反省(2回目)

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

反省(2回目)

 

 

昨日今日、反省だらけの日でした。

今回は2回目の反省話です。

1回目の反省話はコチラ↓

反省(1回目)

昨日「アサーション」のプログラムに
参加した人から電話がかかってきました。

電話に出たときから
その人は既に怒っていました。

 

「アサーション」のプログラムで
最初にアサーションの説明をし、
次に私が持ってきた事例をもとに
アサーションをグループで考えてもらい、
最後に参加者に事例を考えてもらい、
その中から1つの事例を選んで
グループでアサーションをする
ということをしました。

 

電話を掛けてきた人は
いくつか不満を話しましたが、
その中の1つに
選ばれた参加者の事例が
気に入らないと言いました。

 

どういう事例だったのかというと、
大学時代アルバイトをしていて、
試験前はお休みする申請を出したのに、
直前になって店長から
「人手が足りないからシフトに入ってくれ」
と言われ、断りきれなくてバイトに入り、
大学の単位を落としてしまった
という内容でした。

本人が伝えたかったことは
「試験前はできればバイトに入りたくないけれど、
人手が足りないのは分かっているので
2~3時間だったら入ります」
ということでした。

 

電話を掛けてきた人は
この内容に対して、
「アルバイトでも仕事なんだし、
店長から頼まれたら文句言わずに
バイトするべし」
「そんなにバイトに入りたくないなら
そのときはっきり断ればいい」
と不満をぶちまけていました。

 

昨日のアサーションのプログラム中に
代表で選んだ事例でしたが、
その事例に対する不満がある人がいたことに
その時は気づきませんでした。

反省しました

 

アサーションとは何かを伝えるときの例題として
このあと用事があり、
仕事も終わったので帰ろうとしたら
上司に残業を頼まれ
断れなくて残業をした
というのがありました

 

電話を掛けてきた人は
この例題に対しても
「仕事なんだから、
上司から頼まれたら文句言わずに
残業するべし」
「そんなに残業したくないなら
そのときはっきり断ればいい」
と不満を持つはずです。

でもきっと、
電話を掛けてきた人は
この例題には不満を持っていないと思います。

 

電話を掛けてきた人は
事例に不満があるのではなく、
その事例を出した人に対して
不満があるのです。

その人がどんな事例を出そうとも、
電話を掛けてきた人は不満を持って
電話を掛けてきたと思います。

やはり人は感情的な生き物です。

 

そして電話を掛けてきた人は
怒り口調で何度もいくつかの不満を繰り返します。

 

電話を掛けてきた人の不満を否定せずに
話を聞いていました。

話していくうちに落ち着いてくるかなと
思いましたが私の考えが甘く、
1時間以上経ってもまだ怒り口調でした。

 

今思うと、
否定せずに相槌を打って話を聞くだけでなく、
相手の言葉を繰り返して
要約して
共感の言葉をかけたら
電話を掛けてきた人の怒りが少し
おさまったかもしれません。

関わり度合いが足りなかったと
反省しました。

 

カウンセリングスクールで
頷き
相槌
繰り返し
要約
のロールプレイングを何度もやりましたが
今回それが全然活かされませんでした。

 

 

あと、私は電話を掛けてきた人の
カウンセリングをしないと決めているので
無意識にカウンセリングスキルを
使わなかったのかもしれません。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

ハロウィンにケーキ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ハロウィンにケーキ

 

 

今日はハロウィンですね。

今日も渋谷は大賑わいなのでしょうか。

あまりハロウィンだからって意識したことはなく、
仮装もしたことがありません。

今年もハロウィンだから何かをすることはなく、
いつも通りに過ごすものだと思っていました。

 

そうしたら、
職場の偉い人が
ケーキを買ってきてくださいました。

ケーキはずっと食べていなかったので
とても嬉しかったです。

明らかに私が一番喜んでいて、
ワクワクしながら
「見てもいいですか?」
と偉い人に聞いて了承を得ました。

 

入っていたケーキは3種類で

モンブラン

季節のモンブラン

季節のタルト

でした。

 

季節のモンブランはカボチャで作られていました。

さすがハロウィン、とても美味しそうです。

季節のタルトは柿でした。

柿は大好きですし、今年はまだ食べていません。

 

ケーキの数はモンブランが1個で、
季節のモンブランは3個、
季節のタルトは2個入っていました。

 

偉い人は
「女性から選んでいいよ」
と言ってくれました。

1人目は季節のタルトを選びました。

2人目は季節のモンブランを選びました。

私はどれも美味しそうと思いながら
モンブランを選びました。

 

最初にケーキを見た時は、
「せっかくの季節ものだから
季節のモンブランか季節のタルトだな。
あ、今日はハロウィンだから、
やっぱり一番ハロウィンらしい
季節のモンブランを選ぼうかな」
と思っていました。

 

1人目の人は、自分が一番食べたい
季節のタルトを選んだのだと思いました。

2人目の人は、自分はどれでもいいから、
次以降の人が3種類全てから選べるように
季節のモンブランを選んだのだと思います。

もし2人目の人も季節のタルトを選んだら、
残りはモンブランと季節のモンブランの
2種類になってしまいますから、
気を遣ったのだと思います。

 

彼女たちの性格を鑑みて
きっとそういう心理が動いているのだなと
感じたのでした。

 

そこで私は
それまで季節のモンブランを選ぶつもりだったのに、
瞬時に考えを変更してモンブランを選びました。

 

それはなぜかと言うと、

 

私の頭の中で
「単独でいたい」
という気持ちが強く働いたからです。

 

モンブラン以外は
誰かと同じケーキを食べることになります。

「季節もの」だとか
「ハロウィンだから」とか
一時のものに左右されず
スタンダードでいたいと思ったからです。

もともと私はモンブランが大好きで、
私の中でモンブランと言ったらマロンなのです。

カボチャではないのです。

カボチャはここ最近
カボチャのロールケーキとか
カボチャサラダとか
散々食べてきました。

もういいです。

いつものマロンで作られた
美味しいモンブランが食べたいのです。

 

 

↑モンブランタルトだなんて、
最高です!

 

一人で違う種類のケーキを
美味しくいただきました。

 

ハロウィンでケーキを選ぶ状況で、
私はこの環境でどうしたいのかを
はっきり感じるなんて
思っても見ませんでした。

このちょっとした日常で
ケーキを選ぶという出来事一つ取っても
その人の性格や価値観が
現れるのだなぁと思いました。

 

ちなみに私の後にケーキを選んだ人は
「糖質が少なそうだから」と言って
季節のタルトを選びました。

 

 

この選び方も性格が現れていると感じました。

 

その結果、季節のモンブランが2つ残り
その後の人はケーキを選ぶことなく
季節のモンブランを食べることになりました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

嘘をついていると説得しきれない

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

嘘をついていると説得しきれない

 

 

採用面接の練習をしている人がいて、
私が直接練習の相手をしているわけではなく、
練習相手の方からこんな受け答えをしていたと
事後報告を受けて感じたことがありました。

よく、面接はハッタリであるであったり
話を盛るという話を聞きます。

しかし、
報告を受けた内容は、
ハッタリにしては
嘘ばかりだなと思いました。

もし、
嘘の部分を突っ込まれたら
うまく切り返すことができるのかなと
思いました。

本人を見る限り、
器用なタイプではありませんので、
もし嘘をついている部分を突っ込まれたら
アワアワして同様が隠せなくて
つじつまの合わない話をしてしまいそうです。

嘘をつくと、
またその嘘を守るために
さらに嘘の上塗りをします。

嘘をついている本人が
だんだん苦しくなります。

 

面接に受かるためには
そんなに嘘をつかないといけないのかと
悲しくなりました。

嘘をついていると説得しきれないから、
言葉が上っ面になって、
情熱が伝わらなくて、
却って不採用になってしまう気がします。

たとえ
嘘を突っ込まれなくて
採用されたとしても、
本当にその会社と相性がいいのか
疑わしいところです。

 

採用されるかどうかは
受ける側の人間性の問題ではなく、
その会社がどんな人材を求めているのか、
それに面接者が合致しているかどうかを見ます。

自分を着飾って、
良く見せようとしても、
どこかでボロが出てしまう
ような気がします。

 

一方、
私はある人達に
内緒にしていることがあります。

私の気質は
「嘘をつくくらいなら
黙っていたほうがいい」
という考えがあります。

 

 

黙っていることも結局、
辻褄を合わせるために
時と場合によっては
嘘をつく結果になります。

 

内緒にしていることがあるが故、
上っ面の理由しか言えず、
説得しきれないことがありました。

何が合ったのかざっくり説明すると、
人が見たら私がやるべき役割があるのですが、
私が内緒にしているある事情により、
その役割を担うのが正直難しいため、
誰かにその役割を代わってほしい
という内容です。

 

もっと相手に
「お願いだから代わってくださいよ」
とゴリ押ししたら
相手は根負けして役割を
代わってくれそうでしたが、
説得しているときに
相手の様子を見てたら
明らかに代わりたくなさそうでしたし、
私の説得が弱いから
「それくらい自分でやってよ」
と思っている感じがしました。

 

大事な部分を内緒にしていることで、
傍から見ていると
私が我儘言って
自分がすべき役割を
他の人に押し付けているような
絵面になっていました。

 

私の気分もモヤモヤしたので、
やはり大事な部分は
嘘をついたり内緒にしてはいけないなと
思いました。

しみじみと、
嘘をついていると
肝心なことを黙っていると
相手を説得しきれないなと
身を持って知りました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

完全に悪循環

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

完全に悪循環

 

 

カウンセリングをしていく中、
「自分のことが好きになれない」
という人に出会います。

自分のことが好きじゃない
自分を卑下している人は
人との関りの中で
「私なんか」
「私ごときが」
という気持になっていることが
多々あるのではないでしょうか。

そうすると
人から親切にされたり
人が手を差し伸べたり
人から大切にされても、

「私なんか」
「私ごときが」
という気持が先立って
素直に受け入れられず、
却って相手を悲しくさせて
しまうのではないでしょうか。

 

もしかしたら
悲しくなった相手は
「私は余計なことをしていたのかもしれない」
「迷惑をかけたかもしれない」
「あの人は私に好意を持っていないのかもしれない」
などとその人を誤解したまま
その人の目の前から去ってしまうかもしれません。

 

そうすると、
「ああやっぱり」
と自分のことを好きじゃない人は
こちらも誤解したまま、
「やっぱり私なんて」
「やっぱり私ごときが」
「だからあの人は私の前からいなくなった」
と思い、
ますます自分のことが好きになれなかったり
自分を卑下する気持ちが増幅します。

 

完全に悪循環です

 

自分のことが好きになれないと、
自分も苦しいですし、
人間関係においても
辛いことばかりだなと思いました。

誰も得しません。

 

以前テレビで
「余命数週間の患者が後悔していること」
という内容の番組がありました。

その中で回答が多かったのは何かを
動画で話しています。↓

 

 

自分のことが好きになれない人、
つい自分を卑下する人は、
「余命数週間の患者が後悔していること」の中の

  • 勇気を出して自分の気持ちを伝えればよかった
  • 友達と付き合い続ければよかった
  • 自分が幸せになるのを許せばよかった

の3つを特に後悔しそうな気がします。

 

自分のことが好きになれない
自分のことを卑下する人は
早くその気持ちから解放してほしいと思います。

あなたはどうでしょうか?

もしそうであれば、
もう完全に悪循環を止めませんか?

 

そんな簡単に自分に対する気持ちは変わらないと
思うのは当然のことです。

最初は形から始めていいのです。

 

自分の身体を
あなたが大事にしているものと同じように
大事に扱ってください。

身体によいものを食べ、
十分に睡眠をとり、
身体を清潔にして、
自分の身体を喜ばせてください。

心に対しても、
ストレスをため込まないように
何か嫌なことがあったら
「もし自分が大切に思っている親友が同じ目に遭ったら
自分は親友に何をするだろう?」と問いかけ、
その答えを自分自身にしてください。

最初は形だけで結構です。

 

自分のことを承認できるようになってから初めて、
人に対して、特に大切に思う人に対して
素直になることができます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

何を言うかより誰が言うか

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

何を言うかより誰が言うか

 

 

以前、このようなことがありました。

Aさんが数名の人が集まっている中で
注意をしました。

私は客観的に見ていたのですが、
Aさんが注意をした内容は
ごもっともなことでした。

 

その日、Aさんが挨拶をしたけれども
1人しか挨拶を返してくれなかったそうです。

それでAさんは
「挨拶をしたら挨拶を返しましょう」
みたいなことをみなさんに伝えたのです。

すごくごもっともなことです。

 

その後Aさんが
「注意をしたのに◯◯さん以外は
誰も反応してくれない」
と言いました。

ちなみに◯◯さんは、
唯一Aさんに挨拶を返した人です。

つまり、
Aさんに返さなかった人全員が、
Aさんの注意に対しても
スルーしたということです。

 

Aさんがいなくなった後、
注意をされた内の1人であるBさんは
Aさんに対して怒っていました。

 

私としましては、

Aさんが挨拶をしたのに
1人を除いて誰も挨拶を返さなかった。

それに対してAさんは注意をしのに
1人を除いて誰も反応をしなかった。

むしろBさんはAさんに対して腹を立てている。

この状況が不思議でたまりませんでした。

しかも、
Bさんだけでなく他の人も
Aさんの注意に対して否定的でした。

 

「挨拶をしたら挨拶を返しましょう」

これは子供の頃から散々言われてきたことです。

Aさんは当たり前のことを言っているにもかかわらず、
否定的な反応をもらっています。

 

Bさんは以前からAさんを嫌っていました。

嫌いなAさんから注意をされたということが
気に入らなかったのかもしれません。

まさしく
「何を言うか」より「誰が言うか」
なのでしょうね。

もしAさん以外の人が同じことを言ったとしたら、
Bさんはこんなに腹を立てていないかもしれません。

 

その翌日、
BさんはAさんに対して
まだ腹を立てていました。

私はBさんがAさんを嫌っていることを
知っていましたが、
Aさんのどういうところが嫌いなのかは
知らなかったので、
いい機会だと思って
Bさんに聞きました。

Bさんは
「年上だからって態度や言葉が偉そう」
と言いました。

多分、
注意をしたときのAさんの言い方も
気に入らなかったのでしょう。

確かにAさんは
イライラしてそうに見えましたし、
不機嫌そうにも見えました。

「こっちが大きな声で挨拶したのに
1人しか挨拶を返してくれなかった」
という気持ちが収まらないまま
みなさんに注意をしたので
キツイ言い方になってしまったのでしょう。

 

正しい怒り方を身に着けたいものです。

 

聞いている側としては、
それぞれ言い分があったかもしれませんし、
言い方に対して拒絶反応があったかもしれませんし、
Aさんが嫌いなため、何を言われても拒絶反応が
あったかもしれません。

何を言うかより誰が言うかで
相手の感情が変わってきます。

人に伝えたいことがあったら言い方や
言葉遣いも大事ですね。

 

数日後、
Aさんはみんなの前で
「この前は言い方がキツくてすみませんでした」
と謝りました。

その後、
言い方を柔らかくして
「挨拶をしたら挨拶を返しましょう」
とみんなに伝えました。

 

何を言うかより誰が言うかですので、
どんなにAさんが言い方を変えて伝えたとしても、
「誰が言うか」の部分で拒絶している人に対しては
何も変わらないでしょう。

 

普段人とどういう態度や言動を取っているかで
関係性が出来上がってしまうので、
日頃から人に対して謙虚・誠実でありたいものです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

そっくりだよね

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

そっくりだよね

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

少し昔の話です。

同僚が会社を辞めるとのことで、
送別会を会社内でやりました。

夜ではなく昼の送別会なので
会社内でみんなでランチをとって、
休憩時間が終わった後も
少し仕事を中断して
みんなで語り合いました。

 

正直、
私は辞める人のために色紙にメッセージを書いたり
辞める人に何かメッセージを言うのが苦手です。

 

私は誰が辞めても
「ありがとうございました」
とメッセージを書きます。

ただ、その人を思い浮かべながら
「ありがとうございます」と書くので、
人によって若干字が違っていると思います。

 

人前で話すのがもともと苦手なので、
人前で辞める人にメッセージを言うのも
苦手です。

他の人はその人との思い出話や
その人へ抱いていた印象などを
お話しているのですが、
私は「〇〇さんありがとうございます」か
「〇〇さんおめでとうございます」
と言って話を終わらせるので、
周りの人が拍子抜けして
拍手がまばらになります。

 

会食中も
別にその人に積極的に話をしに行きません。

食べるとや飲むことに一生懸命です。

私の振る舞いは
送別会の雰囲気を壊すので
出ないほうがいいのではないかと
思ったりもします。

 

送別会を機に
その人との縁が終わるわけですから、
名残惜しくならないのです。

もしその人とお話したければ、
辞めるまでに自分の気が済むまでお話しますし、
その人が会社を辞めても付き合い続けたいと思うのならば
今後も個人的に連絡を取ります。

 

今回辞めた人は
特別好きなわけでも、
今後も付き合い続けたい人でもなく、
そんなにその人と会話することもなく、
淡々と送別会に参加していました。

 

送別会が終わってお開きになった時
辞める人は一人ひとりに挨拶をしていました。

その人は私の席にも来てくれて、
こう言い残しました。

 

「僕たちそっくりだよね」

 

私は、
「それはトップシークレットなので
誰にも言わないでくださいね」
と言いました。

またまたこんな
トボケたことを言ってしまいました。

やはり私は「とぼける人」です。

 

 

どこがそっくりなのかさっぱり分かりませんでした。

実は「さっぱり分からない」というのは嘘で、
もしかしたらこういうところがそっくりだと
彼は思ったのかなと思い当たることがあります。

それに対して
「冗談じゃない」
「一緒にするな」
と思ったのです。

だから
「誰にも言わないでくださいね」
という言葉が咄嗟に出たのでしょう。

それには
「そんなことは
二度と口にしないでください」
という意味が込められたのだと思います。

 

基本的に
「そっくりだよね」と言われて
嬉しいと思ったことは
ほとんどありません。

心の何処かで
「自分はオリジナリティ」とでも
思っているのでしょうね。

オリジナルなわけが
ないんですけどね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

壊れかけた家電

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

壊れかけた家電

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

見て見ぬ振り、
気づかないフリをしている
壊れかけた家電があります。

それはなにかというと、
「炊飯器」です。

 

ご飯は炊けないことはないのですが、
壊れかけてからご飯が以前より
美味しくなくなった気がします。

今使っている炊飯器は
かなり前から使っているものなので、
いわゆる「家電芸人」がお勧めするような
今どきの炊飯器ではありません。

↑こちらのDVDは
「家電芸人」
「ガンダム芸人」
「メガネ芸人}
が収録されています。

 

今どきの炊飯器を初めてみたときは、
「わぁ~こんな炊飯器ほしい!
でも、まだ今の炊飯器が使えるからなぁ」
なんて思ったものです。

今回めでたく炊飯器が壊れかけているので、
とっとと今どきの炊飯器に買い換えればいいのに
「まだご飯炊けるから」と
言い訳している自分がいます。

 

去年掃除機が壊れかけたときも
ウジウジ考えていました。

 

 

今ではすっかり買い替えた掃除機に慣れました。

 

今まで炊飯器が壊れたことがないので、
どういう状態が壊れたことになるのか
分かりません。

ご飯が炊けなくなったら壊れたということに
なるのでしょうか?

 

これとは別に、
最近ドライヤーを使うと
火花が散るようになりました。

火花が髪に燃え移るのではないかと
ビクビクしながら使っています。

正直、怖いです。

 

実は今のドライヤーは
3年前に購入したものです。

前回ドライヤーが壊れたときに
動画を撮っていたので
購入時期が分かりました。

 

 

寿命が3年って、
短くないですか?

家電は突然不具合になるので
いつも困ってしまいます。

前回ドライヤーは突然壊れ、
スイッチを入れても
温風&冷風ともに
出なくなりました。

冬場にドライヤーが壊れることだけは
避けたいところです。

 

家電が壊れるときは
連続でいろいろな家電が壊れることが多いので、
今回ついでにパソコンが壊れたら
大いに困ります。

前々回に使っていた
デスクトップパソコンは
ある日突然電源が入らなくなりました。

バックアップを取っていなかったので
あのときはすごく困りました。

それまで長期間溜めていた
データが全て無くなりました。

あのときあんなに大変な目に遭ったのに、
今はまめにバックアップを取っているのかというと
そうでもないので反省の色が見えません。

 

これを機に、

今どきの炊飯器に買い換えるため
商品を調べる。

同じくドライヤーも
商品を調べておく。

USBを買って
パソコンのデータを
入れておく。

やるべきことができました。

事前に準備をしておくことは大事です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

審査員には不向き

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

審査員には不向き

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

職場でお客さんが作品作りをする時間があります。

正直に言うと、
私は作品作りに全く興味がありません。

学校でも
図工
美術
技術
家庭科など、
作品を作る授業は全て苦手でした。

作品を作るくらいだったら、
主要5教科は黙って座っていればいいから
こっちのほうがよっぽど楽だと思っていました。

 

私の同僚が作品作りをお客さんに教えていて、
私の目の前でそれが繰り広げられているのですが
興味がないのでほとんど見ることはありません。

 

先日は
「ハロウィン」をテーマにした作品を
A班とB班に分けて作っていました。

班とは別に、審査員も数名いました。

いつものように私は工程を見ていなかったのですが、
作品が出来上がり、自分の作品のテーマを
発表していたので、それは少し興味があったので見ていました。

 

A班のテーマは「ハロウィンパーティー」
B班のテーマは「ハロウィンパーク」
とのことでした。

それぞれの班の発表が終わり、
審査員が別室に移り、
どちらの作品がいいか決めていました。

私は作品を見て、
発表内容を聞いて、
どちらもB班の「ハロウィンパーク」がいいと思いました。

 

審査員が戻ってきて
「作品」「チームワーク」「発表」の観点で
点数を出し、その点数の理由も言っていました。

3人審査員がいたのですが、
1人は同点、
2人はA班のほうが点数を高くつけていました。

よって、A班の「ハロウィンパーティー」の方に
軍配が上がりました。

 

「えっ!そうなの?」と私は驚きました。

A班の作品を見て、発表内容を聞いて、
色味が地味でパーティーという華やかさを感じなかったし、

円形の作品なので、どの角度から見てもハロウィンさが
あってほしかったけれども、正面がはっきりしていて
正面の一部分からしかハロウィンさが出ていなかったし、

チームのこだわりがハロウィンと全く関係なかったし、

なぜA班の方が勝ちなのかとても不思議でした。

 

まあ、作品というものには正解とか基準というものはなく、
人それぞれの感性や好みで決まるということでしょう。

 

A班が勝ちと決まった後、
先生である同僚は
「私はB班の作品のほうがいいと思いました」
と言いました。

同僚はB班の方がいい理由を述べて、
上司に「どっちの作品がいいと思いますか?」と聞き、
上司は「私もB班の作品の方がいいと思いました」
と言って、同じく理由を述べていました。

嫌な予感は的中し、同僚は
「萩原さんはどちらの作品がいいと思う?」
と聞いてきました。

私は「作品のこととか全然分からないので、決められません」
と言いました。

 

私がどちらの作品の方がいいか答えなかったのは、
性格だと思います。

 

 

昔から
「これが好き」
「これがほしい」
と、自分の好みを主張するのは苦手でした。

だから私は作品に対しての
審査員には不向きだと思います。

 

あと、審査員がジャッジして
A班の作品が勝ちという結果が出たのに、
私はB班の作品の方が好きとか、
上司や私にどっちがいいか聞くというくだりは
正直いらないと思いました。

 

やはり私は作品作りも苦手だけれど、
作品を審査することも苦手だということを
実感しました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

人見知り

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

人見知り

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

私は人見知りです。

子供の頃から、
自分から話しかけることが
できませんでした。

こんにちは(おはよう)
ありがとう
ごめんね
かして
いやだ
いれて

6歳までにこの6つの言葉が
言えるようにならないと
将来人間関係に躓く可能性が
あることを知りました。

私は6歳までに
この言葉のほとんどが
言えませんでした。

この6つの言葉は全て
「自分から人に話しかける」
行為だからです。

特に
「いれて」を言えなかった私は、
人と仲良くなるとか、
仲間になるとか、
超絶下手でした。

 

人見知りの私は、
その後カウンセラーになりました。

仕事をするためには
人脈が必要だと思い
話があればとにかく
交流会に参加しました。

私を交流会に誘ってくれた人は
沢山の人を相手にしている場合が多く
基本的に私は放置されていました。

本来ならば交流会ですので
自ら動いて人との交流を深めるべきなのでしょうが、
人見知りの私は自分から話しかけることができず
ほとんど一人で居て
誰かが話しかけてくれるのを待っていました。

 

交流会に参加しても、
その先に全く繋がらないのですし、
性格的に私は交流会が合わないと判断し、
交流会に参加することを
ある日を境にパタッと止めました。

 

私が人見知りなのは、
人のことをものすごく
気にしているからです。

自意識過剰とも言えます。

「誰も私のことなんて気にしていないよ」
と頭ではわかっていても、
相変わらず人見知りは直りませんでした。

 

ずっと人見知りを直したいと思っていましたが、
これは生まれつき性格で一生変わらないことがわかり、
それに気づいてからは昔ほど自分が人見知りであることが
気にならなくなりました

 

 

また、
「他人は私が人見知りだろうが、
人見知りで無かろうが
どうでもいい」
と思うようになり、
他人に見せる私を変えようとしました。

そして
「私のように人に話しかけられずに
ポツンとしている人に話しかける」
ことを意識しました。

 

私は自分が人見知りであることは
重々わかっているので、
わざわざそれを人に知らせる必要もないですし、
人にどう自分を見せるかのほうが
大事だと思えるようになりました。

人に人見知りであることを宣言するより、
自分がその場を楽しみたい。

そう思うようになったら、
以前よりも人と話せるようになりました。

 

先日も交流会がありました。

確かに交流会に行く前は
緊張しました。

憂鬱でした。

不安でした。

 

でもその気持を抱えながら笑顔で臨んだら、
超楽しかったです。

いい出会いがありました。

たくさんの情報をいただくことができました。

感謝の気持ちが湧き上がりました。

 

少しずつですが、
私は変わっています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

私は傷ついている

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

私は傷ついている

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

何かを優先に考えると、
誰かを傷つけてしまうことがあります。

「万人受けすることなんてない」
「誰かを傷つけてしまうこともある」
「それは仕方のないことだ」
と思っていますが、
本当は人を傷つけたくないです。

だから、
誰かを傷つけてしまったことを知ったとき、
私の心も傷つきます。

自分の無神経さに腹を立てたり、
もっと相手の気持ちを考えられたのではないか?
もっと違う言動ができたのではないか?
など振り返って反省したりして、
とにかく心がモヤモヤします。

心のどこかで
「カウンセラーのくせに」
と思っています。

 

カウンセラーは人の心と向き合う仕事なので、
一般の人より人を傷つける確率が
高くなるような気がします。

 

 

だからこそ、
慎重さが必要なのです。

無頓着や
無神経であっては
いけないのです。

 

そう考えると、
私は仕事のときだけでなく、
日常生活でも
人の心の機微に
敏感である必要があります。

 

また、
人は傷ついたときに
本人に「私は傷つきました」と
言える人はそんなにいないと思います。

なので、
私に正直に言ってくださる人に対して、
とても感謝をしています。

ハッキリ言われて心は傷つきますが、
それ以上に
「言いづらいことを言ってくれてありがとう」
と、感謝の気持ちの方が大きいです。

 

一方、
「私は傷ついたとき、
それを相手に伝えているだろうか?」
と振り返ってみると、
答えは「NO」です。

傷ついても我慢しています。

これはいかんなと思いました。

 

なぜ私は傷ついたことを相手に言わないのか考えてみると、
・言っても無駄だと思っている。
・伝えても理解されなかったら余計に傷つくと思っている。
・逆ギレされたら怖い。
・関係性が壊れたり、ギクシャクするのを恐れている。
からなのではと思いました。

自分の気持ちを伝えるって一苦労ですね。

けれども、それを避けていては
自分を理解してもらえないし、
人と深く付き合うのは難しいです。

 

友人や知人には
「私は傷ついている」
と伝えられずに我慢してしまいますが、
家族には伝えられているので、
そこは良しとしています。

 

自分は傷ついていることを伝えらていないくせに、
もし私の言動で傷ついたとしたら、
私に言ってほしいと現金なことを考えています。

特に、クライエントに対しては
カウンセリングの中で
私が不適切な言動をしたら
遠慮せずに言ってほしいと思っています。

心傷つきながらも、
しっかりと相手の心を
受け止めたいと思っています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v