緒に生活を共にするのは
辛いです。

 

万が一結婚相手が存在して、その人から
「なぜ自分と結婚したのか?」と聞かれたら、
「私はバカとケチが嫌いで、
あなたは頭の回転が速くて
お金の使い方が上手だから」
と言おうと思います。

つい、妄想を語ってしまいました。

 

もちろん
「この人バカだなぁ」とか
「この人ケチだなぁ」と思うのは
自分の基準です。

例えば「この人頭が良い!」と感じるのは
偏差値や学歴でもなく、
他の人の評判でもありません。

 

知り合いで
ほとんどの人に知られている
偏差値の高い大学卒業の人がいて、
周りの人がその人のことを
「頭が良い」と評価していますが
私はその人のことを頭が良いとは
一度も思ったことがありません。

むしろ、
「この人頭悪いな~」と
よく感じています。

私の場合は
お話して楽しいとか
ユニークさとか
反応や返しが早いとか
柔軟性があるとかを
自分の基準で感じたときに
「この人頭が良い!」と感じます。

 

また別の人で
「この人仕事できないな~」
と思う人がいます。

その人の仕事ぶりや言動を見ると、
「バカなのか?バカなのか?」
とよく思います。

 

仕事できないと感じる人と
一緒に仕事をずっとしていると
自分の成長が見込まれません。

どんどん後退してしまいます。

 

だからもし自分が
成功したい、成長したいと思うのなら
「誰と働くのか?」が重要になります。

 

今回は人に対して
バカ
ケチ
仕事ができない
と酷い批判をしていますが、
自分のことも
バカでケチで仕事ができない
と思っています。

そんな自分を
少しでも成長させたい
と思っているからこそ、
「普段どんな人と付き合っているのか?」
が非常に大事になってきます。

自分が今どんな環境に身を置いているのかで
今後の自分が大きく変わるのです。

つまり、今の環境だと
大した成長は見込まれないのです。

 

類友から抜け出して、
居心地の悪い
目標とする憧れの人たちの
輪に飛び込み、
今の自分から脱却したいです。

そうすると
自分の周りに嫌いな
バカとケチな人が
いなくなります。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK