ドラマチックな男女の話

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【ドラマチックな男女の話】

 

ここ最近
ドラマチックな男女の話
を聞くことが多いです。

ドラマチックな話ですから、
「えっ!そんな偶然があるの?」
「ドラマにしてもいいんじゃない?」
「めったにないシチュエーションだよね?」
と、聞いているだけでも
ドキドキするような話です。

 

人生に1回や2回でも
ドラマチックな出来事が
起きてほしいですよね。

ドラマチックなことが起こると
日常に張りが出るというか
人生が潤うというか
ニヤニヤしながら日々を送りそうです。

その一方
ドラマチックということは
不安定でもあるから
ドキドキしながら日々を送ることにもなります。

 

ドラマチックな男女の話を聞くたびに
「私はそんな経験はないな」と
羨ましいような、ホッとするような
そんな気持ちになります。

周りの人から
反対されたり
責められるような
ドラマチックな男女の話は
避けたいですが、
ドラマチックな経験は
まだしたいです。

 

ドラマチックな男女の話の1つとして
「偶然の出会い」が
あると思います

 

友達が帰ってくる時間帯に
私はおにぎり2個持って
サプライズで友達を迎えに行こうと
港を歩いていました。

 

すると遠くから
「あっ!」
という声が聞こえました。

声の方を見ると
男性2人がいて、
そのうちの1人が
私の方を見て手を振っていました。

彼とこの場所で
会うことは絶対ないと思ってたので
すごく、すごく驚きました。

「偶然の出会い」
まさしく
ドラマチックな男女の話
です。

 

彼は一緒にいた男性と別れて、
私の方に近づいてきました。

「何でここにいるの?」
と私は聞きました。

「バナナのピッキングの仕事を終えて
今日ここに戻ってきました」
と彼は言いました。

彼は仕事を終えたその足で
この場所に初めて来たのです。

そこで港を歩いていた私を
見かけたのです。

 

「偶然の出会い」
やはりこれは
ドラマチックな男女の話
です。

それにしても
バナナのピッキング?

「バナナのピッキングはどうだった?」
と私は聞きました。

「すごくきつかったです。
バナナはすごく重いので、
今までのピッキングの中で
一番過酷でした」
と彼は言いました。

彼の話している様子を見て
「バナナのピッキングは
相当辛かろう」
と気持ちを察し、
その労いの気持ちもあり、
彼はお腹が空いているとのことで
持っていたおにぎり2個を
彼にあげました。

 

最近
世界2周した人の話を聞く機会があり、
その人は世界中で
いろいろな仕事をしてきたそうで、
「一番過酷だったのは
バナナのピッキングです」
と言っているのを聞いて
「ああやっぱりそうなんだ」
と思い、彼のことを思い出しました。

日本だと
「マグロ漁船」が
一番過酷な仕事という
印象を持ちますが、
世界で見ると
「バナナのピッキング」が
一番過酷な仕事なのかもしれません。

ドラマチックな男女の話に戻ります。

 

「これから友達を迎えに行くけど
一緒に行かない?」
と、私は彼を誘いました。

彼と一緒にフェリー乗り場に行って、
友達も彼を見て大層驚いていました。

私は
「こんな場所で偶然会うなんて、
これは運命だよね」
と言いました。

「違います」
と彼は即否定しました。

 

そのあと彼とは
2回か3回、別の場所で
偶然会いました。

その度に私は
「こんな場所で偶然会うなんて、
これは運命だよね」
と言いました。

その度に彼は
「違います」
と即否定しました。

 

彼はドラマチックな男女の話
と思っていないようですが、
私はドラマチックな男女の話
だと思っています。

自分と他人とでは
温度差や解釈の違いがあるのは
仕方のないことです。

これはドラマチックな男女の話
と思っておいた方が楽しいですし、
いい思い出になりますし、
何より話のネタになります。

ドラマチックな男女の話を
これからも経験しようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

育てられ性格について学ぶ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【育てられ性格について学ぶ】

 

生まれつき性格は個人的に好きで、
自主的に
調べたり
勉強したり
人に診断したりしています。

動画でも生まれつき性格について話しています。↓

一方
育てられ性格については
精神分析の本を読んだり
セミナーに参加したりするのですが
なかなか知識として
頭の中に入ってきません。

内容を聞いたり読んだりしたときは
「あーそうだった」
と思いだすのですが
すぐ忘れてしまいます。

 

先日
「性格の創られ方」
というセミナーに参加しました

0歳から思春期までの
育てられ方、育て方を中心に
学びました。

竹内先生のセミナーは
面白くて分かりやすくて
とても勉強になるのですが、
今回は竹内先生のすぐ近くに
座っているにもかかわらず
眠くなってウトウトしてしまいました。

 

これで今まで見ないようにしてきたことを
認めざるを得なくなりました。

私は精神分析が苦手ということを。
私は精神分析について否定的に捉えているということを。

カウンセラーとして
精神分析を知っておいた方がいいにもかかわらず
何だか分かりませんが抵抗があるみたいです。

 

ところで
「世界の三大発見」って何だか知っていますか?

セミナーの午前の講義で同じことを聞かれ
私は何も言えませんでした。

頭の中で
「相対性理論」
「万有引力の法則」
「複利の法則」
という言葉が浮かんでいましたが、
違うということは感覚で分かっていたので
何も答えませんでした。

先生が「1900年ごろフロイトの~」
という言葉を発した時に
「ああそうか!夢だ!」と気づいても
時はすでに遅し。

その時ですら
「無意識」という言葉が
出てこなかったです。

なんという失態!

フロイトは人は夢を見るということから
無意識という存在を発見したのです。

 

ちなみに
世界の三大発見は
「アメリカ大陸」
「地動説」
「無意識」
だそうです。

多分私は
「無意識」を答えられなくて
落ち込んでいたと思います。

 

午後の講義で先生から
「スーパーエゴが強い人は
カウンセリングの効果があるけれども
スーパーエゴが弱い人には
カウンセリングがあまり役に立たない
という意味が分かる?」
と聞かれて頭がボーっとなって
「へ?」という間抜けな返事を
してしまいました。

聞かれたときはポカーンでしたが、
事例を聞いたときに
「そうそう!知ってる知ってる!」
と思いましたが時はすでに遅し。

午前に続いてなんという失態!

 

自己紹介のとき
「職業はカウンセラー」と
言わなければよかったと後悔しました。

セミナーの最後に一人一人感想を言うときも
「頭がパンパンです」しか言えなくて
先生にお礼すら言えない始末。

セミナーが終わって
帰りの電車の中でテキストを読み直し
ずっと反省していました。

 

なぜ精神分析を学ぶと
こんなにも頭にフィルターが
かかってしまうのか不思議です。

自分が育てられた家庭に
自分が育てられた過程に
問題があると感じているから
避けようとしているのかもしれません。

 

最近精神分析を意識した
カウンセリングをしていなかったので
原点に戻った気がします。

育てられ性格は
知っておくと便利なので
聞いていただければ
喜んでお伝えしたいと思います。

精神分析に基づいた
0歳の子育て
1歳の子育て
2歳の子育て
3歳の子育て
も知っておくと
子育てが随分と気が楽になりますので
聞いていただければ
喜んでお伝えしたいと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK