ストレスを発散させる30の方法&ストレスをあまり感じなくなる3つのポイント

1.ストレス発散方法をたくさん持ちましょう

自分で認識してストレスを感じることもありますし、

自分ではは気づかないうちに、いつの間にか

ストレスを感じていることもあります。

 

ストレス発散方法は、できるだけたくさん知っていた方がいいです。

そして、自分にあったストレス発散方法を、

TPOに応じて使い分けられるといいです。

たくさんストレス発散方法を使いこなせるほうが、

早くストレスから解放されるからです。

 

ストレスは生活している限り、どうしても感じてしまうものですが、

いつまでも抱え込む必要はないのです。

 

今回ご紹介するストレス発散方法の中から

あなたができそうなストレス発散方法を試してみて、

実際にストレスが発散できたものを選んで、

この先ストレスを感じることがあったら、

今後もあなたが選んだストレス発散方法を実践していきましょう‼

 

2ストレス発散方法にはタイプがあります

今まであなたがストレスを感じたときに、

テレビやサイトや本などの情報で、

いろいろなストレス発散方法を試してきたのかもしれませんね。

今まであなたがやってきたストレス発散方法を

紙に書き出してみましょう。

 

書き出したストレス発散方法の中で、

4つのカテゴリー分けをしてみましょう。

「1人×動」・・・1人でできてアクティブに動くこと

「1人×静」・・・1人でできて静かに過ごすこと

「複数名×動」・・・2人以上でできてアクティブに動くこと

「複数名×静」・・・2人以上でできて静かに過ごすこと

 

ストレス発散方法には、この4つのタイプに分かれています。

内容によっては、一人でできるものと複数名でできることの

両方のものもありますね。

 

カテゴリー分けして、あなたはどのタイプのストレス発散方法が

一番多かったですか?

一番多いカテゴリーが、あなたの望んでいる日頃の過ごし方とも言えます。

「1人×動」・・・1人でアクティブに動きたい

「1人×静」・・・1人で静かに過ごしたい

「複数名×動」・・・2人以上でアクティブに過ごしたい

「複数名×静」・・・2人以上で静かに過ごしたい

 

これであなたの今までしてきたストレス発散方法と、

あなたが望んでいる過ごし方が分かったところですが、

他のカテゴリーのストレス発散方法も増やす必要があります。

全てのカテゴリーのストレス発散方法を持っていることが大事なのです。

 

次にストレスを発散する30の方法を、タイプ別に掲載しますので、

もしあなたが「複数名×静」のタイプのストレス発散方法が

足りなかったのならば、ぜひ参考にしてみてください。

 

3.ストレスを発散する30の方法

1人でも複数でもできるものは、どちらのタイプにも記載しております

1)1人×動

・ダンス

・ウォーキング

・ジョギング

・ストレッチ

・スポーツジム

・ラジオ体操

・カラオケ

・おいしいものを食べる

・好きな場所に出かける

・ショッピング

・その場を離れる

・片づけをする

・家事をする

2)1人×静

・読書する

・マンガを読む

・ゲームをする

・テレビを見る

・動画を観る

・映画を観る

・アロマをたく

・お風呂にゆっくりつかる

・ヨガ

・深呼吸

・瞑想

・絵を描く

・写経

・エステ

・マッサージ

・お参りに行く

・睡眠

 3)複数名×動

・ダンス

・ウォーキング

・ジョギング

・スポーツ

・カラオケ

・好きな人とおしゃべりする

・信頼のおける人に話しを聞いてもらう

・おいしいものを食べる

・ゲームをする

・ショッピング

・デートする

 4)複数名×静

・ゲームをする

・オセロ

・将棋

・囲碁

・デートする

・映画を観る

・占い

他に時期的なイベントがあったり、

その季節ならではでできることもあります。

 

こうして並べてみると、複数人で静かに過ごすことがあまりありませんね。

内容も、オセロなど本人の好き嫌いもあると思います。

数を多くするのは難しいとおもいますが、

最低1つは複数人×静のストレス発散方法を持っていたいものです。

 

1人×複数人×動×静

これが全て叶うストレス発散方法は「温泉に行く」です。

温泉に行くと、かなりストレスが発散されると思います。

 

いろいろなストレス発散方法を試してみて、

あなたの心と体が喜ぶものをピックアップしていきましょう。

これをするとかえって後で疲れるようなストレス発散方法は

あなたに合っていない可能性が高いので、

そのストレス発散方法はやめましょう。

 

ストレス発散方法はストレスの予防にもなりますので、

日頃からストレス発散方法を実施して、ストレスを遠ざけましょう。

すぐにできるお手軽なストレス発散方法をたくさん持っているといいですね。

そうすると、1人でできる動と静のストレス発散方法の中で

あなたのお気に入りをたくさん見つけてください。

 

次は、なぜ私たちはストレスを感じるのか、

ストレスを感じにくくなるにはどうしたらいいのかなどを

お伝えします。

 

4.ストレスが起こるメカニズム

私たちは何か原因があってストレスが起こると捉えがちですが、

実は、ストレスは自分自身が作り出しているものです。

つまり、自分に何か出来事が起こり、

その出来事に対してストレスを感じたとすれば、

出来事が原因だと思いがちですが、

その出来事に対してストレスを感じない人もいるという事実があります。

例)仕事のミスをして、上司に怒られた

Aさん・・・上司に怒られたことでストレスを感じ、自分のストレスの原因は上司だと思った。

Bさん・・・仕事のミスをして、二度と同じミスをしないように改善点を考えた。この出来事に対してストレスを感じていない。

 

どうでしょうか?

同じミスをして、同じ上司に同じように怒られたのに、

Aさんはその出来事に対してストレスを感じ、

方やBさんはストレスを感じていないのです。

つまり、上司に怒られる=ストレスではないということです。

「上司に怒られた」という出来事のことを「ストレッサー」と呼び、

ストレスを引き起こした原因ではありますが、

ストレスの原因ではないのです。

本人が出来事に対してストレスを感じることを選んだということです。

 

あなたが何かにストレスを感じているのならば、

原因はその「何か」ではなく、

あなたがその何かに対して「嫌な感情」が沸き起こり、

ご自身でストレスを生み出しているのです。

 

ということは、ストレスを感じやすい人と

感じにくい人がいるということです。

それは何かの出来事に対して

嫌な感情を持ちやすいか、嫌な感情を持ちにくいかで

大きな差が出てきます。

 

ストレスが起こるメカニズムを知ったところで、

あなたは出来事に対して嫌な感情を持ちやすいのか、

それとも持ちにくいのか、どちらだと思いますか?

 

嫌な感情を持ちにくくなるためにはどうしたらいいのか

次の章で探っていきましょう。

 

5.ストレスを感じなくなる3つのポイント

何か出来事があると嫌な感情を持つとは、

どういう感情があるでしょうか。

例えば、

怒り

イライラ

落ち込み

ドキドキ

ハラハラ

緊張

不安

恐怖

苦しみ

痛み

悲しみ

辛さ

まだまだストレスを引き起こす感情はあるかもしれませんが、

思いつくのはこれらの感情です。

 

前の章からこれらの感情を嫌な感情と表現しましたが、

これらの感情は持っていて必要な感情でもあります。

これらの感情を持っているからこそ、

私たち人間はどんな変化があっても生き延びて来られたのです。

生命を維持するためには不可欠な感情なのです。

 

ただ、長期間これらの感情を持ち続けてしまうのが問題なのです。

ずーと嫌な感情を抱えているからストレスになるのです。

深刻になると、心や体や社会生活に支障をきたします。

 

ストレスを感じにくくなる心と体を作るには、

嫌な感情を引きずらないことです。

ポイント1:日頃から心を整えておく

一番効果的なのは瞑想です。

瞑想の効果として、

ⅰ幸せを感じられる

ⅱ自分に自信が持てる

ⅲ物事がポジティブに考えられる

ⅳストレスが減る

などが挙げられます。

 

瞑想を習慣化しておくと、何か突発的なできごとがあっても

嫌な感情にならなかったり、もしなったとしても

すぐに感情を手放せるようになります。

そうなるとストレスを感じることがグッと減ります。

 

もしあなたがすでに瞑想経験があるのならば、

ご自身のやりやすい方法で、できれば毎日瞑想を行ってほしいと思います。

 

もしあなたが瞑想経験がない、瞑想の仕方が分からないというのであれば、お伝えしたいと思います。

この瞑想方法は、私がセミナー前に参加者さんに集中していただきたいため、取り入れたものです。

参加者さんの中には瞑想を毎日している人もいれば、

全くの未経験の人もいました。

全員にアンケートを取りながら完成した瞑想方法です。

 

<瞑想方法>

時間:2分半(タイマーセット)

BGM:自然音(鳥のさえずり、川のせせらぎ)

  1. 椅子に座り、伸びをするなどストレッチをする
  2. 姿勢を正して楽な姿勢を取る
  3. 軽く目を閉じて最初に息を吐く
  4. 数を数えながら鼻から息を吸う
  5. 息を吸う倍数で息を吐く(息を4カウントで吸ったら、8カウントで息を吐く)
  6. 何か思い浮かんでも、考えてはいけないと否定するのではなくそのまま受け入れ、呼吸に意識を向ける
  7. タイマーが鳴ったらゆっくり目を開ける

 

もし、数を数えるとかえって気が散るようでしたら、

数は数えずに、吸う時間より吐く息を長くすることを意識して、

細く長く息を吐いてください。

 

初めて瞑想をする人にとったら、2分半は長く感じるでしょう。

1分からでもいいので、毎日瞑想することをお勧めします。

時間帯は朝起きたときか寝る前がお勧めです。

 

瞑想を習慣化したら、確実に心が整っていきます。

 

ポイント2:日頃から身体を整えておく

ストレスをあまり感じなくなる身体を作るためには、やはり食べ物・睡眠・運動・片づけが大切です。

 

身体は食べ物でできています。

普段あなたはどのようなものを食べていますか?

ジャンクフードやインスタント食品ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

あまり食べ物を気にしすぎてしまうと、楽しく食事ができなくなるので、まずは同じものばかり食べないように、肉、魚、野菜、豆類、海藻類、キノコ類などバランスよく食べることを意識するところから始めてみるといいと思います。

 

睡眠も、徹夜や短時間睡眠が続くと頭が働きませんし、身体の機能も低下してきます。

しっかり睡眠を日頃から取ることが大事です。

人によってベストな睡眠時間は違うので、あなたが朝スッキリ目覚めるベストな睡眠時間を知っておくと良いでしょう。

 

身体も日頃から動かすことも大事です。

あまり運動が得意ではないというのであれば、ストレッチや散歩から始めてみたらいいと思います。

普段から姿勢を真っ直ぐにする、歩くときも歩幅を大きくして背筋を伸ばして腕を振って歩くといいでしょう。

エスカレーターではなく階段を使う、電車ではなるべく立つようにすることも運動になります。

 

部屋や机の上が片付いていると、頭もスッキリするので集中力が増し、作業がはかどります。

部屋の状態と頭の中は連動していますので、部屋が整理整頓されていると、頭の中も整理整頓されて、客観的に物事を見るようになり、余計なことを考えなくなります。

ゴチャゴチャ考えないから、ストレスも感じにくくなります。

もしあなたが片づけが苦手と思っているのなら、まずよく使うものの置き場所を決めて、使った後はそこに戻すところから始めてみましょう。

次に、部屋の中をぐるりと見渡してみて、一番気になる箇所を5分でいいので片付けてみましょう。

自分のできる範囲で、少しずつ始めましょう。

 

ポイント3:日頃から人とコミュニケーションを取る

あなたはどういう人と付き合いたいと思いますか?

逆に、あなたはどういう人と付き合いたくないと思いますか?

ストレスの原因のほとんどは人間関係と言われています。

それならば、人と上手にコミュニケーションが取れたら、ストレスが減るのは当然のことですよね。

日頃からこれらを意識して人と接すると、人と良好なコミュニケーションが取れて、ストレスを感じにくくなります。

1笑顔

2.挨拶

3.話を聞く

 

いかがでしょうか?

笑顔で、向こうから先に挨拶をしてくれて、自分の話を聞いている人と仲良くしたいと思う人がほとんどではないでしょうか。

このような人は「感じが良い人」に映ります。

感じの良い人と一緒にいると、なんだか自分の運気も上がりそうですよね。

あなたもそのような人になれたら、周りの人はあなたのことを放っておきません。

すぐに完璧にやろうとはせずに、気がついたときに、自分ができそうなときに、できそうな相手から始めてみてはいかがでしょうか。

最初は笑顔が引きつり、たどたどしいかもしれませんが、続けていくうちにだんだん慣れていきます。

 

6.まとめ

1)ストレス発散方法をたくさん持ちましょう

 

自分にあったストレス発散方法を、できるだけたくさん知り、TPOに応じて使い分けられるといいです。

今回ご紹介するストレス発散方法の中からあなたができそうなストレス発散方法を試してみて、その中からにストレスが発散できた方法を選んで、その発散方法を実践していきましょう‼

 

2)ストレス発散方法にはタイプがあります

 

ストレス発散方法は4つのタイプがあります。

「1人×動」・・・1人でできてアクティブに動くこと

「1人×静」・・・1人でできて静かに過ごすこと

「複数名×動」・・・2人以上でできてアクティブに動くこと

「複数名×静」・・・2人以上でできて静かに過ごすこと

内容によっては、一人でできるものと複数名でできることの

両方のものもありますね。

「複数名×静」・・・2人以上で静かに過ごしたい

もしあなたがこの4つのタイプのストレス発散方法の中で、多く実践しているストレス発散方法と、あまり実践していないストレス発散方法とばらつきがあるのなら、あまり実践していないストレス発散方法も増やす必要があります。

全てのタイプのストレス発散方法を持っていることが大事なのです。

それはいつでもどこでもストレス発散ができるからです。

 

3)ストレスを発散する30の方法

1人でも複数でもできるものは、どちらのタイプにも記載しております

1.1人×動

・ウォーキング

・カラオケ

・おいしいものを食べる

・片づけをする

etc.

2.1人×静

・読書する

・アロマをたく

・お風呂にゆっくりつかる

・瞑想

etc.

 3.複数名×動

・スポーツ

・カラオケ

・好きな人とおしゃべりする

・おいしいものを食べる

etc.

 4)複数名×静

・ゲームをする

・オセロ

・将棋

・囲碁

etc..

 

1人×複数人×動×静

これが全て叶うストレス発散方法は「温泉に行く」です。

温泉に行くと、かなりストレスが発散されると思います。

 

ストレス発散方法はストレスの予防にもなりますので、

日頃からストレス発散方法を実施して、ストレスを遠ざけましょう。

 

4)ストレスが起こるメカニズム

私たちは何か原因があってストレスが起こると捉えがちですが、実は、ストレスは自分自身が作り出しているものです。

つまり、自分に何か出来事が起こり、その出来事に対してストレスを感じたとすれば、出来事が原因だと思いがちですが、その出来事に対してストレスを感じない人もいるという事実があります。

例)仕事のミスをして、上司に怒られた

Aさん・・・上司に怒られたことでストレスを感じ、自分のストレスの原因は上司だと思った。

Bさん・・・仕事のミスをして、二度と同じミスをしないように改善点を考えた。この出来事に対してストレスを感じていない。

つまり、上司に怒られる=ストレスではないということです。

「上司に怒られた」という出来事のことを「ストレッサー」と呼び、ストレスを引き起こした原因ではありますが、ストレスの原因ではないのです。

本人が出来事に対してストレスを感じることを選んだということです。

5)ストレスを感じなくなる3つのポイント

 

ずーっと嫌な感情を抱えているとストレスになります。

ストレスが続くと、心や体や社会生活に支障をきたします。

ストレスを感じにくくなる心と体を作るには、嫌な感情を引きずらないことです。

ストレスを感じにくくなる3つのポイントをお伝えします。

ポイント1:日頃から心を整えておく

一番効果的なのは瞑想です。

瞑想の効果として、

ⅰ幸せを感じられる

ⅱ自分に自信が持てる

ⅲ物事がポジティブに考えられる

ⅳストレスが減る

などが挙げられます。

瞑想を習慣化しておくと、何か突発的なできごとがあっても嫌な感情にならなかったり、もしなったとしてもすぐに感情を手放せるようになります。

そうなるとストレスを感じることがグッと減ります。

もしあなたはすでに瞑想経験があるのならば、ご自身のやりやすい方法で、できれば毎日瞑想を行ってほしいと思います。

 

もしあなたが瞑想経験がない、瞑想の仕方が分からないというのであれば、簡単な瞑想方法をお伝えします。

<瞑想方法>

時間:2分半(タイマーセット)

BGM:自然音(鳥のさえずり、川のせせらぎ)

  1. 椅子に座り、伸びをするなどストレッチをする
  2. 姿勢を正して楽な姿勢を取る
  3. 軽く目を閉じて最初に息を吐く
  4. 数を数えながら鼻から息を吸う
  5. 息を吸う倍数で息を吐く(息を4カウントで吸ったら、8カウントで息を吐く)
  6. 何か思い浮かんでも、考えてはいけないと否定するのではなくそのまま受け入れ、呼吸に意識を向ける
  7. タイマーが鳴ったらゆっくり目を開ける

もし、数を数えるとかえって気が散るようでしたら、数は数えずに、吸う時間より吐く息を長くすることを意識して、細く長く息を吐いてください。

1分からでもいいので、毎日瞑想することをお勧めします。

時間帯は朝起きたときか寝る前がお勧めです。

瞑想を習慣化したら、確実に心が整っていきます。

ポイント2:日頃から身体を整えておく

ストレスをあまり感じなくなる身体を作るためには、やはり食べ物・睡眠・運動・片づけが大切です。

身体は食べ物でできています。あまり食べ物を気にしすぎてしまうと、楽しく食事ができなくなるので、まずは同じものばかり食べないように、肉、魚、野菜、豆類、海藻類、キノコ類などバランスよく食べることを意識するところから始めてみるといいと思います。

 

睡眠も、徹夜や短時間睡眠が続くと頭が働きませんし、身体の機能も低下してきます。しっかり睡眠を日頃から取ることが大事です。人によってベストな睡眠時間は違うので、あなたが朝スッキリ目覚めるベストな睡眠時間を知っておくと良いでしょう。

 

日頃から運動することも大事です。あまり運動が得意ではないというのであれば、ストレッチや散歩から始めてみたらいいと思います。普段から姿勢を真っ直ぐにする、歩くときも歩幅を大きくして背筋を伸ばして腕を振って歩くといいでしょう。エスカレーターではなく階段を使う、電車ではなるべく立つようにすることも運動になります。

 

部屋や机の上が片付いていると、頭もスッキリするので集中力が増し、作業がはかどります。部屋の状態と頭の中は連動していますので、部屋が整理整頓されていると、頭の中も整理整頓されて、客観的に物事を見るようになり、余計なことを考えなくなります。

 

ポイント3:日頃から人とコミュニケーションを取る

 

ストレスの原因のほとんどは人間関係と言われています。

それならば、人と上手にコミュニケーションが取れたら、ストレスが減るのは当然のことですよね。日頃から人とのコミュニケーションが良好だと、ストレスを感じにくくなります。

次の3つを心がけると人から「感じが良い」と思われます。

1笑顔

2.挨拶

3.話を聞く

感じの良い人と一緒にいると、なんだか自分の運気も上がりそうですよね。あなたもそのような人になれたら、周りの人はあなたのことを放っておきません。

すぐに完璧にやろうとはせずに、気がついたときに、自分ができそうなときに、できそうな相手から始めてみてはいかがでしょうか。最初は笑顔が引きつり、たどたどしいかもしれませんが、続けていくうちにだんだん慣れていきます。

1.日頃から心を整えておく

2.日頃から身体を整えておく

3.日頃から人とコミュニケーションを取る

 

この3つのポイントとストレス発散方法を日頃から押さえておくと、ストレスを感じにくくなります。

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK