セレンディピティ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【セレンディピティ】

 

引き寄せの法則についての
セミナーに参加してきました。

その中で講師の方が
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験がある人」
と尋ねられる場面がありました。

 

私は手を挙げたのですが、
実は過去を振り返って考えてみた結果
そのような経験がないのです。

ありそうだけれども、ないのです。

 

最近もあったのですが、
「あーそろそろあの人に連絡しようかなぁ」
と思ったら向こうから連絡が来たことはあります。

学生時代の同級生に何年かぶりに偶然会って、
それをきっかけに一緒に旅行に行ったり
定期的に飲みに行くようになったことはあります。

 

私が経験していることは
似ているようで微妙に違うのです。

私が経験していることも
セレンディピティの一種だと思います。

 

セレンディピティとは、
素敵な偶然に出会ったり、
予想外のものを発見すること。
また、何かを探しているときに、
探しているものとは別の価値があるものを
偶然見つけること。
平たく言うと、
ふとした偶然をきっかけに、
幸運をつかみ取ることである。
(Wikipediaより)

 

同じタイトルの映画もありました。

セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~ [DVD]

 

セレンディピティを検索したら、
成功を引き寄せる「セレンディピティ」を起こりやすくするための9の行動原則
というサイトを見つけました。

せっかくなので、9の行動原則をお伝えします。

1.とにかく顔を出す

2.適切な場所に身を置く

3.ゼンブラニティ(セレンディピティの反対語)を避ける

4.「だけど」ではなく「それで」と言う

5.チャンスを目ざとく見つける

6.ソーシャルメディアを使う

7.自分のアイデアを隠しすぎない

8.他の人にもセレンディピティが起こるようにする

9.合いそうな人同士を紹介する

つまり、外に出て積極的に人と関わりましょう
ということなのかなと思いました。

 

引き込まりがちだから、
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験」
がないのかもしれません。

これ、経験したいですね。

 

また、
セレンディピティと
シンクロニシティを
ほとんど同じ意味で捉えていましたが、
どうやら違いがあるみたいです。

あなたは
セレンディピティと
シンクロニシティの
違いが分かりますか?

 

セレンディピティは
「偶然の幸運を手に入れる」という意味で
「成果」の意味も含まれるのに対し、
シンクロニシティは
「意味のある偶然の一致」という「現象」です。

ということは、
講師の方が尋ねた
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験」
はセレンディピティではなく
シンクロニシティでしたね。

もし、連絡が来たことをきっかけに
何らかの成果や幸運が訪れたら
その出来事はセレンディピティに
なるのでしょうね。

セレンディピティと
シンクロニシティの
一致しているところは
「無意識が作用している」
というところです。

 

無意識を上手に利用できるといいですよね

一生懸命に
真剣に
新しいものを見つけようと行動していると
無意識が作用し
シンクロニシティ
もしくは
セレンディピティ
が起こります。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

交流会にチャレンジ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【交流会にチャレンジ】

 

パートナーを求め、
今年の3月に何年か振りに
交流会に参加しました。

 

そして今回、
またまたパートナーを求め、
交流会に参加しました。

200人ぐらい参加している
BBQ会です。

 

3月に参加した交流会は
ビジネス色が強かったのですが、
今回のBBQは
やや恋愛色が強かったです。

こんな大規模な交流会に
参加したのは初めてで、
参加してみていろいろ
分かったことがあります。

やはりやってみないと
分からないものです。

だから体験すること、
経験することは
自分自身を知る
大きなチャンスです。

 

数年間交流会に参加しなかったのは
理由があります。

交流会に参加しても
人見知りが激しすぎて
人と交流できなかったから
参加しても意味がないと思い
参加するのをやめました。

 

今はその時よりも
人と話せるようになりました。

人は記憶があるから
自分は変わっていないと思いがちですが、
6か月もしたら細胞は生まれ変わっていますし、
環境や付き合う人が変われば
行動や考え方が変わるので、
その結果人は変われるのです。

 

それでもやはり、
今回の200人BBQ会は
私には合わなかったです。

一番大きかったのは、
「完全放置」
というところです。

受付はしっかりしていたのですが、

なんとなく飲み物を配っていて

開始時間が来ても誰も何も言わなくて

いつの間にかお肉を焼き始めて

〇〇タイムというのが全くなくて

気づいたら飲み物が終わっていて

そして食べ物も終わっていて

終了時間が来ても誰も何も言わない

このような流れでした。

 

う~ん

完全放置は辛かったです。

 

今回BBQに参加して

人数が多すぎると
誰と話していいのか分からない

私は初参加で
周りは顔見知りの人が多かったので
グループで固まっているので
話しかけづらい

年齢層やお仕事がバラバラで
得体の知れない人たちと感じ
話しかけるのに勇気が要る

椅子がないので
ずっと立ちっぱなしで
脚が疲れた

話しかけてくれる人が
限りなくゼロに近かった
話しかけづらいオーラが
私にあるのかもしれない

お肉を取るのに
かなりの時間並んだ

そんなに食べていないのに
BBQを焼いている煙をかなりかぶり
ずっとにおいが消えない

喉が渇いたので
飲み物を取るのに並んだが
いつの間にか終わっていた

振り返ってみると
このような状態でした。

 

段取りが全く分からなかったですし、
結局は段取りそのものがなかったようですが、
私にとっては段取りがあったほうが
人と話しやすかったですし
効率よく飲食できたと思います。

主催者側に期待するのもあまり良くないですが、
交流会のタイプとして
私に合わなかったというのが
今回よく分かりました。

 

普段は何事に対しても
ガチガチに決められているのは
あまり好きではないですが、
こと交流会に関しては、
ある程度決まっていたほうが
私にとっては交流しやすいです。

 

今回のようなBBQ会や
大人数の集まりは
今後参加しないと決めました。

そういえば学生時代
インカレに1回も参加しませんでしたが、
あの時なりに自分のことを
理解していたのかもしれません。

 

自分に合った交流会を探すのか、
それとも二度と交流会に参加しないのか、
ただいま思案中です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

人を集める

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【人を集める】

 

人を集められる人を羨ましく思います。

 

何か集まりがあって
人を招待してほしい
参加者を増やしてほしい
と言われると、
毎回困ってしまいます。

大抵は頼まれても
人を誘うことはしません。

 

すぐ人を集められる人と
何が違うのだろうと考えたら、
人の集まる場に行かないようにしているから
かもしれません。

グループの中にいても
ずっと黙って話を聞いています。

集団で過ごすと
自分の存在を消すようにしているので
集団で過ごす時間を
楽しめていないのかもしれません。

 

そうなると困るのが
合コンの人数合わせです。

「〇人女性を集めて」
と言われると
とても困ってしまいます。

誘う相手が思い浮かばないのです。

 

普段人と連絡を取りませんし、
高校の友達から「会おう」という匂わせがあったら
スルーしてしまいます。

なのでいきなり女性を集めるとなると
適した人材が思い浮かばないのです。

 

今回、合コンの話がありました。

どうやら女性は私が集めなければならないみたいです。

私が人を集めないと、この話自体がなくなってしまいます。

 

「いやぁ~こういう時のために
普段から人と連絡をとる習慣をつけた方がいいのかな」
と、ちらっと思いましたが、
人といると疲れてしまい、
一人でいる方が楽だなので、
極力人を避けるために
人と連絡を取らないことを選んでいるのです。

 

最近
「あなたが人を避けているのではなくて、
人があなたを避けているのですよ」
と言われました。

それを言われて
そこまでショックを受けることもなく、
「そうかもしれない、
卵が先か、ニワトリが先かみたいに
グルグル循環しているのだろうな」
と思いました。

 

何十年に1回あるかないかの
合コンの人集めのために
頻繁に人と連絡を取るのは
さすがに辛いかな、と。

けれども
全く誰とも連絡を取らなければ
何かの所属から抜けた時に
完全に一人になってしまうので
それもマズいな、と。

最近ショックを受けて
落ち込んだことがあったので、
たまたま人と会う約束があったので
そのときショックを受けた話をしました。

ショックを受ける前から
それに関する話をしていた人に
「会いませんか?」と
連絡を取りました。

 

普段は人と連絡を取りませんが、
必要な時は連絡を取ったり、
会った時に話を聞いてもらうのが
私には丁度いいみたいです。

 

今回の合コンの話で
どれだけ女性を集められるか分かりませんが、
誘いに乗ってくれるかどうか分かりませんが、
久しぶりに連絡を取ってみようと思います。

興味のある合コンなので
実行できるよう頑張ってみます。

応援よろしくお願いいたします。

 

6月1日(土)13:00~15:00新宿にて
恋愛セミナーを開催します。

 

まじめに結婚したい経営者のための恋愛セミナー

 

少人数でがっつり恋愛について
語り合いたいと思います。

経営者向けとなっておりますが、
恋愛について真剣に考えている方であれば
大歓迎です。

このセミナーに参加することで、
ご自身の性格について
理想の彼女はどんな人なのか
理想の彼女に出会うためにどうすればいいのかが
分かってきます。

今あなたが抱えているモヤモヤが
少しでも発散できるお手伝いが出来たら
嬉しいです。

セミナーについてご不明な点がございましたら
遠慮なくこちらにお問い合わせください。

hagiwaraami@gmail.com

 

セミナーでお会いできるのを
楽しみにしております。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

君といつまでも

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【君といつまでも】

 

スーパーマーケットで買い物をしていました。

そこでは音楽が流れていました。

加山雄三さんの「君といつまでも」です。

「君といつまでも」を聞きながら
買い物を続けました。

「君といつまでも」という曲は
途中でセリフがあります。

 

幸せだなぁ

僕は君といる時が一番幸せなんだ

僕は死ぬまで君を離さないぞ

いいだろ

 

「君といつまでも」のセリフを聞きながら
買い物を続けていました。

「いいだろ」
というセリフを聞き終わったタイミングで
「はい」
と、少し爽やかな笑顔で
爪楊枝で刺したシシャモの佃煮を
手渡されました。

 

私はプロポーズされた気分になりました。

 

この絶妙なタイミング!

「君といつまでも」

「笑顔」

「プレゼント」
です。

しかも
「君といつまでも」の中の
セリフを言い終わったタイミングでの
プレゼントです。

 

通常であれば
買い物中に実演販売の人から
シシャモの佃煮を勧められたという
日常の一コマです。

よくよく考えてみれば、
実演販売の方は女性が多いですし、
「〇〇いかがですか~?」と
声をかけられることがほとんどですが、
こちらが欲しそうな顔をしたわけでもないのに
「はい」と直接調理したものを手渡されることは
ほとんどありません。

 

「幸せだなぁ

僕は君といる時が一番幸せなんだ

僕は死ぬまで君を離さないぞ

いいだろ」

と言い終わった後で

男性が

爽やかな笑顔で

「はい」と言って

シシャモの佃煮を渡す

 

これだけのものがタイミングよく重なったら
脳はプロポーズされたと錯覚するでしょう。

このように物事がタイミングよく重なったときに
人は「運命」だと感じるのではないでしょうか。

人を好きになるきっかけって
案外こういうことかもしれませんね。

 

6月1日(土)13:00~15:00新宿にて
恋愛セミナーを開催します。

 

まじめに結婚したい経営者のための恋愛セミナー

 

少人数でがっつり恋愛について
語り合いたいと思います。

経営者向けとなっておりますが、
恋愛について真剣に考えている方であれば
大歓迎です。

このセミナーに参加することで、
ご自身の性格について
理想の彼女はどんな人なのか
理想の彼女に出会うためにどうすればいいのかが
分かってきます。

今あなたが抱えているモヤモヤが
少しでも発散できるお手伝いが出来たら
嬉しいです。

セミナーについてご不明な点がございましたら
遠慮なくこちらにお問い合わせください。

hagiwaraami@gmail.com

 

セミナーでお会いできるのを
楽しみにしております。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

ステージの違い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【ステージの違い】

 

事実は1つ、解釈は無数

 

同じものを見たり聞いたりしても、
人によって解釈が違ってきます。

肯定的に捉えるか
否定的に捉えるか

同じことを見たり聞いたりしているのに、です。

 

このような肯定と否定が
はっきり分かれているのを見聞きすると
絶対的なプラス
絶対的なマイナス
は存在しないのだなぁと
しみじみ思います。

 

それと同時に
その情報を肯定的に捉える人と
その情報を否定的に捉える人の違いは
いまその人のいるステージの違いなのかなと
感じています。

 

類友の法則

同じような考え・意見を持っている人と一緒にいる方が
落ち着きますし、安心します。

そういう人と仲良くなりそうです。

 

一方、反対意見、違った考え方を持っている人と
一緒にいると、あまりいい気分になりませんし、
居心地が悪いです。

そういう人と仲良くなるのはちょっと難しいです。

 

だから
「類は友を呼ぶ」と言って
似たような考え方や価値観を持った人たち
同士が集まるのです。

 

先日、ある環境に身を置いたとき
同じものを見聞きして、
それについて周りの人たちが話しているのを
耳にしました。

「あ、そういう考え方なんだ」
と、自分とは違う解釈をしていることを知りました。

そこに居る人全員が
その情報に対して
否定的に捉えていました。

 

ある人から
「あなたはどう思った?」
と聞かれました。

全く言葉が出て来ません。

何も思いつかなかったというのもありますが、
「今ここにいる人たちに
自分の考えを言っても仕方ないなぁ」
という気持が一番大きかったです。

自分の言葉が相手に届かないでしょうし、
自分の気持ちを理解してもらえないでしょうし、
みなさんの意見に反論する気もなかったので
語らないことを選びました。

最初からその時いた環境に対して
ステージの違いを感じていました。

 

同じステージもしくは
自分が行きたいステージの環境であれば
自分の考えを話し、
周りの人の違う意見をしっかりと聞き、
楽しく話し合いたいと思っています。

自分と違うステージの環境の中では
自分の意見は極力言わないようにしているか、
もし言わざるを得ない場合だと
ごまかしたり、時には嘘をつくこともあります。

違うステージの人に自分の考えを言ったところで
何もいいことがありませんし、
お互いいい気分にならず、居心地が悪くなるだけです。

 

 

普段誰と一緒に過ごすのか、
どんな環境に身を置くのかが
とても大事です。

 

あなたは今、
どのようなステージに居るのか
把握していますか?

あなたが身を置いている環境は
あなたのステージに合っていますか?

もしご自身のステージを知りたいと
思うのであれば、
私にご連絡いただければと思います。

カウンセリングで引き出していきましょう。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

自虐ネタの効果

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

自虐ネタの効果

 

 

お笑い芸人さんで
「自虐ネタ」
をウリにしている人がいますよね。

 

最近Aさんが自虐ネタとして
「モテない」
「高校の時は勉強ができなかった」
と頻繁に言っています。

Aさん曰く、
「ずっと付き合っている人がいないことを
プライドが邪魔をして言えませんでしたが、
言うようになったら周りの反応が変わり、
気持ちが楽になりました」
とのことでした。

それを聞いて
「本人が殻を破ったと思ったのであれば
それは良かった」
と思いました。

が、会うたびに
同じ言葉を言っているのを聞いて、
「さすがに頻繁に言い過ぎではないか?」
と思うようになりました。

 

ある日Aさんが私に
「Bさんに言われたので
これからは自虐ネタを言わないようにします」
と言ってきました。

Bさんに何をAさんに言ったのか聞いたところ、
「自虐ネタも受け取る人に依っては
嫌味になるから、控えた方がいいよ」
と言ったとのことでした。

ああ、BさんもAさんがあまりにも同じことを
言っているのが気になっていたんだなぁと
それを聞いて思いました。

 

それに対してAさんは、
「自虐なので周りの人に嫌味を言っている
つもりはないですし、事実を言っているだけです」
と返しました。

最初Aさんは
「自虐ネタをいうのを控えます」
と言っていましたが、
納得はしていないようでした。

 

改めて、
「自虐の効果って何だろう?」
と思いました。

 

お笑いのネタであるくらいですから、
自虐ネタを言うことによって
みんなが笑ってくれる
という効果はあると思います。

自分の評価を下げることによって相手が、
「自分だけじゃないんだ」とか
「自分より下の人がいるんだ」など
安心させるという効果はあります。

 

しかし、今回思ったのは
同じ自虐ネタを会うたびに聞いていると
正直飽きてきますし、
「それは分かったから、だから何なの?」
と思うようになってくるということです。

 

自虐ネタは安心材料です。

初対面の人や、あまり良く知らない人に対して
「実は私、こんな弱点があって」
と、自己開示という形で自虐ネタを言うのは
相手と親しくなるのにとても効果があると思います。

ただ、あまりにも頻繁に同じ自虐ネタを言うのは
自分と相手の人間関係において
何も効果を生み出さないと思うのです。

 

Aさんのおかげで
自虐ネタの使い方を
学ぶことが出来ました。

自虐ネタは
相手とよりお近づきになりたいときに
サクッと言ってみるのがいいです。

そして、何度も同じ自虐ネタを
言わないことです。

あなたがもし、
もっと親しくなりたい人がいるのであれば、
スパイスとして自虐ネタを効果的に使ってみませんか?

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

バカとケチは嫌い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

バカとケチは嫌い

 

 

以前ある人に
「奥さんはなぜあなたと結婚したのですか?」
と、やや失礼な質問をしました。

本人も不思議だったようで、
結婚してから奥さんに聞いてみたとのことです。

奥さんは、
「私はバカとケチが嫌いで、
あなたはバカでもケチでもないから」
と言ったそうです。

 

その答えを聞いて、
「なるほど、私もそうかも」
と思いました。

 

自分のことは棚に上げて、
バカとケチな人とは
付き合いたくないと
どこかで思っていました。

結婚相手となれば尚更です。

バカでケチな人と
ずっと一緒に生活を共にするのは
辛いです。

 

万が一結婚相手が存在して、その人から
「なぜ自分と結婚したのか?」と聞かれたら、
「私はバカとケチが嫌いで、
あなたは頭の回転が速くて
お金の使い方が上手だから」
と言おうと思います。

つい、妄想を語ってしまいました。

 

もちろん
「この人バカだなぁ」とか
「この人ケチだなぁ」と思うのは
自分の基準です。

例えば「この人頭が良い!」と感じるのは
偏差値や学歴でもなく、
他の人の評判でもありません。

 

知り合いで
ほとんどの人に知られている
偏差値の高い大学卒業の人がいて、
周りの人がその人のことを
「頭が良い」と評価していますが
私はその人のことを頭が良いとは
一度も思ったことがありません。

むしろ、
「この人頭悪いな~」と
よく感じています。

私の場合は
お話して楽しいとか
ユニークさとか
反応や返しが早いとか
柔軟性があるとかを
自分の基準で感じたときに
「この人頭が良い!」と感じます。

 

また別の人で
「この人仕事できないな~」
と思う人がいます。

その人の仕事ぶりや言動を見ると、
「バカなのか?バカなのか?」
とよく思います。

 

仕事できないと感じる人と
一緒に仕事をずっとしていると
自分の成長が見込まれません。

どんどん後退してしまいます。

 

だからもし自分が
成功したい、成長したいと思うのなら
「誰と働くのか?」が重要になります。

 

今回は人に対して
バカ
ケチ
仕事ができない
と酷い批判をしていますが、
自分のことも
バカでケチで仕事ができない
と思っています。

そんな自分を
少しでも成長させたい
と思っているからこそ、
「普段どんな人と付き合っているのか?」
が非常に大事になってきます。

自分が今どんな環境に身を置いているのかで
今後の自分が大きく変わるのです。

つまり、今の環境だと
大した成長は見込まれないのです。

 

類友から抜け出して、
居心地の悪い
目標とする憧れの人たちの
輪に飛び込み、
今の自分から脱却したいです。

そうすると
自分の周りに嫌いな
バカとケチな人が
いなくなります。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

不機嫌に見られました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

不機嫌に見られました

 

 

Aさんから
「ちょっと聞いてもいいですか?」
と言われたので
「はい、いいですよ」
と答えました。

開口一番、
「今日、機嫌が悪いのですか」と聞かれ、
びっくりしました。

「えっ!私不機嫌そうに見えますか?」と聞いたら
「はい。感覚的なものなので、
どこがどうとかはっきり伝えられないのですが、
ずっとそう感じていました」
と言われました。

まさか今日、
人から不機嫌そうに見られていたとは
微塵も思っていませんでした。

 

自分では全くそのつもりはないのに、
人から見たら自分の意図していないように
見られていることが、
実はちょこちょこあるのかもしれません。

そしてそれはほとんどの場合、
本人に伝えないでしょう。

だから自分の心の状態と
相手が感じている自分の心の状態に
ずれが生じているのに気づかないまま
時が流れていることが多いのかもしれません。

 

今回は勘違いされていたので、
正直に聞いてもらえてよかったです。

普段から私は人に誤解される
振る舞いをしがちなのかもしれないと
反省しました。

そんな風に思わせてしまったので
Aさんに謝罪しました。

 

カウンセリングにおいても、
クライエントはカウンセラーについて思うことがあっても
遠慮して言わないことが多々あると思います。

それで誤解が生じたり、
通じ合わなかったり、
クライエントに悲しい思いをさせてしまったりで
カウンセリングが続かなかったことが
今まであったのだろうなぁと思い返しました。

 

人から違う解釈をされてしまうことを
100%なくすことはできませんが、
少しでも減らしたいと思います。

そのためには
「自己開示」
が必要になってきます。

今の気持ちを言葉で伝えることを
意識してやっていきたいと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

思うようにはいかない

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

思うようにはいかない

 

 

人の話でも、自分の話でも、
思うようにはいかないなと思う
今日このごろです。

どんなに自分の気持ちがはっきりしていても、
相手の価値観があり、
相手が求めているものがあり、
相手の環境があり、
それを自分が提供できないのなら、
どんなにお互いの気持ちが一致していても、
契約は出来ないという結果になります。

「お互いの気持ちが一致しているからいいじゃないか」と
ゴリ押ししたとしても、
その時はなんとかごまかせるかもしれませんが、
ゆくゆくは当人同士が辛くなって、
無理に推し進めたことを後悔する可能性のほうが高いです。

お互いの気持が一致しているのに
話がまとまらないのはとても切ないです。

 

昔もお互いの気持が一致しているのに
契約に至らなかったことがあります。

それを人に話したら、
「意味が分からない」
と言われてことがあります。

その時私も「意味が分からない」
と思いました。

もしかしたらその時、
「なんとかなる」と
あまり考えずに勢いで実行したら、
本当になんとかなったかもしれません。

でもそれはあくまでも仮定の話で、
その時の自分の相手の価値観がぶつかって、
タイミングが合わなかったのだと思います。

 

人が関わったら、
自分だけの考えだけでは成り立たないので、
思うようにはいかないことばかりです。

 

だからこそ、
タイミングよく相手と自分の価値観が合わさって、
環境も整って無事契約できることのほうが
奇跡だと思えるのです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

人による

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

人による

 

 

Aさんから注意されたら何とも思わないのに、
BさんからAさんと同じことを注意されているのに
ムッとすることがありますよね。

Aさんがすると何とも思わないのに、
BさんがAさんと同じことをすると
ムッとすることもありますよね。

そういう時、つくづく
人によるんだなぁと思います。

 

行為に対しても気になるかもしれませんが、
それ以上に「誰がその行為をしているか」
ということで感情に左右されます。

 

知り合いが、ここ最近、
Bさんのミスに対して怒っていました。

あとで知り合いは、
「Aさんが同じことをしても、
”気をつけてくださいね”と声を掛けて
それで終わると思う」
と言っていました。

 

また、別の知り合いは
AさんとBさんに注意されました。

最初はどちらに対しても腹を立てていたのですが、
Aさんに対しては1日経ったら冷静になり、
「よくよく考えたらAさんの言うことが正しかった」
と反省し、元の関係に戻りました。

一方Bさんに対しては、
数か月前に注意されたことを覚えていて、
なおかつまた注意されたので
「Bさんの顔も見たくない!」
と怒っていました。

傍から見たら、
AさんとBさんが知り合いに注意した内容は
似たようなものです。

むしろBさんがした注意の方が
軽く思えます。

 

けれども知り合いにとっては
Aさんとはすぐ仲直り、
Bさんとは顔も見たくない
と思うわけです。

 

それまでの関係性が重要なのです。

それで何かきっかけがあると、
さほど気にされないのか、
余計に嫌われるのか、
その後の関係性が大きく広がります。

 

誰からも好かれることはあり得ませんが、
ミスをしたらすぐに謝るとか、
人に注意する時は感情的にならずに
淡々と伝えるであったりとか、
あまり人を傷つけないように気をつけることが
今後の人間関係に必要だと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK