職場の人に嫌われる

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

職場の人に嫌われる

 

 

少し前に、前職の同僚とお話しました。

その時、お互い職場のある人に嫌われていたという話をしました。

 

前職の同僚は、なぜその人から嫌われているかわからないとのことでした。

その人に話しかけても、完全無視されていたとのことです。

仕事のことを聞きたくても完全無視されるのですごく困ったとのことでした。

 

私は別の人から嫌われていたのですが、
幸い仕事のことを聞いたら教えてもらえてたので
仕事に支障はなかったです。

 

職場でも、それ以外でも全員から好かれることはありません。

自分が苦手だと思ったら、相手も自分のことが苦手だと思っておいたほうがいいです。

 

私はどういう人に嫌われるのか、大体タイプは決まっています。

「自分が一番でいたい人」に私は嫌われます。

 

「◯◯さん、◯◯さん」と慕ってくる人が
その人にとって大好物だと思います。

私はそのような人を見ると、
「自分が一番、自分が人気者だと思いたいのだな」
と思ってしまい、
そのような人に近づくと後々面倒なことが多くなると
思っているので
私はそのような人に近寄らないようにしています。

 

そうすると、その人は
「◯◯さん、◯◯さん」と慕って来ない私を
気に入らないと思います。

そして私はそのような人に嫌われるという流れになります。

 

あなたは苦手な人のタイプ、自分を嫌う人のタイプを
把握していますか?

 

今の職場にもそのようなタイプの人がいるのですが、
この度私の想像以上にその人が私のことを嫌っていることが判明しました。

中途入社したばかりの人に、
私の良くないところをいろいろ話したらしいです。

当然、中途入社の人は
私に良くない印象を持つことでしょう。

また、中途入社の人が私に対するイメージが
アップする可能性は限りなくゼロに近いと思っています。

最初に持った印象を覆すのは難しいことです。

 

その人は、私を辞めさせたいのかもしれませんね。

 

「自分が一番でいたいひと」に嫌われてしまうのは、
かなり危険なことかもしれません。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

罵倒され、欠点を言われました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

罵倒され、欠点を言われました

 

 

今日、罵倒されました。

私の欠点をことごとく言われました。

相手はすごく私に怒っていました。

 

なぜ相手は私に怒っているのかと言うと、
「私が相手の思うように動かないから」
です。

 

私としては、直接自分に関係のないことで、
ちょっと手伝う程度のつもりでいたので、
正直、そこまで期待されても困るわけです。

罵倒された私は
怒ったというよりも
悲しくなりました。

「何でそこまで言われなきゃいけないんだろう?」

そこまで言われる筋合いはないと思いました。

 

こっちは逆ギレすることなく冷静に対応しましたが、
2時間近くも罵倒され、欠点を言われ続けたので、
すっかり気持ちが萎えてしまいました。

テンションが下がって、
抜け殻状態になりました。

相手の言っていることを
しっかり聞けなくなりました。

 

まさかこんなに罵倒されるとは思ってもみなかったので
ショックが大きすぎて気持ちが全然切り替えられず、
早く相手から離れようと思いました。

この感覚は久しぶりでした。

母親から怒鳴られたり欠点を言われ続けられていたので
親と住んでいた時はこの感覚をよく味わっていました。

だから実家を出ようと思いました。

自分の精神衛生上よろしくないと思ったのです。

実家を出たらこの感覚に陥ることは減りましたし、
親のことも気にならなくなりました。

 

罵倒されてから数時間立ちましたが、
まだ悲しみから立ち直っていません。

 

明日もこの感情を引きずるかもしれません。

職場でテンションが下がっていて、笑えなくて、
もし「元気ないね、どうしたの?」
と誰かに聞かれても、きっと私はごまかすでしょう。

職場の人に
「昨日2時間近く罵倒&欠点を言われ続けた」とは
言えません。

 

人に何かを言われたらごまかしますけど、
自分の気持ちはそのまま受け止めようと思っています。

悲しかった

傷ついた

落ち込んだ

心がざわざわした

涙が出た

散漫していた

動揺した

頭がボーッとした

私は今、こんな状態なんだなぁ

私は私の一番の味方でいます。

明日笑えなくても大丈夫。

 

あなたもあなたの一番の味方でいてくださいね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

人と会うとき

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

人と会うとき

 

 

人と会うとき、
例えば一緒に食事や飲みに行くときは
事前にお店を調べたくなります。

そして予約をしておきます。

 

以前は飲み会の1次会に行って、
2次会はお店が決まっていなくて
適当に歩いて決めたりしていましたが、
今は2次会に参加しなくなったので、
適当にお店を決めるということがなくなりました。

だから今、人と会うときに
お店を決めずに歩いて適当に決めるということを
やらなくなっています。

 

人と会う約束をしたのですが、
「楽しみにしています」と連絡がありましたが、
その文章を見て「で?」と思ってしまいました。

明日何時?
明日どこのお店?

それを尋ねてみたら、
「決めていません」
と返事が来ました。

「決めてないんかいっ!」
とびっくりしてしまいました。

 

そこで
「私は人と会うとき、事前に時間とお店を
決めておきたいんだな」
ということに気づきました。

それが当たり前だったので、
その感覚ではない人とやり取りしてみたからこそ
そこに気づけました。

 

お店を決めるのにダラダラ歩いたり
考えたりする時間が
嫌なんでしょうね。

その時間が楽しいと思える人と、
時間の無駄だと思う人が
いるのでしょう。

 

人と関わると自分が発見できます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

双方の話を聞く

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

双方の話を聞く

 

 

今まで、Aさんの過去の話を
Aさん自身から聞いていました。

正直、
「本当に?」と、
不信に思うことがありました。

前回話したときと内容が微妙に違っていたり、
以前は「2~3日」と言っていたのに
今回は「2~3週間」と、
期間が長くなっていることもありました。

 

だからずっと、
別の人からAさんの過去の話を聞いて、
Aさんの言っていることが合っているのかどうか
すり合わせがしたかったのです。

 

今回待ちに待ったその機会がやってきました。

 

過去のAさんを知っているBさんに、
どうしても確認したかった3つの質問をしました。

Bさんの話を聞いて、
やはりAさんは自分の過去を
書き換えていました。

想像通り、いや、
想像以上に話が違っていました。

 

Aさんの場合は明らかにご自身の主張が
都合よく歪められているということが分かりましたが、
こういうことって日常的にあると思います。

本人が思う過去と、
他人が見るその人の過去は
必ずしも一致するわけではありません。

今回の件に関しても、
もしかしたらBさんの都合のいいように
Aさんの過去が書き換えられている可能性もあります。

 

このような出来事を目の当たりにすると、
「真実ってほとんど存在していないのだなぁ」
と思います。

 

情報を得る時、
一方だけの話を聞くのではなく、
双方の話を聞くことが大事です。

それぞれの価値観や信念で語っているので、
話に食い違いがあるのも当然です。

そして、
私の価値観や信念で
最終的に判断するのです。

 

そう考えるとやはり、
真実は1つではないですね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

変なところばかりで働いているねと言われてきました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

変なところばかりで働いているねと言われてきました

 

 

会社で働いている時、
プライベートで人に会うと
会社の話をします。

 

今回もプライベートで
今勤めている会社の話をしました。

すると、
「あんたって、変なところばかりで働いてるね」
と言われました。

 

私はよく、この言葉を言われます。

それを言われる度に
「確かにそうだ、何でだろう?」
と思っていました。

 

しかし、
今回は「ちょっと待てよ?」
と、考え直しました。

 

あなたはどんな時に
仕事の話をしますか?

なにか事件が起こった時
特別なことがあった時
特殊なことがあった時
印象に残ったことがあった時
などではないでしょうか?

例えば、
今日部長に「おはようございます」
と挨拶したら、
部長が「ああ、おはよう」
と挨拶を返してくれた
というような日常的な出来事を
プライベートでわざわざ話さないですよね。

特に私は、
元々そんなに会社の話をしません。

よっぽどの出来事がない限り話しません。

 

そうなると、聞く側としては
すごく特殊な職場と捉えるのではないでしょうか。

 

職場にはいろいろな人が働いているわけですから、
自分とは違う価値観の人がわんさかいます。

内勤の場合、長時間その人たちと過ごすわけですから、
えっ!
あれ?
まさかっ!
考えられない
何で?
理解できない
どうしてそんなことするの?
信じられない
なんて思うことは日常茶飯事なのです。

 

どこで働いたって、同じです。

だから私は変なところばかりで働いているわけではなく、
極めてフツーの職場で働いていたということです。

 

いわゆるブラック企業と言われるのは、
長時間勤務
休みが少ない
休日出勤がある
休日出勤の振替ができない
有給が取れない
残業代が出ない
急な呼び出しがある
などではないでしょうか。

私は長時間勤務や休日が少ない、
残業があるのに残業代が出ない職場を
選ばないようにしてきたので、
身体の負担やお金のストレスは
あまり感じずに済みました。

 

私が「変なところばかりで働いている」
と言われる所以は
「職場の人が変な人」
ということになります。

私がプライベートで会社の話をする時は、
悩んでいるわけでも
深刻なわけもないので
「職場でこんな人がいるんだよー」
という軽いノリで
知らない人が聞いても分かりやすく、
職場の人にあだ名を付けて
面白おかしく伝えているつもりです。

 

その伝え方が却って
「あんたの職場って、変な人ばかりいるね」

「あんたは変なところばかりで働いているね」
になってしまったのでしょう。

 

これからも何か気になったことがあった時、
プライベートで会社の話をすると思います。

そしてきっとまた、
「変なところばかりで働いているね」
と言われることでしょう。

それを言われても
「私が特別変なところで働いているわけではない、
こんなのフツーフツー」
と思えそうです。

 

今日の内容の動画はコチラ↓

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

ここ最近楽しくなった理由

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ここ最近楽しくなった理由

 

 

ここ最近楽しくなったのには理由があります。

ひょんなことから、人に連絡を取るようになったからです。

 

私は元々出不精で、人と連絡を取りたがりません。

面倒というのもありますが、
「嫌がられたら、断られたらどうしよう」
と思ってしまうから、
人に連絡しないというのもあります。

 

だから今回人に連絡を取るという行為は、
私にとって一大決心したと言っても
過言ではありません。

人と連絡を取るようにしたからこそ、
わかったことがたくさんあります。

 

まず、誰も私から連絡が来ても嫌がりませんでした。

みなさん私と会ってくれました。

かなり疎遠になっていた人たちなので、
会っていろいろお話しができ、
楽しい時間を過ごせました。

「ああ、思い切って連絡を取ってよかったな」と
心から思いました。

 

きっかけがないと連絡って取りづらいものです。

今回のひょんなことに感謝です。

 

人と会うようになり、
人と話すようになり、
ひろいろな情報が得られました。

ブログのネタにもなります。

 

自分がこんな楽しい気持ちになれたのは、
人と関わったからです。

人と会うようになったおかげです。

 

また、私独自の特徴だと思いますが、
毎日同じ人と会うと飽きてしまいます。

ある人から
「1対1で話すのは、最大90分位が望ましい」
と言われました。

そのくらいの時間だと、
「楽しい、もう少しこの人と一緒にいたい」
という気持ちで別れられるからです。

それ以上一緒にいると
一緒にいて楽しい気持ちのピークが過ぎてしまい、
下り坂の気持ちのときに別れてしまうので、
「楽しい」よりも「疲れた」という気持ちの方が
強まってしまうのです。

 

そう言えば、
学生時代一次会で楽しく飲んでいて、
楽しいからそのまま二次会に行って、
終電の時間が過ぎてオールすることになり、
楽しい気持ちがだんだん中だるみになって、
最終的には眠くて疲れて朝帰りするという
パターンに毎回陥っていました。

あの時は
「今帰ったら、もしかしたらこの後
もっと楽しいことが起こるかもしれない」
という気持ちがあって残っていたけれど、
この後もっと楽しいことなんて
起こったことはありませんでした。

 

楽しい気分がピークのときに
別れて名残惜しくなるくらいが
ちょうどいいのです。

だから今、人と久しぶりに会っても
楽しい気分のときに別れるようにしています。

90分、長くても120分を目安にしています。

 

ちなみに、カウンセリングの最大時間も
120分にしています。

なぜなら、人は120分以上集中して人の話を
聴けないからです。

 

あなたも疎遠になった人に
「どうしてるのかなと思って」
と、連絡してみてはいかがですか?

新たな情報が得られること必至です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

苦手な作業

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

苦手な作業

 

 

基本的に作業は覚えてしまえば黙々と出来るので
自分では得意だと思っているのですが、
今回自分の苦手な作業を見つけました。

 

私は全く参加しなかったので内容を後で知ったのですが、
このような作業を他のみなさんはしていたそうです。

 

先週、各々が好きな瓶を選んでその中に
草花などを入れてデザインや見栄えなどを考えて
作っていました。

ハーバリウムって知っていますか?

それを作る初期段階をやっていました。

こんな感じです↓


 
その先週作った瓶の中に
デザインして入れた草花などを
一旦全て瓶の中から取り出し、
先週使った瓶よりさらに小さい瓶に
同じ量の草花をデザインして入れるという作業を
今週やっていました。

それだけだったら
私もさほど抵抗なく
作業できると思います。

 

みなさんがやっていたのは、
別の人が作った作品を
小さい瓶に全て移し替えて
デザインし直すということでした。

つまり、
先週Aさんが作った作品を
Bさんが中身を全部取り出して
別の瓶に同じ草花を使って
デザインし直すということです。

Aさんも同様に
先週Bさんが作った作品を
デザインし直すのです。

 

私はこの作業の意図が
いまいち分かりませんでした。

その作業をさせた人に
「この作業の目的は何ですか?」
と聞いたら、
「限られた材料で作り直す練習」
と言っていましたが、
自分の作品ではなく
人の作品を作り直すのは
気を遣いますし、
抵抗があります。

モノづくりの世界では、
人の作品を全て壊して
作り直すというのが
一般的なのでしょうか?

人が選んだ材料で作り直すと
創造力がつき、
お互いの作品を見ることで
イメージやデザイン性が広がる
ということなのでしょうか?

 

創造性が必要とする作業が苦手ということが
今回よく分かりました。

そして創造性以上に、
人がせっかく作り上げたものを
自分の手で壊し、
全く別のものにすることに
すごく抵抗があることに気づきました。

 

同じ作業でも
得意なものと
苦手なものがある。

もし苦手と思っているものでも、
内容によっては
得意なものもあるかもしれません。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

会うとモヤモヤが吹っ飛びます

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

会うとモヤモヤが吹っ飛びます

 

 

FacebookやLINEを使うようになってから、
知らない人と繋がるようになりました。

私はいまだに会ったことのない人は
知らない人としてカテゴライズします。

 

だからグループの中で
1人でも会ったことがない人がいると、
一切発言しません。

もし、グループ内で会う機会があると
私は積極的に参加します。

会うと安心するのです。

 

知らない人に限らず、
知っている人に対しても
文章のやり時だけだと
モヤモヤすることがあります。

変に勘ぐってしまうのでしょうね。

文章のやり取りでモヤモヤしているので
会う前は気が進まず億劫になります。

でも、会うとモヤモヤが吹っ飛びます。

会って良かったと思います。

 

やはり私は仕事もプライベートも
SNSやメールや電話のやり取りよりも
実際会って話したほうが良いみたいです。

カウンセリングも
メールカウンセリングが一番苦手で、
次に電話カウンセリングが苦手です。

対面カウンセリングが一番安心します。

 

この考えは時代に乗っていないのでしょうね。

将来はバーチャルで人とのやり取りが事足りるように
なりそうです。

 

時代の流れに乗ることはとても大事なので、
「対面じゃないと嫌」という考え方は
捨てたほうがいいですね。

これからは少しずつ、
SNSで発言していって
慣らしていこうと思います。

いづれは文章でモヤモヤしないように
なりたいです。

 

文章のみの情報ですし、
文章は何度も読み返せるので
変に裏読みしたり
勘ぐったり
真意を読み取ろうと
していたような気がします。

そんなに人は深く考えていないと思い、
言葉のように聞き流せるようになると
無駄にモヤモヤしなくなりそうです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

カウンセリング内容を人に話す(その1)

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

カウンセリング内容を人に話す(その1)

 

 

以前知的障害者のカウンセリングは難しいと
ブログに書きました。

 

知的障害と精神遅滞

 

今回知的障害者の人のカウンセリングをしました。

基本的に対象者全員カウンセリングしているので、
その人のカウンセリングをしましたが、
本音を言えば、その人にはカウンセリングしないほうがいいと
思っていました。

 

わたしその人に対して、
「知的障害の診断を受けているけれども
自分が知的障害者であることを認めておらず、
それがその人の一番の問題である」
と思っていました。

カウンセリング後、
その人は他の人に
「自分は知的障害?」
と聞いていました。

聞かれた人は聞き取れなかったらしく、
「え?」という顔をしたら、
その人はまた近くにいた人に
「自分は知的障害?」
と聞きました。

聞かれた人は
「誰がそう言ったの?」と聞いたら、
「萩原さんが自分のことを知的障害と言った」
と言いました。

その人はカウンセリング内容を人に話しました。

 

そのやり取りをわたしは聞こえていたので、
何とも言えない嫌な気持ちになりました。

その人はカウンセリングを受けて
「萩原さんに知的障害だと言われた」
と解釈し、それが一番印象に残ったのでしょう。

 

わたしができればその人のカウンセリングは避けたいと思ったのは、
これだと原因がはっきりしました。

カウンセリング内容を人に話す。

 

その人が
「萩原さんに知的障害と言われた」と他の人に伝えることによって、
それを聞いた人が後でわたしに
「何でそんなことを言ったの?」
と聞かれたり、怒られたり、責められるんじゃないかと思い、
正直ビビりました。

 

きっとその人は
「自分は知的障害?」
「萩原さんに知的障害と言われた」
となるべくたくさんの人に言って、
「違うよ」
「あなたは知的障害者じゃないよ」
と言ってもらいたかったのだなと思います。

 

カウンセリングはクライエントがどうしたいのかが
大事です。

本人が今のままでいいのであれば、
これからも今のままです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

久しぶりなのでどう接していいのか分かりません

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

久しぶりなのでどう接していいのか分かりません

 

 

学校や教育や福祉とはほとんど関わって来なかったので、
今の学校の常識があまり分かっていません。

 

昔は養護学校と言っていたけれど、
今は特別支援学校と言うようになったとか

放課後デイサービスという存在を
初めて知ったりとか

テレビや文字などで、
昔は「障害者」と表記されてたけれども
いつの間にか「障がい者」とか「障碍者」という
表記に変わっていることは気づいていました。

「害」という漢字に不快感を持つ人が
多いのだろうなと想像していました。

 

私はメンタルクリニックに勤務していたので
そこには発達障害の人たちが受診していましたし、
実際その人たちのカウンセリングもしていたので
関わったことはあります。

でも、知的障がい者の人たちとは
中学3年生以来全く関わって来ませんでした。

なぜ中学3年生なのかというと、
中学1年生と2年生の時はクラスメートに
知的障がい者がいたからです。

 

去年から知的障がい者の人と
ガッツリ関わることになりました。

知的障がい者と関わるのは久しぶりなので
どう接していいのか分かりません。

 

この間たまたま精神科医と話す機会がありました。

私:最近知的障がい者と関わることになったのですが、
関わるのが中学2年の時以来なので
どう接していいのか分かりません。

ドクター:精神科は基本的に知的障がい者とは関わらないね。
発達障害者が精神科、知的障がい者は福祉という風に分かれるからね。
知的障がい者はカウンセリングが効かないし。

私:やはりそうですよね。
知的障がい者の人にカウンセリングしても効果はないのでしょうか?

ドクター:行動療法ならいいと思うよ。
出来たらとにかく褒める。

 

 

ドクターと話して「なるほど」と思い、
少しスッキリしました。

 

知的障がい者の人との接し方は
相変わらず分かりませんが、
そもそも専門外なので
分からなくて当たり前と
思うようになりました。

その人が
何かをやったら
何かが出来たら
その都度褒めるようにしました。

 

その人との出会いも
何かを学ぶために
必要なものなのでしょう。

もしかしたらこの出会いは
私の人生が変わるきっかけに
なるかもしれません。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v