優柔不断

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

優柔不断

 

 

自分では優柔不断だと思っています。

子供の頃からです。

 

過去を振り返ってみると、
子供の頃の優柔不断は
「これを選んだら周りの人はどう思うのだろうか?」
「これを選んで正解なのだろうか?」
と、そこには自分の意思はほとんどなく、
外部のことばかり考えていました。

周りの人がどう思うのかが
気になって気になって
仕方がありませんでした。

 

経営者に必要なこと、
成功者に必要なことは
「決断による集中」
だということを知り、
できるだけ迷わずに
早く決断することを
今は心掛けています。

まず自分に出来そうなことは、
「何を食べるか」
というメニュー決めです。

 

子供の頃はそれですら
なかなか決められませんでした。

周りの人、特に
お金を出してくれる親に
気を遣っていました。

だからいつも
家族で外食する時は
兄弟と同じものを注文していました。

 

これも「生まれつき性格」
なのかもしれませんね。

 

 

1人で食べる時は
早くメニューを決められるようになりましが、
人と食事をするとき、
特に食事をシェアするときは
「私はこれが食べたい」
と今でも言えません。

嫌いな食材・料理だけ伝えて、
あとは人が注文したものを
食べています。

 

もっと優柔不断になってしまうのは
食事や飲みに行くお店を
なかなか決められません。

「私はこのお店に行きたい」
と今でも言えません。

 

1人で食事をするときは
その場でGoogleで検索して
予算を考えつつ
お店を決めることができるのですが、
自分以外の人がいると
自分を消そうとします。

もうこれは性分なのでしょう。

 

人は一人でいる方が楽な人と、
人と一緒にいる方が楽な人と
2つに分かれますが、
私は完全に前者です。

人と関わった途端に
ドッと疲れます。

 

人といると
自分の意思や欲求を
ほどんどその人に捧げてしまいます。

その結果、メチャメチャ受け身になり、
人と別れた後ドッと疲れます。

 

人に対して
自分の意思や欲求を言えるのが
とても羨ましいと思う反面、
そんなに人に
自分の意思や欲求を言いたいと
思っていないから
自分はできないというか、
しないのだろうなとも思います。

 

知り合いで、
メチャメチャ自分の思ったことを
その人がいる前で
はっきり言う人がいます。

批判や否定の内容に関しては、
さすがに本人に直接
言えないのでしょうけど、
確実に本人に聞こえるくらいの声で
言っているので
本人にいっているのと同じです。

 

そのたびに
「すごいな」
と思います。

羨ましいとも
私もそうなりたいとも
思いませんが、
人がどう思うかを考える気持ちよりも、
自分はこう思うという気持の方が
強いのでしょう。

 

大きな性格の違いを感じます。

 

優柔不断も
良い悪いではなく、
特徴の1つです。

これからも
仕事に関してと
自分1人が食事をするときは
決断を早くして、
誰かと食事をするときは
相手に委ねようと思います。

ただ、
相手もなかなか決められない人であったら
頑張って私が決めようと思います。

後になって相手から
「やっぱりあっちのお店の方が良かった」
と言われても、
一時の感情ですから
気にしないで聞き流そうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です