行動から習慣へ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【行動から習慣へ】

 

この言葉を聞いたことがありますか?

 

心が変われば態度が変わる

態度が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変わるば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる

 

先日セミナーに参加しました。

「今日セミナーで聞いた内容をメモに取って、
自分が実行しようと思ったことがあったら
ノートに線を引いて、そこをTo Do Listとして
書き込んでください」
と言われました。

そのTo Do Listに書いたことを実行して
行動を変えるということです。

 

私が行動を変える時に気をつけていることは
自分にとって良いと思われる行動
今まで毎日はやっていない行動
であることです。

今まで一度もやったことがない行動を
実行しようとするのはハードルが高すぎます。

今までやったことはあるけれども
毎日ではないことを意識して毎日実行し、
21日間続けられたら習慣化できます。

その後途切れたとしても
一度習慣化した経験があったら
また復活できる可能性は高いです。

 

今回私はTo Do Listに
約束の時間を守る
人と会うときは最初と最後は笑顔でいる
と書きました。

これらが習慣化できたら
私の人生はより良くなっていくでしょう。

「約束を守る」にしたらハードルが高くなるので
時間限定にしました。

「ずっと笑顔で人と接する」にしたら
ハードルが高くなるので
最初と最後のみであとは自由にしました。

いずれもハードルが高いどころか
達成できないことは分かり切っていたので
「もしかしたら達成できるかもしれない」
という内容にしました。

 

そのセミナーに参加する前から
風邪をひいてぐったりしていました。

翌日は会社だったので
大事を取ってセミナーの途中で帰りました。

 

翌日会社に行きましたが、
咳がゲホゲホ出て
鼻をズーズーかんでいる状態だったので
会う人会う人に笑顔どころか
顔色が悪い状態をお見せすることになりました。

数日後お店の予約をしたのですが、
7分ほど遅刻しました。

全くTo Do Listが実行されていません。

 

風邪が治ってきたので
意識して会う人会う人に
笑顔で接してみました。

相手はどう思ったのか分かりませんが
自分が気分良かったです。

やはり自分の人生を変えるために
続けていこうと思います。

時間も遅れないように
事前に下調べをして
出かけようと思います。

 

少しずつですね。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

1ヶ月でできたこと

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【1ヶ月でできたこと】

 

コーチングを学んでいた時、
ワークをしながら学んでいったのですが、
毎回必ずと言っていいほど行っていたワークは
「good&new」というものです。

「good&new」とは、
「この24時間以内で良かった出来事、
もしくは初めてやったこと」を
ペアになって相手に1分間など時間を決めて
お話しし合うというワークです。

最初は
「24時間以内で良かったことなんてあったっけ?」
となかなか出てこないのですが、
24時間を振り返って意識して
良かったことまたは初めてのことを探してみると、
案外見つかるものです。

何回か数を重ねていくと
出てくるのも早くなります。

日常的に良かったと感じたことや
些細なことかもしれないけれど
「これ、初めてチャレンジした」
と意識できると気持ちが上がります。

 

人は基本的にネガティブなことを考えがちなので
「good&new」のように
意識してポジティブなことを思い出していくと、
物事をポジティブに捉えられるようになる
トレーニングになります。

 

カウンセリングでクライアントに
「good&new」を何度か伝えたこともあります。

一時期帰りの電車の中で
「good&new」をやって
その日の良かったことや
その日の新しかったことの
振り返りをしていました。

最近とあるワークショップに参加しました。

ウォーミングアップとして
「ここ1ヶ月で初めてできたことを考える」
というワークがありました。

1分くらい考える時間があったと思いますが、
5つ思いつきました。

その後4人1グループで
3周「ここ1ヶ月で初めてできたこと」
を発表し合いました。

書く時は3つ思いつかなかった人も、
グループで発表し合ううちに
1ヶ月で初めてできたことを思い出したようで
全員3つずつ発表することが出来ました。

 

普段は
「初めてできた!」と感じないけれど、
その時は感じたかもしれないけれども
その感情は一瞬ですぐ忘れるかもしれないけれども、
「ここ1ヶ月初めてできたことってなんだっけ?」
と意識しすると、思い出すものです。

 

ワークショップに参加すると、
参加者同士とがっつり関わることが多いので
最初に自己紹介がてら
「good&new」のようなワークをすることがあります。

「good&new」はお互い好意的な印象を持ちやすいので、
初対面の人とより良く知り合うきっかけ作りとして
とても効果的だと思います。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

複数人のカウンセリング

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

複数人のカウンセリング

 

 

カップルカウンセリングも受け入れている
カウンセリングルームに勤務していました。

それまではカップルカウンセリングの経験が
ありませんでした。

カウンセリングをするときは
目の前の人に集中して関わるので、
複数人のカウンセリングとなると、
関わる相手が分散するので
集中力も分散しました。

「カップルカウンセリングをメインにしている
カウンセラーは凄いな」と、尊敬しています。

 

カウンセリングルームでカップルカウンセリングを経験した後、
クリニックでのカウンセリングや
個人経営しているカウンセリングでも
複数人のカウンセリングの経験を積んできました。

全く経験のなかったカップルカウンセリングを
始めるきっかけを作ってくださった
カウンセリングルームに感謝します。

 

今は職場で毎週カウンセリングではないですが、
複数人にセミナーを行っていますので、
私が講師として、ファシリテーターとして
参加者の皆さんにお伝えしたり誘導したりしているので、
複数人の人に問いかけることに慣れてきました。

得意ではないけれど、
苦手意識は随分と減りました。

 

こうして経験を重ねていくと、
カップルカウンセリングや
複数人にカウンセリングに
取り組む姿勢が以前と変わってきました。

何事も経験が大事ですね。

 

苦手だと思っていることでも、
やったことがなくて不安に思うことでも、
まずは経験してみることをお勧めします。

思い通りにならなかったこともありましたが、
後悔したことも確かにありましたが、
時間の無駄だったと思ったこともありましたが、
いつまでも引きずることはありません。

新たなものに挑戦したほうが、
思い切って飛び込んでみたほうが、
過去のものとして、いい思い出になります。

「もしあのとき挑戦していたら違っていたかもしれない」
と思うほうが無駄な時間の使い方です。

 

あなたは今、やろうかどうか迷っていることはありますか?

せっかくなので、今までやったことがないことを
経験してみませんか?

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

「また、あなたと会いたい」と言わせる「魔法の言葉」

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

「また、あなたと会いたい」と言わせる「魔法の言葉」

 

 

「また、あなたと会いたい」と言わせる「魔法の言葉」
というタイトルの電子書籍があります。

 

 

私はカウンセリングの勉強を始めた頃から、
「また会いたくなるカウンセラー」
でありたいと思っていましたから、
このタイトルに惹かれて購入しました。

内容も役に立つと思ったので、
せっかくだからこの電子書籍の内容を伝えようと思い、
セミナーでこちらの本の読み合せをしました。

 

参加者の反応は、まあまあ良かったと思います。

 

その1週間後に2回目のセミナーを開催した時、
前回参加できなかった方がいらしたので、
前回参加したAさんに、
「この本はどんな内容だったか
覚えている範囲でいいので、
教えてもらってもよろしいですか?」
と言いました。

Aさんは、
「内容が薄くて面白くなかったので覚えていません」
と答えました。

「あ、そうだったんだ」
と、その時初めて知りました。

確かに前回のセミナーでAさんは
本の内容で印象的だったところに
線を引いてもらったり、
発表してもらった時、
退屈そうで発表も短めだったのですが、
それはいつものことだったので
気にならなかったのですが、
Aさんは私の想像以上に、この本に対して
否定的に捉えていたようでした。

 

Aさんはこのセミナーに参加している
グループから好かれたいと
常日頃思っています。

なので、今回の
「また、あなたと会いたい」と言わせる「魔法の言葉」
という本を紹介したのは、
Aさんのためといっても
過言ではありません。

けれども、当のAさんには
この本は響かなかったようです。

 

前回この本の内容で中心だったのは、
またあなたと会いたいと言わせるためには
「ABCDの法則」というのがあるということでした。

「ABCDの法則」とは、
A:当たり前のことを
B:バカにしないで
Ç:ちゃんとする
D:(それを)できる人という。
と、それぞれ頭文字を取っています。

それをご自身に置き換えて、
今日からできる
「ABCDの法則」を
みなさんに考えてもらいました。

Aさんに聞いたら、
「萩原さんを褒めること」
と言われました。

「いやいや、私を褒めたところで
またあなたと会いたいとは思われないから!」
と、心の中で思い、
「私に限らず、人を褒めましょう」
と、Aさんに伝えました。

 

1回目から参加しているBさんは、
「私は婚活をしているのですが、
数回会ったら男性が離れていってしまいます。
だからまたあなたと会いたいと思われるには
どうしたらいいのか知りたいです。」
と言っていました。

