出汁の自動販売機

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

出汁の自動販売機

 

 

知り合いに、
「今度◯◯駅方面に行く」
という話をしたら、
「◯◯区役所の方は行く?」
と聞かれました。

 

私はその駅の土地勘がないので、
「うん、多分・・・」
と、返事を濁しました。

 

知り合いは、
「もし◯◯区役所を通るんだったら、
出汁の自動販売機があるから見てきて」
と言いました。

 

「出汁の自動販売機?」
と、もしかしたら聞き間違えたかもしれないと思い、
聞き返しました。

 

「そう、500mlの出汁が500円で売ってたんだけど、
結構混んでたよ」
と、知り合いが教えてくれました。

 

500mlの出汁が500円ってちょっと高いと思いましたが、
人が群がっているということは、
ニーズが高いんだなと思いました。

知り合いいわく、
濃口と薄口の2種類の出汁が売ってあったそうで、
どこのメーカーのどんな出汁が置いてあるんだろうと、
興味が湧いてきました。

 

ついに◯◯駅に行く日がやってきました。

そして、◯◯区役所の前を通りました。

 

「出汁の自動販売機はどこ?」
と探しました。

人が群がっているだろうから
すぐに見つかると思ったのに、
どこにも見当たりません。

 

あれれ・・・?

 

ちょっと区役所周りをぐるっと回ってみましたが、
出汁の自動販売機が見つかりません。

「もしかしたら撤去された?」
とも思いましたが、
知り合いが見たのは数週間前なので、
その可能性は低いです。

 

まあ、ちゃんと知り合いから場所を聞いてないのが
いけないんですけどね。

 

せっかく写メを撮って
知り合いに見せようと思ったのに
残念です。

写メを撮って
こちらでも見せようと思ったのに
残念です。

 

せっかくなので、調べてみました。

多分、知り合いが言っていたのは、
「だし道楽」のことでしょう。

もともとは広島にあるうどん屋さんみたいです。

全国的に出汁の自動販売機が設置されていました。

だし道楽の自動販売機設置場所

全て三井のリパークのそばにあります。

きっと提携しているのでしょう。

 

オンラインショップでも販売していました。

 

 

もし自動販売機では500mlを500円で売っていたとしたら、
それはかなり割安です。

だから自動販売機に人が群がっていたのだと頷けます。

 

地図を調べてみたら、
自動販売機の場所は
区役所からちょっと離れてました。

だから見つけられなかったのですね。

 

もう設置場所がわかったので、
次に◯◯駅の◯◯区役所方面に行くときは、
出汁の自動販売機の写メを撮ろうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

300円のチキンカレー

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

300円のチキンカレー

 

 

お昼を社内で食べると、職場の人全員と食べることになります。

 

一緒に食べるのが嫌なわけではないけれど、
勤務時間も休憩時間もずーっと一緒だと
変わり映えがしなくて飽きてしまいます。

だからと言って、私一人で個室で食べるのも
みなさんを避けている感じですし、
さすがに自分だけ別室で食べるのは
寂しいです。

 

ただ、もっと自由に休憩時間を過ごしたいだけなんです。

それで私は、たまに外で食べようと思いました。

 

駅とは反対方向の道を歩いていたら、
「ランチ500円」という看板を見つけました。

「おおっ!ワンコインは安い!」と思い、
そのお店に入りました。

 

お店に入り、もう一度メニューを見てみたら、
「29日はチキンカレー300円」
と、書いてありました。

「おおっ!300円のチキンカレーだなんてすごく安い!
きっと29日を肉の日として、安くしているんだな」
と思いました。

 

 

チキンカレーを注文したら、
「すみません。売り切れました」
と言われてしまいました。

残念でしたが、他のメニューは全て500円ですし、
最初から500円のつもりで入ったので
そんなに大きな痛手にはなりませんでした。

 

そこで私は決意しました。
「よし!来月の29日こそ300円のチキンカレーを食べるぞ!」

 

会社に戻ったら、
「何食べてきたの?」
と聞かれました。

私は500円ランチの場所を見つけたこと、
今日は肉の日だからチキンカレーが300円だったこと、
今日はチキンカレーが売り切れだったけれども、
来月の29日もきっとチキンカレーが300円だと思うから
再チャレンジしたいと話しました。

そうしたら、
職場の人も300円のチキンカレーに惹かれ、
来月一緒に食べに行きたいと言われました。

 

自分が見聞きしていいと思ったものを紹介して、
その人も興味を持ってくれるととても嬉しいです。

インターネットビジネスだとアフィリエイトですね。
ネットワークビジネスもこれに当たります。

 

アフィリエイトだと
メルマガやブログで紹介して、
興味を持っている人に
届けられるといいなと思いますし、
直接紹介する場合は、
「この人にこれを紹介したら
喜ぶかもしれない」と思う人にだけ
伝えるようにしています。

 

それから1ヶ月後、
結局職場の人全員と
300円のチキンカレーを
食べに行きました。

「チキンカレーが売り切れないうちに行こう!」
ということで、早目に会社を出ました。

 

無事、全員が300円のチキンカレーを
注文することができ、
全員が大盛りを食べました。

大盛りでも300円なのです。

 

みなさん、
「おいしい、おいしい」
と言って食べてくれました。

上司は帰りがけ、お店の人に
「貸し切りだと、何人から受け付けてくれるんだい?」
と聞いていました。

 

みなさんが喜んでいる姿を見て、
すごく嬉しかったです。
満たされた気分になりました。

300円のチキンカレーで、
すごく良い感情を得ることが
できました。

 

自分が何かを紹介して、
それを相手が喜んでくれる。
こんな素晴らしいことはありません。

 

仕事の根幹でもあると思います。

 

ちなみに、
29日は「肉の日」ではなく、
「ふくの日」でした。

 

コチラは別のカレー屋さんの話をしています。↓

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

地味に悩み、地味に修正しています

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

地味に悩み、地味に修正しています

 

 

ちょっと打ち明けます。

今私は地味に悩み、地味に修正しています。

 

職場の上司が「◯◯長」という肩書でした。

この職場は名前ではなく役職で呼びます。

 

私は今まで、
役職で呼ぶより
「◯◯さん」と呼ぶ
職場の方が多かったので、
「社長」とか「◯◯長」と呼ぶのに
あまり慣れていません。

今もまだ慣れていないけれど、
ようやっと「社長」「◯◯長」と
呼べるようになりました。

 

先日から◯◯長である上司の体調が思わしくなく、
ずっと休んでいます。

戻ってくる目処がまだ立たないので、
その上司は「◯◯長」の役職を解かれました。

今まで「◯◯長」と呼んでいましたが、
その人は◯◯長ではなくなりました。

 

それで私は少し悩むようになりました。
「その人を何と呼ぼう」と。

 

その人は◯◯長ではないのに
今も◯◯長と呼ぶのはおかしな話で、
既に別の人が繰り上げで◯◯長になり、
今の◯◯長のことは今までと変わらず
「◯◯さん」と呼んでいるのに、
今の◯◯長の前でその人を◯◯長と呼ぶのは
なんだか今の◯◯長に失礼な気がして、
だからと言って「元◯◯長」と呼ぶのも
なんだかな~と思うし、
もし元◯◯長が戻ってきたときに、
◯◯長じゃないのに◯◯長と呼んだら
その人自身もいろいろ気に病むのではないかと思い・・・

・・・と、こんな風に悩んでいます。

文章にすると分かりづらいと思いますが、
私が悶々と悩んでいることが伝わると幸いです。

 

結局のところ、
その人はもう◯◯長ではないので、
「◯◯さん」と呼べばいいんですよ。

と、思っているのですが、
ずーっと「◯◯長」と呼んでいたのに
「◯◯さん」と言い換えることに
言いづらさや抵抗があるし、
他の人は相変わらずその人のことを
「◯◯長」と呼んでいるのに
私が突然「◯◯さん」と言い方を変えたら
「変なふうに思われるかも」と、
余計な詮索をしてしまいます

文章にすると分かりづらいと思いますが、
私が悶々と悩んでいることが伝わると幸いです。

 

でも、やはり◯◯長は別にいるのに、
◯◯長ではない人を◯◯長と呼ぶのは
違うと思う!

 

という結論にいたり、
頑張ってその人のことを「◯◯さん」
と言ってみました。

ちょっと言いづらかったですが、
意識して「◯◯さん」と言うようにして
徐々に修正していこうと思います。

 

このようなことがあるから、
やはり職場での呼び方は役職より
◯◯さんと呼ぶほうがいいと
思いました。

 

しばらく地味に悩み、地味に修正が続きそうです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

痛みを隠しています

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

痛みを隠しています

 

 

朝からずーっとお腹が痛いです。

 

特に人にはお腹が痛いことを言わず、
いつも通りに振舞っていました。

 

「いつも通りに振舞ったら、お腹の痛みが和らぐかな?」
と期待しましたが、ずーっとお腹が痛かったです。

 

でも、「調子悪そうだね」と、
誰からも言われませんでした。

表向きにはいつも通りに振舞っているので、
はたからは分からないのでしょう。

 

鏡を見ると、疲れ切った顔をしていました。

それでも周りから調子が悪いことに気づかれないということは、
自分で調子が悪いことを申告するか、
もっと具合が悪くならないと、
周りは分からないということでっす。

自分の顔は毎日鏡で見ているから、
ちょっとした自分の顔の変化に気づきやすい
とも言えます。

 

周りから気づかれなくて良かったと思います。

「調子が悪い」と言ったところで何も変わりませんし、
いつも通りに過ごせたわけですから、
特に問題はありません。

 

もしかしたら、
人はこの我慢の繰り返しで
オーバーヒートしてしまうのかもしれません。

 

私は自分に甘いですから、
もしいつも通りに過ごせないと思ったら
簡単に自己申告するからいいですが、
我慢強い人はちょっとでも調子が悪かったら
人に伝える習慣をつけていった方がいいと思います。

自分の調子がどうなのかは、
自分にしか分からないですから。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

久しぶりの卓球

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

久しぶりの卓球

 

 

職場に卓球ラケットとボールのセット&卓球用ネットが届きました。

 

早速ネットを設置し、卓球をしました。

 

卓球をするのは何年振りでしょう。

温泉卓球もしないので、かれこれ数十年振りです。

 

久しぶりに卓球をしてみて、ラリーが全然続きませんでした。

2往復すらできません。

小学5年生の時卓球クラブだったなんて、口が裂けても言えません。

 

1セットゲームもしていないのに、かなり疲れました。

なかなかの運動量です。

 

もう少しラリーが続くようにならないと、卓球を楽しめません。

これから週に1回、職場で卓球をするかもしれませんので、
毎日壁に向かって100回くらい素振りをしたほうがいいかもしれません。

 

歩いたり、ストレッチをしたり、ジムで筋トレをしていても、
スポーツは全くしていなかったので、
卓球は身体を動かすいいきっかけになりそうです。

 

会社に卓球セットがあるなんて、きっと珍しいですよね。

私も卓球セットがある職場は初めてです。

 

職場の人は「次はバドミントンだ!」と言っていましたが、
個人的には、卓球に慣れてからバドミントンに進みたいですね。

 

習わずしてどこまで卓球が上達するのか、今後が楽しみです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

「マイナーな場所」という表現は失礼?

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

「マイナーな場所」という表現は失礼?

 

 

職場の人が、
「『◯◯県』と『☓☓県』に
転勤で行ったことがあります」
と話していました。

それを受けて私は、
「マイナーな場所ばかりですね」
と言いました。

私の言葉を聞いた人が、
「マイナーな場所なんて言って、
失礼じゃない?」
と言いました。

 

そこで私は、
「あっ、『マイナーな場所』
という表現は失礼なんだ」
と思いました。

 

でも、よくよく考えてみたら、
その場にいる人たちの中で
◯◯県や☓☓県出身者がいないと知っていたから、
「マイナーな場所」という言葉を使いました。

だから私も「マイナーな場所」という表現は
失礼に当たると無意識に思っていたということです。

その県の出身者がその場にいたら、
言わないということですから。

 

どうして「マイナーな場所」
という表現をしたのかというと、
その県に転勤で住んでいたという人が、
「21:00にコンビニが閉まって
夜はすることがない」
と言っていたからです。

もし、その人が違う情報を言ったら、
私も違う表現をしていたんだろうなと
思います。

 

会話は、
人が話した内容を受けて、
それに合わせた言葉を返します。

 

特に私は、人の話に合わせた
言葉を返す傾向が強いです。

 

昔からですが、
友達がちょっと毒を吐くと
私はその言葉を受けるがために
もっと毒を吐く結果になります。

それを聞いた周りの人から
私がとてつもなくキツイ毒を吐いたと
思われます。

 

今となっては、
誰も毒を吐いていなくても、
自分から毒を吐いています。

職場でも、
「毒を吐く人」という
キャラクターになりつつあります。

 

Podcastにも
「笑顔で毒を吐く心理カウンセラー
萩原あみの孤独感からの解放メソッド」
というタイトルをつけてしまいました。

http://tinyurl.com/ydxrv888

 

私は田舎者ですが、
出身地が「マイナーな場所」だと
思っていません。

だから他人事だと思って
言ってしまったのでしょう。

 

自分で「今、毒を吐いているな」と
気づくこともありますが、
自覚なく毒を吐いていることも
あるということが分かりました。

 

人からの指摘は
自分が見えていない自分に
気づかせてもらえます。

 

人の言葉に
素直に耳を傾けようと
思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

情報を得ると自由だと感じられる

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

情報を得ると自由だと感じられる

 

 

普段不自由さを感じます。

「自由になりたい」
と、常日頃感じています。

 

会社の人が数年前に中国で生活していたときの話をしました。

住んでいる家の目の前がマクドナルドでした。
マクドナルドには簡単には入れません。
外国人だと認識したら、自動ドアが開くそうです。
中に入ったら、自動的に鍵がかかります。

 

つまり、中国人はマクドナルドに入れないのです。

 

マクドナルドに限らず、
スターバックスなどの外国の飲食店は
外国人だと認識してもらえなければ
自動ドアが開かないのです。
そして中にはいったらすぐにドアが閉まって
鍵がかかります。

 

会社の人はマクドナルドでテイクアウトするとき、
必要な人数分の2倍買っていたとのことです。

どうしてかというと、お店を出るとともに、
ストリートチルドレンがどこからか現れ、
マクドナルドの袋を奪っていくそうです。

家がすぐ目の前なのに、
その短い距離でも盗まれてしまうそうです。

最初からストリートチルドレンにあげるつもりで
2倍の量を買っていたということです。

 

私は外国の話を聞くのが好きです。

日本に住んでいると分からない、
その国々の常識を知ることができるからです。

 

中国に建っているお店なのに、
国民である中国人が入れないなんて
そんな常識が存在するんだとびっくりしました。

 

そうなると、
普段は不自由さを嘆いているけれど、
私は自分が思う以上に自由であることを
思い知らされます。

 

この映画や本、ドラマを観たときも
私は自由だと感じました。

 

この映画を観たときも
私はすごく自由なんだと感じました。

 

情報を得ると自由だと感じられます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

KALDI カップ麺

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

KALDI カップ麺

 

 

コーヒーを家で飲まなくなりました。

コーヒーメーカーも手放してしまいました。

 

だから今、コーヒー関連のものは何も置いていません。

 

コーヒーと言えば、KALDIが有名ですね。

 

よくお店を見かけますし、私の家の最寄りの駅にもあります。

でも、KALDIに行ったことがありません。


KALDIのお店に入ったことがないので、KALDIはコーヒー関連のものしか売っていないものと思い込んでいました。

 

職場の人が今日、「カルディオリジナル瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン」を
食べていました。
 

 
それでKALDIはカップ麺も売っているということを初めて知りました。

美味しそうでした。

 

「えび塩ラーメン」というのもありました。

それも美味しそうでした。

 

KALDIにカップ麺があることを一般的に知られているのかどうか分からず、また、一般的に食べられているのかどうか分からなかったのですが、食べた人が美味しいと言っていたのでお勧めします。

 

KALDIでコーヒーを買おうと思ってお店に入ったら、カップ麺に目が行って、コーヒーと一緒につい買ってしまったというパターンになりそうですね。

 

カップ麺を買いに、初KALDIを体験しようかな。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

Google MAP 苦手

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

Google MAP 苦手

 

 

Google MAPをサクサクっと使いこなせる人を尊敬します。

私はGoogle MAPが苦手です。

 

使うようになったのがかなり後発というのもありますが、
どうしても慣れません。

 

でも、地図を見て
「この地図だと絶対迷う」
というのは分かってきました。

大きな道路や目印がないと100%迷います。

 

案の定、先日も迷いました。

Google MAPでは「6分」と表示されていましたが、
実際そこにたどり着くのに20分以上かかりました。

 

しかも、最終的には
Google MAPではなく、
駅前にある地図を頼りに
たどり着くことができました。

 

どうやら
「東西南北」と標示されるのが
Google MAP苦手の要因みたいです。

 

方角を知ることが
Google MAPと使いこなせる
きっかけになりそうです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

手直しデー

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

手直しデー

 

 

今日やった仕事を振り返ってみると、
誰かが何かをやったものの
手直しをずーっとやっていました。

 

まさに「手直しデー」でした。

 

最初はすでに作ってあるチラシを、
自分たち向けの内容に変えました。

キャッチコピーを考えたり
名前や住所、連絡先を変えたり
自分たち向けの案内に変えたり
相手のことを考えた言葉を付け加えたり
ロゴを変えたり
全体的な色を変えたり
バランスを整えたり

 

変えていない部分もたくさんありましたが、
まあ時間がかかりました。

 

手直しでこんなに時間がかかるということは、
一から作るのは相当大変です。

 

手直しは土台が出来上がっているから
デザインや配置や入れる内容を
考えなくていい点は楽です。

 

ビジネスにおいても
全て自分で一から考えず、
誰かのモノマネから始めてもいいと
言われています。

 

自分用に加工するのに
時間がかかるので、
土台はどこからから
もらったほうがいいです。

 

今回のチラシも、
手直しだから数時間で終わりましたが、
一からやると1日で終わらなかったでしょう。

手直しだけでも十分疲れました。

 

こうやって仕事というのは、
ちょっとずつ他からもらったものを
自分たち独自のカラーに変え、
修正しながらより良いものにしていき、
オリジナルを作っていくのでしょうね。

そして他から真似されていくのでしょうね。

 

手直しだけれども、
チラシが出来上がった時は
達成感
充実感
安堵感
がありました。

 

いつもと違う仕事内容だったので、
いつもと違う部分の頭の筋肉を
使った感じです。

 

たまにはいつもと違う仕事をして、
頭を鍛えるのも大事ですね。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK