初めて目の当たりにしました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【初めて目の当たりにしました】

 

朝、通勤電車に乗っていて
駅に着いたので降りようとしたら
「触りましたよね!」
という声が聞こえました。

声の方を見たら
女性が後ろに立っている男性を
にらみつけていました

男性は黙ってうつむいていました。

女性は男性の腕をつかんで電車を降り、
駅員さんに男性を突き出していました。

 

痴漢の現行犯が駅員さんに引き渡されるのを
初めて目の当たりにしました。

私は初めて目の当たりにすることがあると必ず
「ドラマ(映画)みたいだな」
と思う癖があります。

その一連の流れを見て
その男性を見て最初に思ったのは
「どっちなんだろう?」でした。

これもドラマ(映画)の影響でしょうね。

痴漢が出てくるドラマでは
冤罪なのに捕まった
被害者側がお金欲しさに
痴漢に遭ったと一芝居打った
という内容がよくあります。

だから
「もしかしたら冤罪なのでは?」
という考えが頭をよぎったのでしょう。

ドラマと現実は違います。

ドラマは面白くするために
日常っぽい非日常を描いています。

その方が視聴者も夢を見れるのです。

 

今考えてみると
男性は黙ってうつむいていたので
本当のような気がしています。

 

何か言われて「黙る」ということは
その人の中にいろいろな思いが
巡らされています。

 

私も何か言われて黙ることがあります。

それで
「何で黙っているの?
はいかいいえで答えるだけじゃん」
と怒られたこともあります。

この機会に、
どういうときに黙ってしまうのか
考えてみました。

言われたことが図星で
ぐうの音も出なかった。
(今は)答えたくないから。
一言では答えられないから。
言っても理解されないと思ったから。

私の場合はこうですね。

少し考えすぎなのでしょうね。

 

今回初めて目の当たりにした
痴漢の現行犯の現場を見て、
女性の勇気ある行動に
感服しました。

 

 

痴漢のない世の中
犯罪のない世の中
そんな世の中が理想ですけれども
少しずつでも減らせるといいですね。

一人一人が
幸せを感じながら生きていけたら
犯罪がグッと減るでしょうね。

 

もし、幸せになりたいのに
幸せを感じられなくて
辛くて苦しい思いをしているのであれば、
信頼のおける人に胸の内を話してください。

少しでも心を軽くしてください。

もし、話せる相手が思いつかないのであれば、
カウンセラーに話してください。

あなたの心を守るために
カウンセラーは存在しています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です