負けないでください

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

負けないでください

 

 

ある人とお話しをしました。

話が終わり、
その人はドアから出る直前に振り返って
「萩原さん、負けないでください」
と言いました。

「萩原さん」と「負けないでください」の間に
たっぷりの「間」がありました。

それを聞いた時、
「何に?」と
ポカンとしました。

 

ポカンとしながらも、
その人はきっと
私が何かと戦っていているように見えたか、
私が辛そうに見えたのだなあと思いました。

つまり私を励ましてくれたのです。

 

何に対して励ましてくれたのかは分かりませんが、
励まそうとした気持ちは嬉しいので
ありがたく受け止めます。

 

気にかけてもらえることは嬉しいです。
自分はここに存在しているんだと実感できます。

私の目にはその人が
「萩原さん、負けないでください」
と言った後の方が元気そうに見えました。

 

「自分の居場所を見つけたいのなら、
先ずは人の居場所を作ってあげなさい」
という言葉があります。

その人はその感覚に近かったのではないかと
推測しています。

私を励ますことで
自分の役割を見つけたのではないかと
思いました。

 

人に何かを与えることで
自分が元気になる
自分が救われることってあります。

私としては
その人が少しでも
元気になって良かった。

 

せっかく励ましの言葉をいただいたので、
「負けない」気持ちでこれから進もうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

どこへ行くかよりも誰と行くか

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

どこへ行くかよりも誰と行くか

 

 

大好きな人からあるイベントに誘われました。

そのイベントの内容を見てみると、
役立ちそうだけど、
勉強になりそうだけど、
仕事が飛躍しそうだけど、
自分の意思では参加しないなと思いました。

 

でも私には分かっていました。

イベントの内容を見る前から
「行きます」と返事をするということを。

その人から誘われた時点で、
私の心は決まっていたのです。

 

どこへ行くかよりも誰と行くか。

 

過去に一度その人から誘われたことがありますが、
その時も参加しました。

その時はお金が発生したのですが、
今回はご招待ということで、
尚更誘ってくれて嬉しかったのです。

 

ところが、
会社に有給の申請をしようとしたところ
「その日は他の人が休むから休まないで欲しい」
と言われてしまいました。

とてもショックでした。

 

また別の大好きな人から
「どうしても行きたいのであれば
どんな手を使ってもいくべきだ」
と言われたことがあります。

それを聞いて私は
仕事を休めないと思っていましたが
必死に代わりに仕事に出てくる人を探して
有給が取れたことがあります。

きっと今回も
「お休みさせていただく代わりに◯◯しますから」
と何か提案をすればもしかしたら有給が取れたかもしれませんが
「代わりに◯◯します」という案が見つからなかったですし、
どこか休めないことにホッとしたところもあるのかもしれません。

 

私の中で
「有給が少ないのに、2日も減ってしまう」
という気持ちが強かったのだと思います。

 

もう二度と誘ってくれないかもしれないと考えたら、
私の選択は間違っています。

自由を求めているくせに
安定志向が抜けきれない。

これがいまいち私が先に進めない原因です。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

ネガティブ人間からポジティブ人間へ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ネガティブ人間からポジティブ人間へ

 

 

以前の私はびっくりするほど
ネガティブなことしか考えていませんでした。

 

最近、ある人にあることを依頼したら、
曖昧な答えが返ってきました。

「今はそのことを考えていませんが、
状況が落ち着いてきたら考えたいと思います
そのようなお話しをいただき、
有り難いと思っております」

というお返事でした。

 

 

「で、結局イエスなの?ノーなの?」

と、思いました。

 

最終的に私は

「イエス」

と解釈しました。

 

「今すぐではないけれども
将来的には考えているので
依頼を受けますよ」
と、解釈しました。

 

この話を知人にしたら、

「それはノーでしょ」

と、言われました。

 

「えっ!そうなの?」

と言ったら、

「まるで高校生が告白されて
今は受験に集中したいから
付き合うとか考えられない
と言っているようなものでしょ」

と、言われました。

 

言われてみれば、
相手は私に気を遣って
返事を有耶無耶にして
丁重にお断りしたともいえます。

 

知人に言われるまでは

てっきりイエスだと思っていました。

そうなると、今後の対応が大きく変わってきます。

 

答えがノーなら、

はっきりそう言ってくれればいいのに

と私は思うのですが、

その人ははっきりノーと言えない人なのかもしれません。

 

答えはイエスだと勘違いして、

そのまま話を進めるところでした。

危なかったです。

 

そう考えると、

曖昧な返事に対して

イエスだと捉えたということは、

私はネガティブ人間からポジティブ人間に

変わったのではと思いました。

 

以前の私は

曖昧な答えは全て

「ノー」と捉えていました。

 

以前は完全なるネガティブ人間だった私が、
少しでもポジティブに物事を捉えられる人間になったことが分かって
とても嬉しいです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

情報は受け手次第

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

情報は受け手次第

 

 

自分ではしっかりと伝えたと思っていても
相手は違う解釈をしている場合があります。

人は自分のフィルターを通して物事を見ています。

 

ついさっき、Aさんが伝えた情報が
Bさんには違うように伝わっていたことが分かり、
訂正をしました。

Bさんの都合のいいように解釈していました。

 

たいてい人は自分の都合のいいように解釈するのではないでしょうか。

Bさんは正しい情報を知って
「なんだぁ~」と
がっかりしていました。

自分に都合のいい解釈をしていたからこそ、
がっかりするのは当然ですね。

 

人の言葉や文章を読み取る力をつけたいものです。

私もこうやって文章を書いていますが、
読み直してみておかしな表現と感じたり、
これで相手に伝わるのかなと疑問をもったりしています。

 

一時期文章を読む時に、
主語と述語はどれなのかを考えていました。

自分の文章力を上げるために
人の言葉や文章をできるだけ正確に理解するために
また主語と述語探しを始めようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

私だけ「クララが立った!」

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

私だけ「クララが立った!」

 

 

再び会社で、
青竹踏みを使って
つま先を上げる状態にして立つ
エクササイズをしました。

前回はこのようなことになりました。↓

クララが立った!

 

前回いなかった人も
エクササイズをやってみました。

皆さん自力で立っていました。

私だけ「クララが立った!」でした。

 

自立していないのは私だけです。

前の人に手を引いてもらい、
後ろの人に支えてもらえないと
私は立てません。

余談ですが、
後ろで支えてくれた人が
どさくさに紛れて私の胸を触ったので、
ブルーな気持ちになりました。

ちなみに後ろで支えてくれた人は女性です。

 

立っているとき、
ふくらはぎの筋肉が切れてしまうのではないかと
思うくらいピーンと張りつめています。

 

以前韓国式ヨガをやっていた時、
「足首が固いですね」
と言われました。

そういえば、
私は足をペッタリ地面につけて
しゃがむことができません。

踵を浮かせないと
しゃがむことができません。

 

会社の人に
足をペッタリ地面につけて
しゃがめるかどうか
聞いてみようと思います。

 

今回のように、
「私だけができない」ことって
これからも出てくると思います。

できないことがあっても
苦手なことがあっても
不得意でも
いいんです。

 

笑いに変えることができますし、
人間なのですから
苦手なことやできないことや不得意なことがあるのは
当然のことなのです。

そんなに落ち込む必要はありません。

 

同じように
当たり前にできることや得意なことも
あるのですから。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

不登校

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

不登校

 

 

とある人から教えてもらったのですが、
不登校になる子の家庭は
「親の過保護によることが多い」
とのことです。

たくさんの不登校児を学校に行かせることに成功した専門家が、
不登校児の母親にこのようなアドバイスをしました。

 

「料理は取り分けず、大皿で出してください」

 

母親は専門家に言われたとおりにしたところ、
その不登校児は料理に手を付けることができなかったとのことです。

今まで料理を取り分けてもらったので、
その子は自分でどこまで取り分けたらいいのか
分からなかったのでしょうね。

 

その話を聞いて、
大皿料理で出てくるのが当然の環境で育った私は
びっくりしました。

料理を取り分けるということも
過保護になるのですね。

 

すでに自分の食べる分が用意されていると、
自己主張が出来なくなるのかもしれませんね。

あと、1つのものを人と分かち合うことも
出来なくなっているのかもしれませんね。

また、考えることを普段していないのかも
しれませんね。

 

不登校と自己主張が出来ないこと、
人と分かち合えない
考える力が足りないなどが
大いに関係しそうです。

本人もなぜ不登校になるのか
分からないかもしれませんね。

 

あなたの家庭は大皿で出していますか?
それとも1人1人取り分けて出していますか?
人と分かち合うことはできていますか?
自分の感情や思考を把握していますか?

 

今日の内容の動画はコチラ↓

 

ごきげんよう。
ではまた。

 

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

1年後の自分

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

1年後の自分

 

 

私は10年以上前から日記を書いています。

毎日書いているわけではなく、
そのようにゆるく設定しているから
今日まで続いているのだと思います。

書くのも数行です。

 

その普段書いた日記を1ヶ月間まとめたのを
パソコンで打ち込んでいます。

量は1ヶ月分がA4サイズでおさまるくらいです。

これはカウンセリングスクールに通っていた時
学長から教えてもらった方法です。

 

たまに同じ月の1年前はどうだったんだろう?
2年前はどんなことがあったんだろう?
と思いながら読み返すことがあります。

読んでみると、
まるで過去にタイムスリップしているような
感覚になります。

読むと
「こんなことがあったなぁ」と
しみじみ思い出します。

 

そういうことです。

読み返さなければ、
1年前のことはほとんど
忘れているのです。

 

1年前には想像もしなかった
環境
人との関係
悩み
が今、起こっています。

本当に未来は何があるかわからないですね。

1年前と変わり映えしないほうが
個人的に私は好きではないので、
変化が起こっていることに満足しています。

そして、
1年後は今とは別の
環境
人との関係
悩み
であってほしいと思っています。

 

1年後の自分はどうなっていたいのか、
もっと具体的に考え、
それなら今何をしたら
理想の1年後になるのか
脳に汗をかくほど考え、
実行しようと思います。

あなたも1年後の自分はどうなっていたいのか、
具体的にイメージしてみませんか。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

久しぶりに人に連絡を取る

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

久しぶりに人に連絡を取る

 

 

ある人から久しぶりに連絡がありました。

すごく嬉しかったです。

こういう時、
「私のことを思い出してくれたんだ」
と思います。

必要とされている感があり、
とても嬉しくなります。

 

最近、意識して久しぶりに人に連絡を取っています。

みなさん私に会ってくれてホッとします。

連絡して良かったと思います。

 

基本的に人はよっぽど嫌な人ではない限り
連絡をもらうと嬉しいと思います。

久しぶりに人に連絡を取るのは緊張しますが、
相手を喜ばせるためと思ったら頑張れます。

 

これからも忘れずに
久しぶりに人に連絡を取ることを
続けようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

自分と他人との人との付き合い方の違い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

自分と他人との人との付き合い方の違い

 

 

職場で遭った話です。

 

AさんがBさんに会社内にある作品の写真を撮ってと頼みました。

理由は、Aさんは最近スマホを新しいのに変えたばかりで、
撮った写真の保存の仕方が分からなかったからです。

Bさんのスマホで写真を撮ってもらい
それを自分のメールアドレスに送ってほしいと
Aさんは思ったのでしょう。

 

Aさんは作品の配置をいろいろ変えて
Bさんにも撮り方をいろいろ指示して
10枚ほど写真を撮ってもらっていました。

 

すぐにBさんはAさんに
撮った写真をメールで送りました。

送られた写真を見て、
AさんはBさんに言いました。

「バックが青くなってる写真なんて
送ってくるんじゃねえよ」

 

私はびっくりして
思わず後ずさりしました。

 

見てみると、
送られてきた写真の中で
1枚背景がなぜか青くなっているのが
ありました。

 

Bさんは
「さっきこれ送りますねって確認したじゃない」
と、反論しました。

 

最終的にAさんは
「こっちがお願いしたことなのにごめんね」
と言っていました。

 

このやり取りを見て、
私には絶対出来ないことだと思いました。

私は仲の良い友だちにですら
そのような言葉は言えません。

 

街中で女性同士の会話が耳に入ってきて、
「そんなキツイことどうして言えるの?」
「そんな言葉相手が傷つくんじゃないの?」
とびっくりすることがたまにあります。

 

本人にしてみたら、
「友だちだからいいじゃん」
と思っているのかもしれませんが、
もし私がその言葉を言われたら
友だちからだろうが、
身内からだろうが、
大好きな人からだろうが、
傷つきます。

だから私は人に言わないようにしています。

 

今回は、友だちではなく職場の人に対して
発した言葉ですからなおさらびっくりしました。

ある意味Aさんは天真爛漫だと思いました。

 

考えてみると、
私はそのような言葉を言いませんし、
そのような言葉を言う友だちもいません。

多分、お互い気を遣っているのでしょう。

 

それに、
そんな言葉を言っても相手を嫌な気持ちにさせるだけで
なんのプラスにもならないと思っています。

 

まさに類友の法則で、
私はAさんみたいなタイプの人とは
友だちにならないということなのでしょう。

 

ふと思ったのですが、
きっとAさんは
もし私が同じことをしても
同じ言葉を言わないような気がします。

相手がBさんだから
その言葉を言ったような気がします。

 

人は相手を見て
言葉を選びます。

 

以前は人に気を遣っている自分が
あまり好きではなかった時期がありましたが、
今は何でも腹を割って話せば良いわけではないと
思っています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

嫌いな人にどう接していますか?

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

嫌いな人にどう接していますか?

 

 

あなたは嫌いな人がいたらどう接していますか?

 

最近、職場で私のことを嫌っている
人がいることに気づきました。

その人が入社した日から、
「やたら私を意識しているな」
と実は思っていました。

私を警戒しているとは感じていましたが、
まさか嫌われているとまでは思っていませんでした。

 

なぜ嫌われていることが分かったのかというと、
最近入社した人たちに立て続けに
私のことを悪く言っているということを
聞いたからです。

入社したばかりで、
仕事内容も職場の人がどういう人かも
よく分からない状態の人に
わざわざ私の悪口を言うということは、
もう完全に私のことを嫌っているということです。

 

普段その人は私に話しかけてきます。

それが私にはとても不思議なのです。

もし私が職場に嫌いな人がいたら、
最低限の会話以外は絶対話したくないと
思うからです。

その人は私を嫌っていることを
私にバレたくないのでしょうか。

 

職場の人Aさんがいない時に
私のことが嫌いな人は、
Aさんに対しての文句や不満を言っていました。

さらに
「◯◯さんや◯◯さんもAさんのこと
苦手だと言っている」
と情報を流していました。

 

これはみんなで結託して
「みんなでAさんを嫌いましょう」
と仲間を増やしたいのでしょうか。

私はAさんはこんな人だと訴えるその人を見て、
「私がいないと、私がAさんの立場になるんだろうな」
と思いました。

その人は
「私が嫌いな人は全員排除する」
という考えなのかもしれません。

 

人によってこんなにも
嫌いな人に対する接し方が
違ってくるということです。

 

以前職場に嫌いな人がいて、
その人が退職してしばらくしてから
会社の先輩に
「嫌いな人にこんなことやあんなことをされました」
という話をしたことがあります。

そうしたら先輩に
「何でその時言わなかったの?
そしたらイジメてやったのに」
と言われました。

「いやいや、そうなると思ったから
言わなかったんですよ」
と私は思いました。

 

別に嫌いな人がイジメられればいい
とは思っていません。

私の勝手で
その人を嫌っているだけに
過ぎませんから。

その人のことが大好きな人も
いるわけですから。

 

今後、私のことを嫌っている人が
社内の人たちと結託して
私を孤立させたり
私がそこで働けなくなる状況に
陥れるかもしれません。

でもまあ
命を奪われなきゃいいやと
思っています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v