不機嫌に見られました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

不機嫌に見られました

 

 

Aさんから
「ちょっと聞いてもいいですか?」
と言われたので
「はい、いいですよ」
と答えました。

開口一番、
「今日、機嫌が悪いのですか」と聞かれ、
びっくりしました。

「えっ!私不機嫌そうに見えますか?」と聞いたら
「はい。感覚的なものなので、
どこがどうとかはっきり伝えられないのですが、
ずっとそう感じていました」
と言われました。

まさか今日、
人から不機嫌そうに見られていたとは
微塵も思っていませんでした。

 

自分では全くそのつもりはないのに、
人から見たら自分の意図していないように
見られていることが、
実はちょこちょこあるのかもしれません。

そしてそれはほとんどの場合、
本人に伝えないでしょう。

だから自分の心の状態と
相手が感じている自分の心の状態に
ずれが生じているのに気づかないまま
時が流れていることが多いのかもしれません。

 

今回は勘違いされていたので、
正直に聞いてもらえてよかったです。

普段から私は人に誤解される
振る舞いをしがちなのかもしれないと
反省しました。

そんな風に思わせてしまったので
Aさんに謝罪しました。

 

カウンセリングにおいても、
クライエントはカウンセラーについて思うことがあっても
遠慮して言わないことが多々あると思います。

それで誤解が生じたり、
通じ合わなかったり、
クライエントに悲しい思いをさせてしまったりで
カウンセリングが続かなかったことが
今まであったのだろうなぁと思い返しました。

 

人から違う解釈をされてしまうことを
100%なくすことはできませんが、
少しでも減らしたいと思います。

そのためには
「自己開示」
が必要になってきます。

今の気持ちを言葉で伝えることを
意識してやっていきたいと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

思うようにはいかない

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

思うようにはいかない

 

 

人の話でも、自分の話でも、
思うようにはいかないなと思う
今日このごろです。

どんなに自分の気持ちがはっきりしていても、
相手の価値観があり、
相手が求めているものがあり、
相手の環境があり、
それを自分が提供できないのなら、
どんなにお互いの気持ちが一致していても、
契約は出来ないという結果になります。

「お互いの気持ちが一致しているからいいじゃないか」と
ゴリ押ししたとしても、
その時はなんとかごまかせるかもしれませんが、
ゆくゆくは当人同士が辛くなって、
無理に推し進めたことを後悔する可能性のほうが高いです。

お互いの気持が一致しているのに
話がまとまらないのはとても切ないです。

 

昔もお互いの気持が一致しているのに
契約に至らなかったことがあります。

それを人に話したら、
「意味が分からない」
と言われてことがあります。

その時私も「意味が分からない」
と思いました。

もしかしたらその時、
「なんとかなる」と
あまり考えずに勢いで実行したら、
本当になんとかなったかもしれません。

でもそれはあくまでも仮定の話で、
その時の自分の相手の価値観がぶつかって、
タイミングが合わなかったのだと思います。

 

人が関わったら、
自分だけの考えだけでは成り立たないので、
思うようにはいかないことばかりです。

 

だからこそ、
タイミングよく相手と自分の価値観が合わさって、
環境も整って無事契約できることのほうが
奇跡だと思えるのです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

ゴージャス・ゴディバ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ゴージャス・ゴディバ

 

 

ここ数日、悩んでいました。

バレンタインチョコについて
悩んでいました。

 

これまであまりバレンタインにチョコを贈ることがなく、
みんなでお金を出し合って買うときも人任せだったので
今回は何を買ったらいいのかさっぱり分からず、
相当悩みました。

去年ある人が
「〇〇はイタリアの有名なチョコで、
大使館の間では一番贈り物に使われている」
と言っていたので、
そこのチョコを買おうと思ったのですが、
この肝心の〇〇を忘れてしまいました。

それを教えてくれた人とも疎遠になっているので
「わざわざ〇〇を聞くのもなー」と思い、
どこのチョコを買ったらいいのか検索しました。

 

