湿度10%

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

湿度10%

 

 

冬になると乾燥し、
肌もカサカサになりますし
風邪も引きやすくなります。

なので冬は
加湿器をつけています。

加湿器をつける目安は、
部屋に湿度計があるので、
湿度が50%を切ったときです。

 

職場の人が
11月くらいから
咳き込みました。

その後も
他の人も風邪を引いたり、
咳き込んだり、
声がかすれる人もいました。

「乾燥で・・・」
と、呟く人もいました。

気づくと私以外全員のスタッフが
何らかの症状に見舞われました。

 

ある日の朝、職場の湿度計を見たら
「10%」と表記していました。

「10%!」
と思わず叫んでしまいました。

「どれだけ乾いているんだ」
と思いました。

昼頃に湿度28%まで上がりましたが、
まだまだ低いです。

私としては、
湿度50%は欲しいところです。

 

先シーズンから
お客様も迎えていることですし、
加湿器&空気清浄機を
買ったほうがいいのではないか
という話をしていましたが
うやむやにされていました。

 

今年の仕事始め、
風邪で1人スタッフが休み、
他にもガラガラ声の人や
咳き込んでいる人、
マスクをしている人がいました。

 

仕事始めで社長もいらしていて
これは丁度いいと思い、私は
「湿度が10%だったりするので、
加湿器は必要だと思います。
家から加湿器を持ってきて
1ヶ月間試しに使ってもいいですか?」
と提案しました。

加湿器購入を先延ばしにしているので
これだといつまで経っても埒が明かない
と思ったからです。

本来ならば、家で使っているものを
職場に持っていくことなんてしません。

職場では筆記用具ですら
私物を一切使わずに
職場のものを徹底して使う私ですが、
さすがに今回はしびれを切らしました。

 

どうして加湿器&空気清浄機を買わないのかというと、
上司が前職も同じ業界で働いていて、
そこで加湿器を使っていたけれども
このくらいの広さの部屋だと
大して湿度が上がらないからという理由です。

私は前職クリニックで働いていましたが、
待合室と受付けと事務所で
今の職場と同じくらいかやや広かったですが、
加湿器と空気清浄機を置いていました。

実際の数値の効果も大事かもしれませんが、
「加湿器と空気清浄機を使っている」
という事実だけでも心理的効果があると思います。

加湿器から蒸気が出ているのを見るだけでも、
「加湿して乾燥が和らいでいるのだな」
という気持ちにさせてくれます。

 

家から加湿器を持ってくることを
だれも反対しなかったので
翌日加湿器を家から持ってきて
私の机の側に置きました。

家の加湿器は
アロマオイルを垂らして
香りを楽しむこともできます。

 

加湿器をつける前は
湿度10%でした。

加湿器をつけてしばらくしたら
湿度28%でした。

 

「加湿器つけてもつけなくても
結果は一緒やん!」
と思いました。

確かに上司の言っていることは
当たっていました。

 

数値的には加湿器があってもなくても一緒でしたが、
加湿器を設置して
加湿器から蒸気が出て
そこからアロマの香りがして
環境的にはあったほうがいいと思いました。

その心理効果があったからか、
先日の昼頃ふと湿度計を見たら
「湿度39%」となっていました。

今まで見たことのない
湿度30%台を叩き出しました!

ちょっと嬉しかったです。

 

次は11月から乾燥でずっと風邪が治らない
同僚の近くに加湿器を試しに置いてみます。

いろいろテストしてみて、
最終的には加湿器&空気清浄機を
購入してもらう方向に持っていこうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です