ポット 

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ポット

 

 

家庭によってお湯の沸かし方が
違ってきますよね。

ヤカン
電気ポット
電気ケトル

私はずっとヤカンでお湯を沸かしてきました。

そんなに頻繁にお湯を使わないですし、
そんなに頻繁にお湯を沸かさないですし、
実家ではヤカンを使っていたので
その生活に慣れてしまっています。

電気ポットだとずっとコンセントに
差したままになるので、
なんだか電気代が掛かりそうな
気がして避けていました。

電気ケトルに少し憧れるところもありますが、
使っているヤカンがまだまだ使えるので、
家で使ったことがありません。

 

電気ポットや電気ケトルは
主に職場で使っています。

どちらも普段慣れ親しんでいないので、
正直使い方が分かっていません。

 

社会人になって、
会社でポットを使うようになって、
ポットを沸かす機会がありました。

2社目の会社だったと思いますが、
誰かからポットにお湯を沸かす時は
給湯で少しお湯を出して熱いお湯が出てから
ポットに入れると沸騰が早いから良いと
教わりました。

それからは朝、
会社でポットに水を入れる時は
ポットに入っているお湯を捨てて、
少し水を入れてポットを少し揺すってから捨て、
給湯のお湯をポットに入れてました。

 

先日ある人から
「ポットを沸かす時は給湯ではなく
水道水を入れるんですよ」
と言われました。

「どうしてですか?」と聞いたら、
「給湯は配管が汚れているから
飲み水として良くない」
と言われました。

 

今まで給湯がある会社では
給湯をポットに入れていました。

本当に給湯をポットに入れてはダメなのか
確かめるためにネットで検索したら、
やはり給湯のお湯だと配管が汚れている
可能性があるので
水道水を入れるとなっていました。

 

早くお湯が沸くから
良かれと思って給湯のお湯を入れてましたが、
良くないことをしていました。

電化製品の中でもポットだと
「多分こうすればいいだろう」と
説明書を読まずに自己判断で
やってしまっていました。

やはり家庭で使っていない
電化製品はもちろん、
新しく買った電化製品を使う際は
全部までとは言いませんが、
せめてポイントだけでも
説明書を読む必要があると
感じました。

 

電化製品は突然壊れることが多く、
特に決まって買うメーカーもないので、
買い換えるたびに説明書を
読む必要がありますね。

 

 

あと、今の職場ではたまに
「ポット洗浄中」を使っているのですが、
普段できる洗い方も検索して
正しい洗い方を実践しようと思います。

 

 

「ポットの使い方が違う」
と指摘された時は正直、
「いちいちうるさいなぁ」
と思いイラッとしましたが、
今回教えていただいたおかげで
今まで見向きもしなかった
ポットについて知る機会を
与えてくださったので
感謝しています。

普段使っているものでも
使い方が間違っていたり、
知らないことがたくさんありますね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

笑わせると笑われる

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

笑わせると笑われる

 

 

「どうしたら笑いが取れるのか?」
と昔から思う性分です。

笑わせることが大好きです。

 

その一方、天然ボケのところがあるので、
意図してないところでボケてしまって
笑われることがあります。

笑われると
時と場合に寄りますが、
とても恥ずかしくなります。

思いっきり転んだ時も
同じような気持ちになります。

 

 

私の生まれつき性格は、
「笑わせることは好きだけれど
笑われることが嫌い」
だそうです。

ピッタリ当てはまっています。

 

ある日のことです。

AさんとBさんのやり取りを
みんなで聞いていました。

そこでAさんは
「目黒」(地名)というところを
「マグロ」と言い間違えました。

周りの人は大爆笑でした。

特にÇさんはかなりツボにハマったらしく、
いつまでも笑っていました。

 

私も
「どうしてもマグロが食べたかったんですね」
とAさんに突っ込みながらも
みんなが笑っている中、
Bさんだけが笑っていないことに気づきました。

 

それから少し経ってからÇさんが
「いやぁ久しぶりに大笑いしたわ」
と、またAさんの言い間違えの話をしました。

そこで周りの人もまた
「今年の流行語大賞ですね」
「マグロ(目黒)線最終電車が出発しま~す」
など、Aさんの言い間違えについて
さらに盛り上がっていました。

私も
「マグロ線だと、電車が船(マグロ船)に変わりますね」
とマグロ線と言った人に突っ込みながらも
心なしかAさんの顔が赤くなっているように見えました。

以前から思っていたのですが、
「笑わせる」より
「笑われる」ほうが
笑いの爆発力がある気がします。

それは、
言っている人は笑わせるつもりがなくて、
素で面白いことを言っているから
より周りの人は可笑しく感じるのでしょう。

今回の「マグロ」の言い間違えも、
さすがに引っ張り過ぎじゃないかと思いました。

 

「笑わせた」話はいつまでも話題にしても
良いと思うのですが、
「笑われた」話はいつまでも話題にしたら
相手を傷つけることになりかねません。

 

しばら「マグロ」の話で盛り上がっている中、
突然Bさんが半泣きになって、
「こっちは真面目にやっているのに、
いつまでも笑わないでください!」
と叫びました。

そうすると周りの人は
「誰もBさんのことを笑っていないよ」
「マグロの話をしていただけだよ」
と、Bさんを慰めました。

 

一見、何でBさんが叫んだのか、
また、言ったことの意味も
わからないのではないでしょうか。

確かにあの時は
誰もBさんの名前を出していないし、
Bさんのことも言っていないし、
マグロの話をしていただけです。

 

後でBさんに
「何に腹を立てていたのですか?」
と聞いたら、
「こっちは真面目にやっているのに、
Çさんがいつまでもマグロの話をしている」
と言いました。

 

この言葉で
Bさんの気持ちが理解できますか?

 

これは私の見立てですが、
Bさんはみんなが自分のことを
笑っていないことをちゃんと
分かっていたのだと思います。

ではなぜBさんは
「こっちは真面目にやっているのに、
いつまでも笑わないでください!」
と叫んだのか?

みんながマグロの話をしているのを
早く終わらせたかったのではないかと
思っています。

現に、Bさんが叫んだ後
誰もマグロの話をしなくなりました。

 

Bさんを見ていると、
人を笑わせるのが好きな人なのだなぁと
思います。

そこで今回、
BさんではなくAさんが
きっかけは言い間違いだけれども
笑いを取りました。

そこでみんながいつまでも笑って
それについていつまでも盛り上がっていたので
悔しかったのではないでしょうか。

「今年の流行語大賞」という言葉も
気に入らなかったのかもしれません。

 

BさんがAさんではなく
Çさんに腹を立てていたのは、
Aさんはただ単に言い間違えただけであり、
Çさんがいつまでもマグロの話を引っ張るから
ずっとマグロの話で盛り上がってしまった
と思っているからではないでしょうか。

 

今の時点では完全に私の見立てなので、
今後機会があったら
Bさんに確認してみたいと思います。

多分その場にいた人は
Bさんがなぜ叫んだのか
理解できなかったと思います。

単なる被害妄想だと思ったかもしれませんね。

 

私も少し話に乗っかってしまいましたが、
笑われた話については
いつまでも引っ張らないようにしたいと
改めて認識しました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

優柔不断

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

優柔不断

 

 

自分では優柔不断だと思っています。

子供の頃からです。

 

過去を振り返ってみると、
子供の頃の優柔不断は
「これを選んだら周りの人はどう思うのだろうか?」
「これを選んで正解なのだろうか?」
と、そこには自分の意思はほとんどなく、
外部のことばかり考えていました。

周りの人がどう思うのかが
気になって気になって
仕方がありませんでした。

 

経営者に必要なこと、
成功者に必要なことは
「決断による集中」
だということを知り、
できるだけ迷わずに
早く決断することを
今は心掛けています。

まず自分に出来そうなことは、
「何を食べるか」
というメニュー決めです。

 

子供の頃はそれですら
なかなか決められませんでした。

周りの人、特に
お金を出してくれる親に
気を遣っていました。

だからいつも
家族で外食する時は
兄弟と同じものを注文していました。

 

これも「生まれつき性格」
なのかもしれませんね。

 

 

1人で食べる時は
早くメニューを決められるようになりましが、
人と食事をするとき、
特に食事をシェアするときは
「私はこれが食べたい」
と今でも言えません。

嫌いな食材・料理だけ伝えて、
あとは人が注文したものを
食べています。

 

もっと優柔不断になってしまうのは
食事や飲みに行くお店を
なかなか決められません。

「私はこのお店に行きたい」
と今でも言えません。

 

1人で食事をするときは
その場でGoogleで検索して
予算を考えつつ
お店を決めることができるのですが、
自分以外の人がいると
自分を消そうとします。

もうこれは性分なのでしょう。

 

人は一人でいる方が楽な人と、
人と一緒にいる方が楽な人と
2つに分かれますが、
私は完全に前者です。

人と関わった途端に
ドッと疲れます。

 

人といると
自分の意思や欲求を
ほどんどその人に捧げてしまいます。

その結果、メチャメチャ受け身になり、
人と別れた後ドッと疲れます。

 

人に対して
自分の意思や欲求を言えるのが
とても羨ましいと思う反面、
そんなに人に
自分の意思や欲求を言いたいと
思っていないから
自分はできないというか、
しないのだろうなとも思います。

 

知り合いで、
メチャメチャ自分の思ったことを
その人がいる前で
はっきり言う人がいます。

批判や否定の内容に関しては、
さすがに本人に直接
言えないのでしょうけど、
確実に本人に聞こえるくらいの声で
言っているので
本人にいっているのと同じです。

 

そのたびに
「すごいな」
と思います。

羨ましいとも
私もそうなりたいとも
思いませんが、
人がどう思うかを考える気持ちよりも、
自分はこう思うという気持の方が
強いのでしょう。

 

大きな性格の違いを感じます。

 

優柔不断も
良い悪いではなく、
特徴の1つです。

これからも
仕事に関してと
自分1人が食事をするときは
決断を早くして、
誰かと食事をするときは
相手に委ねようと思います。

ただ、
相手もなかなか決められない人であったら
頑張って私が決めようと思います。

後になって相手から
「やっぱりあっちのお店の方が良かった」
と言われても、
一時の感情ですから
気にしないで聞き流そうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

出会いと別れ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

出会いと別れ

 

 

誰かと出会うと、必ず別れが来ます。

 

個人的に誰かと出会うことは
「この人は自分の人生に
何らかの意味をもたらしているのだろうな」
と思っています。

1人の人に出会う確率って
とてつもなく低いですからね。

 

こちらは人ではなく、
映画館との出会いと別れについて
語っています。↓

 

 

1年くらい前に
私はAさんに出会いました。

Aさんと出会ってすぐに
「どうして私はAさんに出会ったのだろう?」
と疑問でした。

考えても、考えても、
その答えは出ませんでした。

強いて言えば、
Aさんは今までの私の環境では
決して出会わないタイプの人だったので、
「こういう人も世の中にはいるんだよ」
と教えてくれるためなのかなと思っていました。

 

Aさんに出会ってから、結構日常的に
Aさんと関わる頻度が多くなりました。

Aさんと関われば関わるほど
「どうして私はAさんと出会ったのだろう?」
という気持がどんどんどんどん
強くなりました。

強いて言えば、
Aさんと関わることを脱するために
「あなたは今すぐにでも
この環境から離れないといけないよ」
と教えてくれるためなのかなと思っていました。

 

あなたは、
「なぜこの人と出会わなくては
いけなかったのだろう?」
という人はいましたか?

 

過去を振り返ってみると、
1度そういう人に出会ったことがあります。

その人とは職場が一緒だったので、
毎日顔を合わせていました。

そのころの私は、
その人の存在を感じるだけで
イライラしていました。

 

そのころの私はお箸の持ち方が
正しくありませんでした。

お昼を食べている時に、
その人のお箸の持ち方が
私と全く同じことに気づき、
「この人と同じお箸の持ち方は嫌だ!」
と思いました。

それまでどんなに直そうとしても
お箸の持ち方が直らなかったのに、
今回初めて正しくお箸を持てるようになりました。

私がその人と出会った意味は、
「正しくお箸を持てるようになるため」
だったのだなと納得しました。

 

Aさんのことはその人に対してほど
嫌っているわけではないのですが、
「私の人生で出会う必要のない人なのでは?」
とずっと思っていました。

 

Aさんとの別れが
ある日突然やってきました。

予定に反して、
私から離れるのではなく、
Aさんの方から離れていきました。

 

Aさんが去ってから、
「Aさんと出会った意味は
何だったのだろう?」
と考えてみましたが、
未だに答えが出ません。

もしかしたら、
Aさんとの出会いは、
出会わなくてもいい
出会いだったのかもしれません。

 

そうだとしたら、
この人生の出会いと別れの中で、
こんなに誰かと出会うことは
とても低い確率で、
ある意味奇跡的なことなのに、
間違いというか、
意味のない出会いも
中にはあるのかもしれません。

 

少し関りができた人に対して、
「この人との出会いは
どういう意味があるのだろうか?」
と考えるのですが、
考えても答えが出ないときは、
その人との縁が終わったら
さっさと忘れようと思います。

 

忘れることも能力であり才能です。

それを最大限に利用しようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

意外と盛り上がる話

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

意外と盛り上がる話

 

 

先日、
美容院に行きました。

私は初回限定のクーポンを使うので、
毎回違う美容院に行きます。

 

私は超人見知りで、
美容師さんとお話するのが
昔から苦手でした。

数年前から
「私が人見知りであることなんて
他人にしてみればどうでもいいこと」
と思うようになってから
初対面の人とも少し話せるようになりました。

特に美容師さんとはそれが顕著に現れました。

今はそこそこ初めて会う美容師さんと
話せています。

 

 

今回行った美容院は、
工程によって担当が変わるところでした。

シャンプーの時に担当が変わりました。

その方がシャンプーの後、
髪の毛も乾かしてくれました。

 

その時美容師さんに
「料理はしますか?」
と聞かれました。

私は自信満々に
「料理は全くしません」
と答えました。

 

そこからコンビニの話になり、
美容師さんは
「おでんはセブンイレブンが一番美味しいです
と教えてくれました。

私はコンビニでおでんをほどんど買ったことがないので、
へぇ~と思いました。

 

「一番美味しくないのは
どこのコンビニですか?」
と美容師さんに聞いたら、
「ローソンです」
と即答しました。

 

美容師さんいわく、
大根の色がセブンイレブンとローソンでは
全然違うそうです。

セブンイレブンのおでんの大根は
出汁が染みている感じで色が変わっていて、
かたやローソンのおでんの大根は
「今入れたの?」
と思うくらい真っ白だそうです。

私はコンビニでおでんをほどんど見ないので、
へぇ~と思いました。

 

どうやら、
出汁が染みるように大根に穴を開けるようなんですが、
セブンイレブンは4箇所穴を開けていますが、
かたやローソンは2箇所しか穴を開けていないそうです。

 

その辺りからもう1人の美容師さんが
髪の毛を乾かしてくれて、
話にも参加しました。

 

「コーヒーはどこのコンビニが
美味しいですか?」
と聞いてみたら、
2人の美容師さんは
「セブンイレブン」
と答えました。

これはよく聞く話なので
「やっぱり」
と思いました。

 

ある人が学生時代に
Pontaカードのコールセンターで
アルバイトをしていたときの話で、
年配らしき男性から
「どうしてローソンのコーヒーは
セブンイレブンみたいに美味しくないんだ!」
と怒鳴られたらしいです。

Pontaカードのコールセンターなのに、
ローソンのコーヒーについての
クレームがあったということです。

その話を聞いて、
「コンビニのコーヒーは
セブンイレブンが美味しいんだ」
と思い、すぐさま
セブンイレブンでコーヒーを
初めて買いました。

コンビニのコーヒーを飲んだのは
その一度きりなので、
比較してないから
セブンイレブンが一番美味しいと
思うかどうかは分かりません。

 

この髪を乾かしている間の時間、
ずーっとコンビニの話をしていて
意外と盛り上がりました。

 

途中から話に参加した美容師さんは
札幌出身の方で、
札幌は「サンマート」というコンビニが
主だそうです。

その美容師さんは学生時代に
サンマートでのアルバイト経験があり、
サンマートはその場で唐揚げを揚げたり
カツ丼を作っていたそうです。

サンマートは知らなかったです。

その場で作った唐揚げやカツ丼が食べられる
コンビニだなんて、なんて素敵なんでしょう
と思いました。

コンビニに関する話は、
意外と盛り上がる話です。

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

毒舌を忘れない

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

毒舌を忘れない

 

 

高校生までは
ほとんど男性と
話したことがありませんでした。

高校を卒業してから、
ぽつりぽつりと
男性と話せるようになりました。

男性と話せるようになってから、
「酷いこと言うね」
「毒舌だよね」
と、チョイチョイ言われるようになりました。

そう、私は昔から心の中で毒舌を吐いてましたが、
女性には毒舌を言わなかったので、
男性とお話できるようになってから
毒舌を言うようになったのです。

 

 

それでも基本的に私は
人に気を遣うので、
心の中の毒舌のうちの
数%くらいしか
口にしていないと思います。

あまりにも心の中は毒だらけで、
毒を言わずに飲み込んでばかりいるので、
私は自分の毒で死ぬんじゃないかと
真剣に思ったこともあります。

 

Aさんが着ている服を見てBさんは
「今日は清楚な服装ですね。
いつもと印象が違います。
でも、お腹が出ているのが目立ちますね」
と言いました。

それを聞いた私は、
「Bさんは必ず批判の言葉が入りますね」
とサラッと言ってしまいました。

ああ、毒舌を忘れない私が出てきました。

 

誰かが毒舌を言うと、
更に上乗せした毒舌を吐いてしまうので、
周りにしてみれば最初の人が言った毒舌より
私が吐いた毒の方が印象に残り、
「酷いこと言うね」
「毒舌だよね」
と、チョイチョイ言われてしまうのです。

 

その時Bさんから
「いつも批判を言っているわけではないですよ」
と言われたので、
「ああ、毒舌が過ぎてしまった。
Bさんに嫌な思いをさせてしまった」
と反省しました。

 

その後、Bさんから
「この前萩原さんから言われたフィードバックですが」
と話しかけられました。

「何でしたっけ?」
と、本当にBさんにフィードバックをした
記憶がなかったので聞きました。

 

「ほら、私が何か言うと必ず批判が入るという」
とBさんが教えてくれたので、
「ああ、蜂の一刺しみたいな言葉を
言うという話ですね」
と私が理解したら、
「蜂の一刺しは言い過ぎですよ」
とBさんが言いました。

 

ああ、またまた毒舌を忘れない私が出てきました。

 

Bさんは
「確かに私は人を褒めるだけではなく、
批判の言葉も言うなと思いました」
と自覚したようです。

さらに、
「あまり人を批判する言葉を
言わないほうがいいですよね?」
と聞かれたので、
「そうですね。
これからは批判の言葉が頭に浮かんできたら
意識して言わないように心がけたら
良いんじゃないですか?」
と言いました。

 

毒舌を忘れない私から
そんなこと言われたくないだろうなと
思いました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

案ずるより産むが易し

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

案ずるより産むが易し

 

 

「案ずるより産むが易し」
の実体験をちょこちょこやっています。

どうも心配性というか、
行動を起こす前に不安になって
あれこれ考え込んでしまう癖があります。

 

先週、お客さんから
ある頼み事をされました。

その前に私は、
お客さんのためには
この方が良いのではないかと
判断したことがあり、
意を決して7月に上司に打診したのですが、
あっさりと「現状維持で」と言われ、
玉砕したことがあります。

 

翌月の8月、
上司が私のした打診話を持ち出したので、
「OKがもらえるのかな?」と思い、
もう1回上司に打診したのですが、
「そうだよね~」と話をぼやかされ、
またまた玉砕しました。

上司とそのようなやりとりがあったことを
先週そのお客さんにお話したら、
「自分からの依頼として
再度上司に話してください」
と言われました。

 

そう、お客さんから依頼されたきっかけは、
そもそも私の発言が原因です。

 

私としては、
夏頃に2度も断られているため、
また同じことを言うことに
正直躊躇していました。

そうしたら、
そのお客さんは毎日のように
「自分からの依頼として上司に話してください」
「上司に伝えましたか?」
と私に聞いてくるようになりました。

 

私は上司に話せるタイミングを見計らっていたのですが、
なかなかそのような状況にならなかったということと、
3度めの依頼ですから、どんな言い方をすれば案が通るのか
あれこれ考えて慎重になっていたので、
お客さんには
「なかなか話すタイミングがなく、まだ話せていません」
「少しお待たせするかもしれませんが、よろしいでしょうか?」
と返事をしていました。

 

今週に入っても毎日お客さんから
「自分からの依頼として上司に話してください」
「上司に伝えましたか?」
と相変わらず私に聞いてくるので、
「こりゃあなるべく早く上司に伝えないといけないな」
と思いました。

それまでは
上司と2人きりになれるタイミングを図っていましたが、
「いや待てよ、
今まで上司にしか話していないから
提案を却下されてきたけれど、
逆に関係のあるスタッフにも一緒に聞いてもらったほうが
提案が通るかもしれない」
と思うようになりました。

ちょうどミーティングがあったので、
恐る恐るスタッフがいる前で
上司に「お客さんからの依頼で・・・」
と切り出して、3回目の要望を伝えました。

 

そうしたら周りのスタッフが
「いいんじゃない?」と即言ってくれて、
上司も「いいよ~」
と軽く承諾しました。

あっけなく、すんなりと話が通りました。

まさしく、「案ずるより産むが易し」、です。

拍子抜けしました。

 

1週間近くも思い悩んだのに、
5秒で結論が出ました。

まあ、とにかく
夏前から考えていた案が通って
良かったです。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

メンタルが弱い人は◯◯な人

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

メンタルが弱い人は◯◯な人

 

 

メンタルが弱い人は◯◯な人

この◯◯は何が入ると思いますか?

私は自分に置き換えて
「なるほど」と思いました。

 

この◯◯は人とは、
記憶力のいい人
覚えている人
忘れない人
などの言葉が当てはまります。

 

過去を覚えているから
過去を引きずっているから
メンタルが弱るのです。

これは私自身がとてもよく当てはまります。

 

昔から家族や友達など周りに人に
「よくそんなことを覚えているね」
と言われてきました。

逆に私は周りの人が
あまりにも覚えていないことに
びっくりしました。

それで私は
人より記憶力が良いことが
自分の得意なことだと思っていました。

そして今回、
過去をいつまでも覚えている人は
メンタルが弱いという情報を聞き、
「確かに私はメンタルが弱かった。
私がメンタル弱かったのは
記憶力がいいからなんだ!」
ということに気づきました。

 

自分の特徴というのは
長所と短所、
強みと弱点、
何に焦点を当てるかで
どちらとも捉えられます。

この私の記憶力が良いという特徴も、
長所や強みでもあり、
短所や弱点でもあるのです。

 

以前アルバイトの面接を受けた時、
「あなたの長所は何ですか?」と聞かれ、
「奥ゆかしいところです」と答えました。

次に「あなたの短所は何ですか?」と聞かれ、
私は少し考えて、
「奥ゆかしいところです」と答えました。

私の奥ゆかしさは、
ある時は長所となり、
ある時は短所になるのです。

 

 

ただ、確かに昔の私は
メンタルが弱いと自負していましたが、
今はさほどではないと思っています。

なんてったって
ストレスチェックで
数値「3」を出しましたからね。

 

ストレスチェック

 

昔より記憶力が衰えたということと、
覚えてても仕方ないことは
忘れるようになったことが
大きな要因です。

 

中学の時の友達に、
すごく久しぶりに会ったことがあります。

それまで合わなかったのは、
ある理由があって
私が友達に会うのを避けていました。

もう中学を卒業をしてから
かなり年月が経ち、
懐かしい気持ちがあって
会ってみました。

 

その時6人で会ったのですが、
話す内容が中学時代の思い出話でした。

しかも楽しかった思い出話ではなく、
「あの人にあんなことをされた」
「あの人こういうところがあって、
嫌な人だよね」
みたいな話を延々としていました。

 

私はみんなの話を聞くたびに
「そうだっけ?」
「忘れた」
と言い続けました。

本当に忘れていましたし、
今の私にはその話
どうでもいいことだったので
記憶から抜き去ったのだと思います。

 

せっかく久しぶりに集まったのに
中学時代のネガティブな話ばかりで
「やっぱりこの人達と付き合わなくていいや」
と思いました。

中学時代は一緒にいて楽しくて
仲良くしていましたが、
時が経つに連れ、
お互い少しずつ変わっていき、
今は別に付き合わなくてもいい関係に
なっていました。

少し寂しいけれど、
それは成長の証なので
嬉しいことです。

 

その友達との再会で、
ネガティブな記憶は
必要ないと判断し
ちゃんと忘れているのだなと
いうことに気づきました。

その辺りから、
私はメンタルの弱さを
感じなくなりました。

 

無意識に残す記憶と
残さなくても良い記憶を
仕分けられるようになって
良かったです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

ストレスチェック

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ストレスチェック

 

 

先日、お客さんと出かけました。

それはイベントの一環で、
この時期に相応しいイベントは何かと
同僚と相談して、その結果、
学園祭に出かけることになりました。

 

その経緯をコチラのブログに書いています。↓

 

11月にする遊び

 

実は、学園祭には学生のときに行ったきりです。

高校3年のときに
受験しようと思った学校の学園祭に行き、
友達が受験しようと思う学園祭に
付き合いました。

あとは、高校卒業した後に
合コン相手の大学の学園祭に
行きました。

 

学園祭は下調べや付き合いでしか
行ったことがなく、
自ら「学園祭に行きたい!」
と思ったことはありませんでした。

 

当日はお客さんと駅の改札で
待ち合わせることになりました。

私は今までその大学に行ったことも、
その大学の最寄りの駅に降りたことも
ありませんでした。

当日学園祭の最寄りの駅に降りたら、
ほとんどの人がその駅で降り、
ホームがとても混雑しました。

結構学園祭に行く人がいるんだなと
思いました。

思った以上に親子連れが多く、
学園祭内では犬を散歩している人も
多かったです。

 

無事に改札でお客さん全員確認することができ、
全員で出店を見て回りました。

牛串
フランクフルト
じゃがバター
焼き鳥
を売っているお店が多かったです。

 

福島名物の「凍天(しみてん)」という
よもぎ餅をドーナツ生地で揚げたおやつがあり、
「東京ではここでしか食べられません!」
の言葉につられ、10分ほど待って
アツアツのしみてんを食べました。

「ここでしか食べられない」
という言葉は強力ですね。

 

あと、
屋外ステージで
漫才とゴスペルを見ました。

 

晴天だったのですが、
気温が低かったので
ずっと外にいると体が冷えると思い、
展示物を見るために建物の中に入りました。

下調べしたときから気になっていた
心理系の展示場に行きました。

いろいろポスターが貼ってあり、
心理療法についてや、
ストレス発散方法、
鬱の予防方法
などが書いてありました。

 

 

私が一番気になったのは、
ストレスチェックをしてくれる
というところです。

それは唾液で検査します。

 

数値が60以上だと
かなりストレスがあるとのことです。

早速検査してみたら、
私のストレス数値は「3」でした。

 

「3?」

 

思わず大笑いしました。

 

一緒にストレスチェックを受けた
お客さんは数値が
「36」でした。

お客さんより数値が低いです。

同僚から
「仕事していないんじゃないの?」
と言われました。

ちなみにその同僚の数値は
「20」でした。

 

検査してくれた人は
「一桁の人も多いですよ」
と言ってくれました。

現に、お客さんの一人が
数値「2」で、
その結果その人が一番
ストレスがないということに
なりました。

 

また、検査してくれた人から
「ゼミの仲間で数値200を超えた人がいるんですよ」
と教えてくれました。

「その人どんな人ですか?」
と私は聞きました。

「そんなストレスを抱えているように
見えません」
と言われました。

「それは却ってまずいですね。
周りにストレスを抱えていることに
気づかれないわけですから」
と私は言いました。

 

確かにそうです。

ストレスを抱えていることを
隠すのが上手い人ほど
後々大きく爆発します。

 

ストレスチェックを受けて、
数値「3」は予想を遥かに
下回っていましたが、
うまくストレスを抱え込まないように
手放せているのだなということが分かり、
良かったです。

定期的に自分でストレスチェックが
できるといいと思いました。

 

その検査キットがほしいと思い、
「その機械はいくらですか?」
と聞いたら
「分かりません」
と言われました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

スポーツとは程遠く生きてきた

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

スポーツとは程遠く生きてきた

 

 

スポーツとは程遠く生きてきました。

スポーツの才能やセンスは全くありません。

 

 

今となっては自慢ですが、
体育の成績「1」を取ったことがあります。

その時は
「もうダメだ」
と思いました。

 

学校の成績は
全ての教科が平均点以上でなければならない
という暗黙の了解みたいなところがあり、
「1」の成績を取ってしまったら
落第生の烙印を押されたと
感じてしまったのです。

体育は何をやっても
人より劣っていました。

 

学生の時は
運動神経のいい人が
人気者という
イメージがありました。

スポーツのできる人
運動神経のいい人を
ずっとうらやましく思っていました。

 

スポーツができない自分はダメだと
学生時代ずーっと思っていました。

とくに団体スポーツは
私がチームにいることで
足手まといになってしまうので
いつも申し訳ないと思っていました。

 

高校から部活に入らなかったですし、
体育くらいしか身体を動かさなかったので
スポーツをする機会がグッと減りました。

 

高校を卒業したら
スポーツをする機会が
ほとんどなくなったので、
「やっとスポーツから解放される」
とホッとしたものです。

 

これは学校を卒業して初めて分かったことですが、
社会に出たらスポーツはほとんど関係なくなります。

このまま一切スポーツと縁のない人生を
送ることだってできます。

 

私は運動神経が鈍いことを
コンプレックスに生きてきましたが、
社会に出たらそんなコンプレックスを
持つ必要が無くなり、
学生の時はスポーツができないことが
周りにバレバレでしたが、
今は私がスポーツができるかどうかなんて
誰も気に留めません。

 

スポーツと縁が切れて、
少し生きやすくなりました。

 

最近、超久しぶりに
スポーツをしました。

何をしたのかというと
「野球」です。

 

最初は外野でボーっとしていたのですが、
ちょっと投げたくなったので
ピッチャーをやりました。

近距離で投げたので
ちゃんとバッターに届きました。

何度かデッドボールになりましたが
ちゃんと打ってももらえました。

 

今度はバッターがやりたくなり、
打ちやすいボールを投げてもらい
いくつかボールを打ちました。

久しぶりに野球をして
楽しかったです。

 

そこは初めて行った公園で、
公園の脇に小規模のグラウンドがあり、
たまたまバットとボールが忘れられていて、
勝手に拝借して数名で野球をしました。

 

野球でかなり身体が温まり、
その後童心に帰って
なんと「だるまさんがころんだ」を
数十年ぶりにやりました。

ルールはみんなうろ覚えでしたが
みんなかなり真剣になって
だるまさんがころんだをしました。

大人が真剣に遊ぶのも
たまにはいいものです。

 

体育のようにカリキュラムが決められた
運動ではなく、
あまり決めごとをせず、
適当に好きなように動く
運動だと楽しいなと
実感しました。

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v