お勧めチョコのブランドがたくさんあり過ぎて
却って混乱してしまいました。

個人的には、
いろいろな種類のチョコが入っていて
なおかつビターが好みなのですが、
今回買おうとしているチョコは
それとは違ったタイプのものでした。

自分の好みではないものを探すのは
なかなか大変ですね。

 

いろいろ検索した結果、
ゴディバのチョコを買うことにしました。

 

ネットで買おうとしたら大抵のお店が
「お申し込みは2月8日まで」
となっていました。

「えっ!もう8日を過ぎているから
注文できないの!」
とびっくりしました。

 

ほとんどバレンタインにチョコを買ったことがなく、
なおかつネットショップでバレンタインにチョコを
勝ったことがないので、買うタイミングとか
全然分かっていませんでした。

ネットショップの世界では、
バレンタインの1週間前には
勝負が決まっているのですね。

 

Amazonでは8日を過ぎても買えそうだったので
ゴディバのチョコレートを検索したら、
本体+送料で売っていました。

それで「送料を払うのだったら、
近くのゴディバの店舗で買った方がいい」
と思い、ネットショップは諦めました。

 

また、私は自分好みではないチョコを買いたかったので
お店の人にどれを買ったらいいのか直接相談したい
というのもありました。

 

今までゴディバでチョコレートを買ったことがないので、
今度は近くの店舗探しです。

 

ゴディバの店舗を見つけ、
店員さんに希望のチョコレートを伝え、
選んでもらいました。

購入するまでもかなり迷い、
時間をかけて選びました。

こんなにバレンタインチョコを買うのって
大変なのだとしみじみ思いました。

毎年いろんな人に、タイプ別に、
チョコレートを買っている人を
私は尊敬します。

 

ゴディバでチョコレートを無事買った後、
友達との待ち合わせしているお店に行きました。

 

メニューを見たら、
「ゴージャス・ゴディバ」
というメニューがありました。

 

「ゴージャス・ゴディバ!」

 

なんてリアルな。

しかもただのゴディバではありません。
「ゴージャス・ゴディバ」です。

 

即、ゴージャス・ゴディバを注文しました。

 

「ゴージャス・ゴディバ」は
ゴディバリキュールが入っているお酒で、
上に生クリームとナッツが乗っていて
そこにチョコレートもかかっています。

さっきまでの散々バレンタインチョコに悩んだ
私へのご褒美だと思いながら
「ゴージャス・ゴディバ」を飲みました。

美味しかったです。

 

バレンタインチョコにしろ、
誕生日などのプレゼントにしろ、
買うまでの過程はいつも悩み、
うんうん苦しんでいます。

それだけプレゼントをする相手に
喜んでもらいたいという気持が
強いのです。

なのでプレゼントを渡すときは
相手の反応が気になって
すごくドキドキします。

 

この気持ちは昔も今も変わりません。

 

あなたが人にプレゼントをするときはどうですか?

もしよかったら、エピソードをお聞かせください。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

人による

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

人による

 

 

Aさんから注意されたら何とも思わないのに、
BさんからAさんと同じことを注意されているのに
ムッとすることがありますよね。

Aさんがすると何とも思わないのに、
BさんがAさんと同じことをすると
ムッとすることもありますよね。

そういう時、つくづく
人によるんだなぁと思います。

 

行為に対しても気になるかもしれませんが、
それ以上に「誰がその行為をしているか」
ということで感情に左右されます。

 

知り合いが、ここ最近、
Bさんのミスに対して怒っていました。

あとで知り合いは、
「Aさんが同じことをしても、
”気をつけてくださいね”と声を掛けて
それで終わると思う」
と言っていました。

 

また、別の知り合いは
AさんとBさんに注意されました。

最初はどちらに対しても腹を立てていたのですが、
Aさんに対しては1日経ったら冷静になり、
「よくよく考えたらAさんの言うことが正しかった」
と反省し、元の関係に戻りました。

一方Bさんに対しては、
数か月前に注意されたことを覚えていて、
なおかつまた注意されたので
「Bさんの顔も見たくない!」
と怒っていました。

傍から見たら、
AさんとBさんが知り合いに注意した内容は
似たようなものです。

むしろBさんがした注意の方が
軽く思えます。

 

けれども知り合いにとっては
Aさんとはすぐ仲直り、
Bさんとは顔も見たくない
と思うわけです。

 

それまでの関係性が重要なのです。

それで何かきっかけがあると、
さほど気にされないのか、
余計に嫌われるのか、
その後の関係性が大きく広がります。

 

誰からも好かれることはあり得ませんが、
ミスをしたらすぐに謝るとか、
人に注意する時は感情的にならずに
淡々と伝えるであったりとか、
あまり人を傷つけないように気をつけることが
今後の人間関係に必要だと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

英語小テスト

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

英語小テスト

 

 

仕事関係で英会話の先生がやって来ました。

実は、私と英語は水と油の関係です。

ずーっと英語を聞いていると
イライラしてきます。

他の外国語も聞いているとイライラするのですが、
英語が一番イライラします。

 

そういえば、年末に
「オー!ミスタードーナツ!」
と電車の中で何度も叫んでいた
外国人家族がいましたが、
結局最後までどこの国の人なのか
分かりませんでした。

 

オー!ミスタードーナツ!

 

英会話の先生が、
参加者のみなさんに
英語のレベルを知りたいとのことで
小テストを渡しました。

英訳と和訳を合わせて計10問のテストです。

それを30分でやってくださいとのことです。

 

その時私は同僚とお話ししていて、
分からなかったことが分かった瞬間があり、
ちょっと興奮して大きな声を上げてしまいました。

するとテスト中の方から
「今テスト中なので、静かにしてもらえませんか?」
と注意されました。

面目ないと思い、
英会話の先生から小テストをもらい、
それをコピーして、
どんな問題か眺めていました。

 

分かりそうで、分からない問題ばかりでした。

元々英作文が苦手なので、自信がありません。

和訳もかなり怪しいです。

最後の和訳を見て、ついしかめっ面をしてしまいまいました。

 

This is the camera that 9 wanted.

 

「9 wanted」って何?

カメラの世界では9 wantedという言葉が当たり前なの?

それとも今流行りのアメリカドラマで使われる言葉?

それともスラング?

いやいや、流石に小テストにスラングは使わないだろう。

何てことを一人で悶々と考えていました。

 

その日は英会話の先生は小テストを回収したのみで、
答え合わせをしませんでした。

英会話の授業が終わった後、
「小テストを見ましたが、
多分私が最下位でしょう」
と話しました。

誰かが、
「最後の問題の”9 wanted”が分かりませんでした」
と言ったので、
「そうそう、カメラの機能なのか、
アメリカドラマで流行っている言葉なのか、
ずっと考え込んでしまいました」
と私は即座に反応しました。

すると他の誰かが
「あれは”I wanted”ですよ」
と教えてくれました。

 

何?

「9」ではなくて「I 」?

 

これですべての謎が解けました。

そうです。
その小テストは手書きだったのです。

先生のクセ字だったのです。

 

「う~ん手書きではなく、
パソコンでテストを作ってほしかった・・・」
と思いましたが、
「I wanted」と教えてくれた人が
「文法を理解してたら分かりますよ」
と言っていたので、
「いかにも」と
ぐうの音も出ませんでした。

 

文法を無視して、
「これはカメラの専門用語なのか?」
「アメリカで流行っている言葉なのか?」
「はたまたまさかのスラング?」
と、いつまでも「9 wanted」に
拘ってしまいました。

思い込みとは恐ろしい。

こういうことがあると、
頭がカッチカチだなと思います。

もう少し、
柔軟に物事を考えられるようになりたいです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

靴底が取れる

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

靴底が取れる

 

 

先日、家への帰り道に
突然歩きづらくなりました。

その時ブーツを履いていたのですが、
靴底が中途半端に剥がれたのです。

歩く度に
「ペタンペタン」
と音がします。

 

歩きづらいまま数歩歩いたら、
靴底が取れました。

靴底を手に持って、
家に帰りました。

 

実は、数年前から
靴底が取れるようになりました。

 

私は昔から
通勤の時と勤務中とで
靴を変えていました。

前職は勤務地が4箇所あったので、
それぞれの職場に仕事用の靴を
置いていました。

そのうちの1箇所の仕事用の靴が、
ある時靴底が取れてしまったのです。

幸い職場にボンドがあったので、
ボンドで靴底をくっつけてはまた取れ、
またボンドで靴底をくっつけてはまた取れ
を繰り返していました。

職場でこんなにボンドを使ったのは
私だけでしょう。

 

今回帰り道にブーツの靴底が取れたという
話をしたら、「歩き方が変なんじゃない?」
と言われました。

歩き方が変ということに関しては
否めません。

実際、親兄弟から
「歩き方が変」
と子供の頃散々言われました。

 

靴底が取れたという話を
今まで聞いたことがないので、
私は人と違う歩き方を
しているのだと思います。

 

そういえば、
歩き方って教わらないですよね。

物心ついたときには
すでに歩いていたので、
歩き方を教わった記憶がありません。

取り敢えず歩けているから
多少歩き方が変でも
教えないのでしょうね。

また、
歩き方を教えられる人自体も
少ないのでしょうね。

歩けたらOK
歩き方は二の次
ということなのでしょう。

 

街中で歩いている人を見ていると、
歩き方に特徴がある人に
目が行きます。

大抵
「あの歩き方、残念だな」
と思います。

 

私が人を見て
「あの歩き方、残念だな」
と思うように、
私の歩き方も残念だということです。

しかし、
自分ではどこが残念なのかは
分からないのです。

たまに意識して
自分が正しいと思っている
歩き方を実践しています。

踵から脚をつける
背筋を伸ばす
膝を伸ばす
腰から脚を出すイメージでなるべく大股で
といったことを考えながら歩いています。

その結果が
「靴底が取れる」
となっております。

踵の減り具合も
均等ではなく癖があります。

 

歩き方トレーニングをする必要がありそうです。

もし正しくきれいな歩き方をマスターしたら、
印象もグッと良くなることでしょう。

そして、靴底が取れることも
無くなるでしょう。

 

靴磨きは頻繁にはやりませんが、
やるとスッキリします。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

雪が降りました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

雪が降りました

 

 

本日、雪が降りました。

予報通りです。

 

雪の日に外出する予定がないと、
嬉しくなります。

雪の中を歩くのは寒くて体験だけれど、
暖かい部屋の中から雪を眺めるのは
結構好きです。

当たり前のように雪が降る地域に
住んだことがないので
雪が珍しいのです。

 

今日もたまに窓を開けては、
雪を眺めていました。

流石雪の日、
外の寒さは半端ないです。

 

外が寒いと、
外出するのが億劫になります。

今日は一歩も外に出なかったので
たまった仕事を進めることにしました。

 

体調も良くなったので
やろうと思っていたことを
1つ1つ進めました。

 

雪が降ったら
外に出ずに家で仕事をするに限ります。

今回はたまたまでしたが、
天候に左右されないで予定が組める環境に
身を置きたいと思いました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

誤解される人

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

誤解される人

 

 

子供の頃、私は誤解される人でした。

ただの思い込みかもしれませんが、
自分ではそう思っています。

そして
「誤解された」と思うたび
悲しい気持ちになりました。

 

私が誤解されやすいのは、
話さないからです。

話さなきゃ
相手に伝わらないです。

 

私が担当しているお客さんは
人から明るく元気いいと思われたいようです。

確かに明るく元気いいと思われているかもしれませんが、
声が大きい、うるさいとも思われているようです。

そして、遠慮なくズケズケとものを言うとも
思われているようです。

「明るく元気いい人」と聞いたら
人気者で人が集まってきそうですが、
その人の周りには人が集まってきません。

その人のキャラクターに対して
周りの人はマイナスイメージを
持っているのかもしれません。

 

連日その人に対してクレームや、
その人自身に問題発言があったので
2人で話す機会を設けました。

状況を話し、私はこう思ったということを伝え、
その人の考えやどう思っていたのかを聞いて
食い違いがないか検証していきました。

 

そこで分かったのは、
本人の自覚がなかったことや、
本人が気にしてなくて忘れていた部分がある一方、
誰よりも気づいていたり、
思っていたよりも人に気を遣っていたり、
反省していたり素直な部分も
見受けられました。