「BさんのABCDの法則は何ですか?」
と聞いたところ、
「Aは人の話を聞く時頷くこと、
Bは人と話す時に相手の顔を見ること、
ÇとDはまだ思いつきません」
と言われました。

「ABCDそれぞれ分かれているのではなく、
一つの言葉でABCDの法則なんですよ」
と1回目のセミナーの時にBさんに伝えましたが、
2回目のセミナーの時の前回の復習で聞いたときも、
Bさんは同じことを言っていました。

Bさんも2回目のセミナーの時に
「あまりこの本の内容が印象に残っていない」
と言っていました。

 

ある人が、Bさんについてこのように語っていました。

Bさんは物を渡した時に引ったくるように取るし、
人が話をしても下を向いてずっと爪をイジっているし、
お土産を渡した時に「ありがとう」も何も
言ってくれませんでした。

「あ、そうだったんだ」
と、その時初めて知りました。

 

AさんもBさんも
人から好かれたいと思っています。

ある意味AさんやBさんに役立つと思い、
「また、あなたと会いたい」と言わせる「魔法の言葉」
を紹介しました。

 

 

けれども、
Aさんの心にも
Bさんの心にも
この本の内容は響きませんでした。

となると2人共、
今後「また、あなたと会いたい」と
人から思われるのは難しいのではと
想像します。

 

自分が「こうなりたい」という望みがあって、
それを解決してくれる方法を
書籍やセミナーや人が教えてくれる機会があります。

それはきっと、
本人には耳が痛い内容だと思います。

今までやったことのないことに
チャレンジすることになります。

でも、
それをやらなければ変わらないし、
今までの自分を乗り越えられないのです。

 

なりたい自分になるためには、
避けられない道なのです。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

行動に気持ちがついて来る

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

行動に気持ちがついて来る

 

 

やる気はなかなか起きないものです。

やる気が起きたときに行動に移せたらいいと思っています。

けれども、なかなかやる気と行動の
タイミングが合いません。

 

他のことをしているときに
何かを思いつくことが多いのですが、
今やっていることから切り替えて
その思いついたことができる状況ではなく、
次第に思いついたことが何だったのか忘れたり、
その時のやる気がしぼむことが多いです。

 

もう、やる気が出るのを待っていては、
行動に移すタイミングを逃すばかりです。

 

習慣化していることがいくつかありますが、
それは毎回ワクワク楽しくやっているわけではなく、
時にはやる気なくしてやっていることもあります。

やる気を優先したら、
習慣化はできないのです。

 

今後の自分に必要な行動をとにかくやります。

気が乗らなくてもやります。

今まで習慣でやったことではないけれど、
これならできそうと思うことから
まずは21日間連続を目指してやります。

途中で途切れたら、
また1日目からスタートして
21日間連続を目指します。

 

なぜ21日間なのかというと、
21日間連続で続けることが出来たら
習慣化したという目安の日数だからです。

その頃になると
却ってやらないと気持ち悪くなります。

 

この連続して続けるためには
気持ちが乗らなくてもとにかくやることです。

そうすると、
行動に気持ちがついて来ます。

しかし、いつも行動に気持ちがついて来るわけではなく,
行動に気持ちがついて来ない時もあります。

たとえ最後まで気持ちがついて来なくても、
行動はしているので
「今日もやりました」と
カウントできるのです。

 

大事なのは、
その時々どういう気持なのかよりも、
行動したかどうかなのです。

 

自分のなりたい人物像に近づくために
これから始める行動は何かを
考えてみましょう。

 

とてもゆるい糖質制限も習慣化していました。

 

 

あと、一旦習慣化されたものでも
しばらくストップすると
また習慣化するようになるのは
難しくなります。

私の場合、
ブログを書くことでした。

 

毎日ブログを書くことを習慣化していたのですが、
ある時から気持ちが停滞していて、
それから数カ月後に
「リフレッシュするために
1週間ブログを書くのを休もう」と決め、
その後もだらだらブログを再開するのを
引き伸ばしていくうちに病気になりました。

その病気も治るまで2ヶ月位かかり、
その間もブログをほとんど書かず、
再開しようとしても毎日は書けませんでした。

ブログを休む前は、
どんな時でも毎日書いていたにも
かかわらず、です。

 

習慣化するのは時間がかかりますが、
習慣をやめるのはあっという間なのだなと
しみじみ思いました。

 

もう一回将来の自分のために
今自分がするべき習慣は何かを考え、
できそうな段階から始めて、
まずは21日間連続を目指します。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

反省(1回目)

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

反省(1回目)

 

 

昨日今日、反省だらけの日でした。

今回は1回目の反省話です。

 

昨日「アサーション」のプログラムを
グループワークという形で進めました。

 

「アサーション」というのは、
相手になかなか言いづらい、伝えづらいことを
自分の気持ちを正直に伝え、
なおかつ相手を思いやる言い方で
相手にお願いする言い方のをトレーニングして
人間関係を円滑にするスキルです。

 

アサーションの流れは
このようになっています。

1.事実をそのまま書く。

2.自分のことだけを思いやった
その事実にたいして思ったことや
感じたことを書く。

3.反対に相手のことだけを思いやる
言葉を書く。

4.2と3をミックスして
自分の主張と相手へのねぎらい、
相手にしてほしいことを書く。

5.4を声に出して読んでみて、
言いづらいところを書き直して
話し言葉に変える。

 

実践の場でアサーションの言葉が
言えたらなお良いです。

人とのやりとりの仲、
先に感情が出てしまうので
なかなか本当に自分が伝えたかったことや
やってほしかったことを伝えるのは
なかなか困難です。

だから何かもやもやしたエピソードがあったら
その経験を踏まえてアサーションの言葉を考え、
似たような出来事があったら咄嗟に言えるくらいまで
トレーニングすることが大事になってきます。

 

プログラムの中で、
ある人が実際にあった事例をもとに
グループでアサーションをしていったのですが、
2番めの「自分だけを思いやる言葉」が
だんだん激しくキツイ言葉になっていくのを
感じました。

だれかがちょっと過激な言葉を発言すると、
次に発言した人がさらに過激な言葉になって、
どんどんエスカレートしていくのです。

普段は穏やかでキツイ言葉を全く使わない人が
どんどん攻撃的な言葉を使うようになっていくのです。

だからといって、
その人達がプログラム後も
キツイ言葉遣いをするかというと
それはないのですが、
皆さんで攻撃亭な言葉を言い合っている状況が
あまりよろしくないのです。

 

アサーションのプログラムは
月1回グループワークという形で
定期的に開催しようと思ってたのですが、
キツイ言葉が行き交うようでは
あまり健全ではないと判断し、
しばらくアサーションをやらないほうが良いと
判断しました。

アサーション自体は
日頃言いたいことがなかなか言えない人には
是非覚えて実践してもらいたいトレーニングなので、
プログラムの進め方の見直しをして、
いつかは復活させたいと思っています。

 

自分としては役に立って定期的に開催できる
プログラムだと思って臨んだのですが、
結果的に言葉遣いがキツくなり、
本筋に少しズレるプログラムになっていると
実際やってみて感じました。

 

ちょっとプログラムの進行に対して
甘く感じていたのかもしれないと
反省しました。

 

これはやってみて気づいたことなので、
アサーションのプログラムをした事自体は
やって良かったと思っています。

 

おまけ動画↓

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

壊れかけた家電

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

壊れかけた家電

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

見て見ぬ振り、
気づかないフリをしている
壊れかけた家電があります。

それはなにかというと、
「炊飯器」です。

 

ご飯は炊けないことはないのですが、
壊れかけてからご飯が以前より
美味しくなくなった気がします。

今使っている炊飯器は
かなり前から使っているものなので、
いわゆる「家電芸人」がお勧めするような
今どきの炊飯器ではありません。

↑こちらのDVDは
「家電芸人」
「ガンダム芸人」
「メガネ芸人}
が収録されています。

 

今どきの炊飯器を初めてみたときは、
「わぁ~こんな炊飯器ほしい!
でも、まだ今の炊飯器が使えるからなぁ」
なんて思ったものです。

今回めでたく炊飯器が壊れかけているので、
とっとと今どきの炊飯器に買い換えればいいのに
「まだご飯炊けるから」と
言い訳している自分がいます。

 

去年掃除機が壊れかけたときも
ウジウジ考えていました。

 

 

今ではすっかり買い替えた掃除機に慣れました。

 

今まで炊飯器が壊れたことがないので、
どういう状態が壊れたことになるのか
分かりません。

ご飯が炊けなくなったら壊れたということに
なるのでしょうか?

 

これとは別に、
最近ドライヤーを使うと
火花が散るようになりました。

火花が髪に燃え移るのではないかと
ビクビクしながら使っています。

正直、怖いです。

 

実は今のドライヤーは
3年前に購入したものです。

前回ドライヤーが壊れたときに
動画を撮っていたので
購入時期が分かりました。

 

 

寿命が3年って、
短くないですか?

家電は突然不具合になるので
いつも困ってしまいます。

前回ドライヤーは突然壊れ、
スイッチを入れても
温風&冷風ともに
出なくなりました。

冬場にドライヤーが壊れることだけは
避けたいところです。

 

家電が壊れるときは
連続でいろいろな家電が壊れることが多いので、
今回ついでにパソコンが壊れたら
大いに困ります。

前々回に使っていた
デスクトップパソコンは
ある日突然電源が入らなくなりました。

バックアップを取っていなかったので
あのときはすごく困りました。

それまで長期間溜めていた
データが全て無くなりました。

あのときあんなに大変な目に遭ったのに、
今はまめにバックアップを取っているのかというと
そうでもないので反省の色が見えません。

 

これを機に、

今どきの炊飯器に買い換えるため
商品を調べる。

同じくドライヤーも
商品を調べておく。

USBを買って
パソコンのデータを
入れておく。

やるべきことができました。

事前に準備をしておくことは大事です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

考えを切り替える

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

考えを切り替える

 

 

すぐに考えを切り替えられる人

寝たら忘れる人

すごく羨ましいです。

 

考えを切り替えられる
スイッチがあるといいのにと思います。

 

けれど、
考えを切り替えられるのが
いいということではありません。

すぐ考えを切り替えられるということは、
反省していない可能性があります。

寝たら忘れられるということは
また性懲りもなく
同じことを繰り返すかもしれません。

 

何か自分が過ちを犯して、
それに気づき
反省して
次はどうしたらいいのか考え
出来ることはすぐに実行する。

自分の中で頭の整理がついたら
考えを切り替えればいいのです。

 

すぐに考えを切り替えればいいというわけではなく、
いつまでも同じことを考えればいいというわけでもないのです。

 

起こしてしまったことは
今のあなたに何かを教えてくれています。

 

もしあなたがずっと落ち込んで
なかなか考えを切り替えることができないのであれば、
心理療法やコーチングで培ってきたワークがありますので
ぜひご相談ください。

 

私もカウンセリングやコーチングを勉強したおかげで
昔よりも随分考えを切り替えることができるようになりました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

10年あったら何でも出来る

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

10年あったら何でも出来る

 

 

「10年あったら何でも出来る」
最近ある20代の人に言いました。

「あることを1万時間勉強したら極められる」
という言葉を最近聞いたので、
その影響を受けての発言だと思います。

誰でも10年あれば何でも出来ますが、
年齢が若ければ若いほど出来ることの範囲が
広がります。

だからこそ20代の人につい口走ってしまったのですが
20代だからこそ真意が伝わらないともいえます。

 

今までの人生を振り返ってみると、
後になって気づくことばかりです。

その時は周りの目とか
世間体や一般論とかばかりを気にして
物事を決めていました。

それでスタートが遅くなりました。

 

まぁ、私という人間が
10年あれば何でも出来るということに気づくのに
これぐらいの時間を要したということなのでしょう。

 

もっとたくさんの人に
10年あれば何でも出来るということに
気づいて欲しいです。

そして、10年かけて
なりたい自分像を達成して欲しいです。

 

私も達成しますから。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

返事は「イエス!」

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

返事は「イエス!」

 

 

何かオファーがあったらとりあえず
返事は「イエス!」
と、教えられてきました。

 

会社で何か新しいことを頼まれたら必ず
「えー?」と文句を言っていた私です。

文句を言っていた頃の私は
感じ悪かったと思います。

 

今はなるべく仕事で頼まれたら
「はい!」と快く返事をするようにしています。

「えー?」と言っていた頃よりは
感じ良くなっていると思います。

 

友達からの誘いも
予定が既に入っているとか
よっぽど気が乗らない内容ではない限り
「イエス!」というようにしています。

 

今回も友達からイベントのお誘いがあり、
少し迷いましたが「イエス!」と
返事しました。

実際にイベントに参加して良かったです。

新しい世界を見ることが出来、
とても楽しめました。

新しいことには参加したほうがいいですね。

 

今後の私の課題は
返事は「イエス!」と即答することです。

スピード感も大事です。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK