セレンディピティ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【セレンディピティ】

 

引き寄せの法則についての
セミナーに参加してきました。

その中で講師の方が
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験がある人」
と尋ねられる場面がありました。

 

私は手を挙げたのですが、
実は過去を振り返って考えてみた結果
そのような経験がないのです。

ありそうだけれども、ないのです。

 

最近もあったのですが、
「あーそろそろあの人に連絡しようかなぁ」
と思ったら向こうから連絡が来たことはあります。

学生時代の同級生に何年かぶりに偶然会って、
それをきっかけに一緒に旅行に行ったり
定期的に飲みに行くようになったことはあります。

 

私が経験していることは
似ているようで微妙に違うのです。

私が経験していることも
セレンディピティの一種だと思います。

 

セレンディピティとは、
素敵な偶然に出会ったり、
予想外のものを発見すること。
また、何かを探しているときに、
探しているものとは別の価値があるものを
偶然見つけること。
平たく言うと、
ふとした偶然をきっかけに、
幸運をつかみ取ることである。
(Wikipediaより)

 

同じタイトルの映画もありました。

セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~ [DVD]

 

セレンディピティを検索したら、
成功を引き寄せる「セレンディピティ」を起こりやすくするための9の行動原則
というサイトを見つけました。

せっかくなので、9の行動原則をお伝えします。

1.とにかく顔を出す

2.適切な場所に身を置く

3.ゼンブラニティ(セレンディピティの反対語)を避ける

4.「だけど」ではなく「それで」と言う

5.チャンスを目ざとく見つける

6.ソーシャルメディアを使う

7.自分のアイデアを隠しすぎない

8.他の人にもセレンディピティが起こるようにする

9.合いそうな人同士を紹介する

つまり、外に出て積極的に人と関わりましょう
ということなのかなと思いました。

 

引き込まりがちだから、
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験」
がないのかもしれません。

これ、経験したいですね。

 

また、
セレンディピティと
シンクロニシティを
ほとんど同じ意味で捉えていましたが、
どうやら違いがあるみたいです。

あなたは
セレンディピティと
シンクロニシティの
違いが分かりますか?

 

セレンディピティは
「偶然の幸運を手に入れる」という意味で
「成果」の意味も含まれるのに対し、
シンクロニシティは
「意味のある偶然の一致」という「現象」です。

ということは、
講師の方が尋ねた
「連絡先が分からないけれども
この人に会いたいなぁと思っていたら
向こうから連絡があったという経験」
はセレンディピティではなく
シンクロニシティでしたね。

もし、連絡が来たことをきっかけに
何らかの成果や幸運が訪れたら
その出来事はセレンディピティに
なるのでしょうね。

セレンディピティと
シンクロニシティの
一致しているところは
「無意識が作用している」
というところです。

 

無意識を上手に利用できるといいですよね

一生懸命に
真剣に
新しいものを見つけようと行動していると
無意識が作用し
シンクロニシティ
もしくは
セレンディピティ
が起こります。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

交流会にチャレンジ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

【交流会にチャレンジ】

 

パートナーを求め、
今年の3月に何年か振りに
交流会に参加しました。

 

そして今回、
またまたパートナーを求め、
交流会に参加しました。

200人ぐらい参加している
BBQ会です。

 

3月に参加した交流会は
ビジネス色が強かったのですが、
今回のBBQは
やや恋愛色が強かったです。

こんな大規模な交流会に
参加したのは初めてで、
参加してみていろいろ
分かったことがあります。

やはりやってみないと
分からないものです。

だから体験すること、
経験することは
自分自身を知る
大きなチャンスです。

 

数年間交流会に参加しなかったのは
理由があります。

交流会に参加しても
人見知りが激しすぎて
人と交流できなかったから
参加しても意味がないと思い
参加するのをやめました。

 

今はその時よりも
人と話せるようになりました。

人は記憶があるから
自分は変わっていないと思いがちですが、
6か月もしたら細胞は生まれ変わっていますし、
環境や付き合う人が変われば
行動や考え方が変わるので、
その結果人は変われるのです。

 

それでもやはり、
今回の200人BBQ会は
私には合わなかったです。

一番大きかったのは、
「完全放置」
というところです。

受付はしっかりしていたのですが、

なんとなく飲み物を配っていて

開始時間が来ても誰も何も言わなくて

いつの間にかお肉を焼き始めて

〇〇タイムというのが全くなくて

気づいたら飲み物が終わっていて

そして食べ物も終わっていて

終了時間が来ても誰も何も言わない

このような流れでした。

 

う~ん

完全放置は辛かったです。

 

今回BBQに参加して

人数が多すぎると
誰と話していいのか分からない

私は初参加で
周りは顔見知りの人が多かったので
グループで固まっているので
話しかけづらい

年齢層やお仕事がバラバラで
得体の知れない人たちと感じ
話しかけるのに勇気が要る

椅子がないので
ずっと立ちっぱなしで
脚が疲れた

話しかけてくれる人が
限りなくゼロに近かった
話しかけづらいオーラが
私にあるのかもしれない

お肉を取るのに
かなりの時間並んだ

そんなに食べていないのに
BBQを焼いている煙をかなりかぶり
ずっとにおいが消えない

喉が渇いたので
飲み物を取るのに並んだが
いつの間にか終わっていた

振り返ってみると
このような状態でした。

 

段取りが全く分からなかったですし、
結局は段取りそのものがなかったようですが、
私にとっては段取りがあったほうが
人と話しやすかったですし
効率よく飲食できたと思います。

主催者側に期待するのもあまり良くないですが、
交流会のタイプとして
私に合わなかったというのが
今回よく分かりました。

 

普段は何事に対しても
ガチガチに決められているのは
あまり好きではないですが、
こと交流会に関しては、
ある程度決まっていたほうが
私にとっては交流しやすいです。

 

今回のようなBBQ会や
大人数の集まりは
今後参加しないと決めました。

そういえば学生時代
インカレに1回も参加しませんでしたが、
あの時なりに自分のことを
理解していたのかもしれません。

 

自分に合った交流会を探すのか、
それとも二度と交流会に参加しないのか、
ただいま思案中です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK