正月太り

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

正月太り

 

 

明らかに太ってきました。

秋から冬にかけて、いつもそうです。

 

時期のせいにしていますが、
実は生まれてこの方、
お腹はずっとぷっくりしています。

 

 

会社の人から
「萩原さんはお腹が出ているから残念」
と私の居ないところで言われてたことがあります。

カウンセリングルームの非常勤で働いていた時、
先輩カウンセラーの方たちから
「萩原さん、お腹が出ているけど
妊娠しているのかな?
これ聞いちゃ駄目だよね」
と噂されていたこともありました。

電車で
席を譲ってくれることも多々あります。

この間はそこそこ電車が混んでいたので、
「妊娠してないので大丈夫です」
とお断りしました。

 

こんなお腹ぷっくりエピソードを
過去に持っていますが、
多少色気づいたのか、
「このお腹はマズイ・・・」
と今回は真剣に思いました。

 

正月太りをなんとかしなければ。

 

元日の朝食は、
ご飯
カレー
お雑煮
お魚
スクランブルエッグ
ウインナー
ベーコンと玉ねぎ
グリーンサラダ
ポテトサラダ
シュウマイ
パン
シリアル
リンゴ酢
オレンジジュース
コーヒー
でした。

いくらビュッフェだからといって
正月から食べ過ぎです。

ビュッフェの朝食で
和食と洋食の両方があると
どちらも食べてしまうのが
私の悪い癖です。

 

前日の大晦日は
全くお腹が空いていなかったのに
年越しそばを無料だからといって
大盛りにしてもらいました。

普通にペロリと食べてしまいました。

 

これは完全に正月太りの道へと
まっしぐらです。

 

痩せたいのか?
食べたいのか?

この二択で今までの私は
「体重が◯kgオーバーしない程度に食べたい」
を選んできました。

そうしたら、
確かにその通りになりました。

 

自分の中で
「太りたくない!」
という気持ちは昔からあります。

その気持はとても強く、
おかげさまで太ったことはありませんし、
太っていると人から思われたことも
多分ありません。

 

その代り、
「スタイルを良くしたい!」
という気持ちよりも
「食べたい!」
という気持ちのほうが強いです。

その結果が
「お腹ぷっくり」
なのです。

その結果が
「萩原さんは痩せているのにお腹が出てるね」
「あの人は妊娠しているんだね」
と人から思われるのです。

一生出産しない妊婦体型なのです。

 

2019年が始まり、
これから抱負を決めていきますが、
まずは「脱・お腹ぷっくり」を
掲げたいと思います。

今よりスタイルを良くするために、
まずはウエストとお腹の
サイズダウンを目指します。

そのために
少し食べる量を減らします。

しばらくビュッフェはお預けです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

 

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です