「この人は、今までかなり人から
誤解されてきたのだろうな」
と思いました。

 

今回言いづらいことを言葉に気をつけてその人に伝え、
その時どう思っていたのかとか、
こう思っていたのではないかという推測を伝え、
思いの食い違いがないか検証しながら
時間をかけてお話ししました。

それでやっと誤解だったことがわかったので、
大抵の場合自分の話したいことを話し、
相手の話をそんなに真剣に聞かないという
会話のやり取りが一般的だと思います。

それだとその人の場合、
なかなか誤解が解けないだろうなと
容易に想像できます。

その人は今までずっと
誤解されて生きてきたのだなと
思いました。

 

私みたいに言わない人、話さない人だったり、
じっくり話を聞かないと本質に気づけない人だったり、
天邪鬼の人は誤解されやすい人だと思います。

 

あまり誤解されることなく
人から好感が持てると思われる人は、
とにかく素直に自分を表現できる人
なのではないでしょうか。

もしかしたらあなたは
本当の自分を見せるのが怖いと
思っているのかもしれません。

でも、
自分を隠せば隠すほど、
誤解されるだけです。

 

「これが自分」と思う自分を見せても
あなたを好きていてくれる人はいます。

だから、
ほんの少しの勇気で良いから
ありのままの自分を見せることが出来たら、
今より人から好意を持たれます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

良い性格、悪い性格

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

良い性格、悪い性格

 

 

生まれつき性格について学んでいます。

 

 

生まれつき性格には
「幸・不幸はない」
と言われています。

そして、生まれつき性格は
一生変わりません。

 

次に0~3歳までにほぼ形成される
育てられ性格があります。

ここで「幸・不幸」が出てきます。

この0~3歳までの間に、
どれだけ自分が愛されたと感じられたか、
ここで幸か不幸か分かれます。

どんなに親や養育者が
愛情たっぷり育てたとしても、
本人は愛情を貰ったと感じなければ
幸せに離れないのです。

3歳までは物心がついていない場合が多いので、
本人が自覚していなくても無意識に
自分は幸せと感じているのか、
自分は不幸と感じているのです。

次に習慣的性格があります。

こちらは読んで字のごとく、
社会生活を送っていく中で、
どのような習慣を持っているかで
人からどういう性格なのか
判断されます。

習慣的性格は、
「良い性格、悪い性格」と
人から思われる部分です。

本人が普段どのように振舞っているかで
「あの人は良い性格だ」
「あの人は性格が悪い」
と人から判断されるのです。

 

生まれつき性格に
幸・不幸も
良い・悪いもないけれど、
育てられ性格と習慣的性格が加わると、
本人は幸せで、他人からは性格が良いと思われる
本人は幸せで、他人からは性格が悪いと思われる
本人は不幸で、他人からは性格が良いと思われる
本人は不幸で、他人からは性格が悪いと思われる
の4パターンに分かれます。

職場ではグループで活動することがあります。

ずっと同じ人たちとグループを組むのではなく、
日々メンバーが変わります。

 

グループになるといろいろなタイプの人と
共同作業することになります。

そうなると、自分とは性格が違うので
理解できない人
一緒にやりづらい人
が出てきます。

 

Aさんは好き嫌いがはっきりしています。

やりたい仕事とやりたくない仕事が
はっきり決まっています。

グループで分担して仕事をするとき、
「〇〇をやります!」
と宣言します。

この文章だけだと
「自分でやる仕事を宣言しているから
別に問題ないじゃない」
と思うかもしれませんね。

 

同じグループの人は
〇〇さんが相談せずに自分のやりたい仕事をすると
宣言してその場から離れてしまうので、
やりたくない仕事が残されるのです。

Aさんがやりたくない仕事は、
他の人もやりたくないのです。

そこで同じグループの人は思うのです。
「Aさんはズルい」
「Aさんは楽な仕事ばかりしてサボっている」
「Aさんと同じグループだとやりづらい」
「Aさんと同じグループになりたくない」

もしかしたらこう思っている人もいるかもしれません。
「Aさんのことが嫌い」
「Aさんは性格が悪い」

 

このAさんの言動は習慣的性格の部分ですね。

Aさんはこのような場面があると、
今までやりたくない仕事を避けるために
やってもいい仕事を宣言して、
パーッといなくなって、
他の人にやりたくない仕事をさせてきたのでしょうね。

Aさんが我が道を行く人で、
他人からどう思われても構わないと
思う人ならAさんは幸せなのでしょうが、
Aさんはみんなから好かれたいと思っています。

そのAさんの思いは叶えられていないのです。

そうなると、Aさんは不幸ということになります。

 

習慣を変えることはなかなか難しいことなので、
Aさんは今までこのような状態に身を置いていたのだと思います。

人から好かれるためには
人から良い性格と思われるためには
勇気と覚悟を持って
習慣的性格を変える必要があります。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

8つのタイプ診断で天職を知る

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

8つのタイプ診断で天職を知る

 

 

サイトの記事で
「”わが子の天職”が8つのタイプ診断で判明」

というのを最近見つけました。

私は以前から自分の天職に興味があり、
天職をビジネスにするというスクールにも
入ったことがあります。

カウンセラーになりたいと思ったときから
勝手に「私の天職はカウンセラーだ!」
と思うようにしています。

そして、天職を見つけたかったからなのか、
今までずっと転職を繰り返していました。

 

8つのタイプ診断で天職を知ることができるということで、
早速テストしてみました。

子供の頃どうだったかという設問で、
小学校時代の自分を思い出しながら
◯か☓か答えていきました。

答えながら、
カウンセラーとは全く違う職業が
天職という診断結果がでたらどうしようと
ドキドキしました。

 

8つのタイプの代表的な偉人はこちらの方々です。

  • マザー・テレサ
  • 織田信長
  • 豊臣秀吉
  • ウィンストン・チャーチル
  • パブロ・ピカソ
  • ベートーヴェン
  • 西郷隆盛
  • 徳川家康

それぞれ第1位~第3位まで
タイプ別の天職が載っています。

「音楽・映画」
「建築・インテリア」
「マスコミ・出版」
「金融」
「旅行」
「スポーツ」
「生き物」
「接客・販売」
「モノ作り」
「ファッション・美容」
「公務員」
「アート・ゲーム」
「IT・WEB」
「花と緑」
「大きな自然」
「法律」

職業のジャンルを見て、
「さて、心理カウンセラーはどれに
当てはまるのだろう?」
と考えました。

「接客・販売」
「生き物」
でしょうか?

となると、「豊臣秀吉タイプ」が
2位「接客・販売」
3位「生き物」なので、
一番心理カウンセラーが天職のタイプ
なのかもしれません。

 

残念ながら、
私は豊臣秀吉タイプではありませんでした。

豊臣秀吉と私とでは
何一つ被るところがなく、
似ても似つかないです。

 

自分のタイプを見てみると、
確かに子供の頃の自分は
そっち系の職業に就きそうなことばかり
していました。

いつも絵を描いていましたし、
熱中するとハマりすぎて
中毒になるくらいのところが
ありましたし、
理数系が得意でした。

私は誰にも相談せずに自分で
「こんな専門的な職業を目指しても
途中で挫折するに決まっている」
と決めつけて、
得意なことや好きなことに手を出さず、
周りの女子がやっていることの輪に
入っていきました。

それが却って茨の道を
進んだことになったのかもしれません。

苦手分野を普通にできるようにすることは、
得意分野をさらに伸ばすことより
難しいのです。

それでどこで働いてもしっくり来ず、
転職を繰り返してきたのでしょう。

 

もし、あなたが
ご自身の得意分野を分かっているのだとしたら、
周りに流されずに、周りに影響されずに
周りの声に耳を傾けずに
そのままの道を突き進んで行っていただきたいと
切に願います。

あなたの人生なのですから。

得意分野を気の済むまで突き進んで行ったら、
たとえ途中で諦めることになったとしても、
周りの影響で突き進まなかったことを
選んだよりは後悔しません。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK