私は傷ついている

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

私は傷ついている

 

 

知り合いがある人から
「(あなたのせいで)私は傷ついている」
と言われました。

それを聞いた知り合いは、
「こっちだってあなたからいろいろ
文句を言われて傷ついているよ。
そんなのお互い様だ」
と思ったそうです。

 

もし知り合いが正直に思ったことを
そのまま相手に伝えたら
どうなるでしょうか?

喧嘩になるでしょうね。

 

では、
「私は傷ついている」と言われたら
何て言うのが喧嘩にならないのか
知り合いはわからないと言ったので
「ググってみては?」
と提案しました。

 

知り合いはいろいろググってみたようですが、
答えに辿り着かなかったようです。

 

「ググっても答えが出ないのか!」
と私はびっくりしたので、
ちょっと今からググってみます。

 

ググりました。

このようなサイトが出てきました。↓

人に傷つけられたとき、自分が人を傷つけたとき……心をラクにするには

彼女を傷つけた時の対処法8選

 

やっぱり検索すれば出てきますね。

知り合いが検索しても出なかったのは、
そもそもその相手に対して
申し訳ないという気持ちが
希薄だったからのような気がします。

 

私は傷つきやすい性格ですが、
その原因となった人に
「私は傷ついている」
と真剣に言った記憶がありません。

だから
「私は傷ついている」と言う人の
真意はどこにあるのかは、
想像になります。

 

思うに、
「私が傷ついていることを分かって欲しい」
「さらに出来れば謝ってほしい」
という気持ちではないでしょうか?

 

だから
「私は傷ついている」
と言われた側は、
その人の話をとことん聞いて、
「ごめんなさい」と謝罪するのが
一番の対処方法だと思います。

 

そして、同じことを繰り返さないように
気をつけることです。

 

一方、なぜ私は
「私は傷ついている」と
相手に伝えないのだろう?
と思い、考えてみました。

 

よくよく過去を振り返ってみたら、
私に直接罵倒してくる人がいました。

その時私はその人に
「酷いよね」
と言いましたが、
「私は傷ついている」
と言ったことはありません。

その時相手はかなり感情的になっているから
言っても仕方がないと思って
自分が傷ついていることを
伝えないのだと思います。

 

少し前にその人から
2時間位罵倒されましたが、
その後本人はケロッとしていました。

その人は
「私は傷ついている」という気持ちを込めて
私を罵倒し続けたのかもしれません。

そうなると、
その時相手の話を聞いて理解を示し、
謝ったほうが良かったのは
私の方ということになります。

もしそうしていたら、
私は2時間近く罵倒されなくても
済んだかもしれません。

 

やはり
「私は傷ついている」という言葉が
なかったとしても、
相手が感情的になって
自分に対して怒っていたら、
相手の話を聞いて
「ごめんなさい」と謝る
ことに尽きますね。

 

カウンセリングの中でも
クライエントを傷つけてしまうこともあります。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

◯◯が嫌い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

◯◯が嫌い

 

 

私が不在のときにお客さんが
「クリスマスプレゼントです」
と言ってチョコレートを女性スタッフに
渡したそうです。

その時お客さんは、
「萩原さんはチョコレートが嫌いだから、
クッキーにした」
と言っていたそうです。

私はその話を後日、
同僚のAさんから聞きました。

 

「萩原さんはチョコレートが嫌い」
と言うくだりで、
「???」
と思いました。

なぜ私がチョコレート嫌いだと思った?
私はそのお客さんとチョコレートの話を
した覚えがないけど?
それは誰からの情報?

 

Aさんからも
「萩原さんはチョコレートが嫌いって言われて
ん?そうだっけ?と思ったんだけど
そのまま聞いてた」
と言われました。

 

それはそうです。

私は今まで職場でチョコレートを
バクバク食べてきましたが、
人が何を食べて、何が好きかなんて
把握していません。

だからAさんも
「萩原さんはチョコレートを食べますよ」
と自信を持って言えなかったのでしょう。

 

それにしても、
わざわざ「私はチョコレートが好きです」
と宣言したことはありませんが、
なぜチョコレートが嫌いという嘘の情報が
そのお客さんに流れてしまったのでしょうか?

むしろ、今年のバレンタインで、
あるスタッフが男性にはチョコレート、
女性にはアメを配っていたのですが
「私もチョコレートがいい~」
と心ひそかに思っていたほど
チョコレートが好きです。

 

 

多分、誰かと間違っているのだと思いますが、
他のスタッフでもチョコレート嫌いの人はいないので、
やっぱり謎です。

 

私はチョコレートもクッキーも好きなので、
女性スタッフとお菓子を交換しながら
食べようと思います。

お客さんが勘違いをしてくれたおかげで、
チョコレートとクッキーの両方をいただけるので
嬉しいことです。

 

少し前の話ですが、
上司がシャーベットを買ってくれました。

チラリとシャーベットの蓋を見たら、
「マンゴー&パイナップル」
と書いてありました。

 

 

すぐさま
「すみませんが、私はこれ、
食べられません」
とお返ししました。

 

それから
またまた私が不在のときに
同じ上司がお土産にどら焼きを
買ってきました。

その時私の同僚のBさんに
「萩原さんはアンコ食べられるかな?」
と聞いていたそうです。

Bさんは一応
「食べられるんじゃないですか?」
と答えたそうです。

 

その上司は私にお土産を渡す時も
「萩原さんはどら焼き食べられる?」
と聞かれました。

「何で?」と思いながらも
「好きですよ」
と答えました。

 

 

「好きですよ」は
せっかく買ってくれたことに対しての
リップ・サービスです。

 

後でBさんから
「萩原さんはアンコ食べられるかな?」
と上司から聞かれたから
「食べられるんじゃないですか?」
と答えたと教えてもらいました。

私は今まで職場でアンコを
バクバク食べてきましたが、
確かに「アンコが好き」とは
宣言していません。

しかし、
「アンコが食べられない」とも
言ったことがありません。

 

なんだか私は偏食だと
思われているのかもしれません。

もしくは、甘いものが苦手だと
思われているのかもしれません。

そこそこなんでも食べられると
自分では思っていますけどね。

 

チョコレートもアンコも
好きですししょっちゅう職場で
バクバク食べていますが、
人は人が何を食べているのか見ていないですし、
人の好き嫌いもイメージや思い込みで
決めつけてしまうところがあるのだなと
今回のことで感じました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

また会いたいと思われる人

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

また会いたいと思われる人

 

 

カウンセラーの勉強を初めた頃から
「また会いたいと思われるカウンセラーになりたい」
と思っていました。

メンターも同じようなことを書いていたので、
その影響も大きいのかもしれませんが、
本心であることは間違いないです。

 

カウンセリングの中で
「私に会いに来てください」
と言ったことがあります。

普段はこんなことおこがましくて
絶対に言わないセリフです。

カウンセラーとしてだと、
クライエントが第一ですから、
自分のことはどうでもよくなって
クライエントにとって今
どんな言葉が必要なのか
考えて、ひねり出して
最善だと思うものを提供します。

 

 

普段の私は
自分のことしか考えていません。

カウンセリングの時は
自我のスイッチを切っています。

 

今、「またあなたに会いたいと思われるには
どうしたらいいか?」みたいな内容の
電子書籍を読んでいます。

 

 

本に書いてあることを
既に実践していることもあれば、
たまにしか実践していないこともありました。

 

職場にお客さんがいらっしゃるとき、
挨拶はしますが
入り口に立って出迎えていません。

来たお客さんに
積極的に話しかけることはなく、
聞くことがある時しか話しかけませんし、
話しかけてきたら話すというスタンスで
お客さんに接しています。

 

私自身がお客さんであるとき、
入り口にスタッフ全員が両脇に1列に並んで
一斉に「いらっしゃいませ」と言われながら
その中を通らなければならないとき、
とても恥ずかしくていたたまれない
気持ちになります。

デパートや旅館などが思い当たります。

なのでデパートは開店時間に行かないですし、
旅館にも行きません。

 

逆にそれを気持ち良いと感じる人も
いるということも理解しています。

 

私自身がお客さんであるとき
積極的に話しかけられると
バツが悪くなって
お店を出たくなります。

洋服を選んでいるときなどが思い当たります。

なのでウィンドウショッピングは苦手ですし、
話しかけられないお店で洋服を買います。

 

逆にそうしてもらいたいと感じる人も
いるということも理解しています。

 

私自身が人に興味がないですし、
人のお世話をするのが苦手ですし、
人に構われたくないと思っているので
人に近づいたところで
相手の細かい変化に気づかないのです。

だからお客さんが来たときに
私が近づいたところで
大したことはできないのです。

私は細かいことを観察する
蟻の目を持っていないし、
あまり持ちたいと思わないのです。

 

その代り、
全体を見て客観的に見て
抽象度を上げて
お客さんを観察したいと思っています。

そこで何か気づいたときに
そっとお客さんのところに行って
様子を伺いたいのです。

私は全体を見回して把握する
鷹の目を持ちたいですし、
そうありたいと思っています。

 

もちろん自分に近づいて話しかけてもらいたい人も
いるということも理解しています。

そういう人には
蟻の目を持っているスタッフが
対応すればいいと思っています。

 

人には向き不向きがあるのです。

 

ただ、カウンセリングの時は
蟻の目と鷹の目を適宜使い分けて
クライエントに向き合っています。

これは相手が1人だということと、
時間が制限されているからこそ
成り立っています。

 

また会いたいと思われるカウンセラーになる道は
ずっと続いていきます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

ポット 

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ポット

 

 

家庭によってお湯の沸かし方が
違ってきますよね。

ヤカン
電気ポット
電気ケトル

私はずっとヤカンでお湯を沸かしてきました。

そんなに頻繁にお湯を使わないですし、
そんなに頻繁にお湯を沸かさないですし、
実家ではヤカンを使っていたので
その生活に慣れてしまっています。

電気ポットだとずっとコンセントに
差したままになるので、
なんだか電気代が掛かりそうな
気がして避けていました。

電気ケトルに少し憧れるところもありますが、
使っているヤカンがまだまだ使えるので、
家で使ったことがありません。

 

電気ポットや電気ケトルは
主に職場で使っています。

どちらも普段慣れ親しんでいないので、
正直使い方が分かっていません。

 

社会人になって、
会社でポットを使うようになって、
ポットを沸かす機会がありました。

2社目の会社だったと思いますが、
誰かからポットにお湯を沸かす時は
給湯で少しお湯を出して熱いお湯が出てから
ポットに入れると沸騰が早いから良いと
教わりました。

それからは朝、
会社でポットに水を入れる時は
ポットに入っているお湯を捨てて、
少し水を入れてポットを少し揺すってから捨て、
給湯のお湯をポットに入れてました。

 

先日ある人から
「ポットを沸かす時は給湯ではなく
水道水を入れるんですよ」
と言われました。

「どうしてですか?」と聞いたら、
「給湯は配管が汚れているから
飲み水として良くない」
と言われました。

 

今まで給湯がある会社では
給湯をポットに入れていました。

本当に給湯をポットに入れてはダメなのか
確かめるためにネットで検索したら、
やはり給湯のお湯だと配管が汚れている
可能性があるので
水道水を入れるとなっていました。

 

早くお湯が沸くから
良かれと思って給湯のお湯を入れてましたが、
良くないことをしていました。

電化製品の中でもポットだと
「多分こうすればいいだろう」と
説明書を読まずに自己判断で
やってしまっていました。

やはり家庭で使っていない
電化製品はもちろん、
新しく買った電化製品を使う際は
全部までとは言いませんが、
せめてポイントだけでも
説明書を読む必要があると
感じました。

 

電化製品は突然壊れることが多く、
特に決まって買うメーカーもないので、
買い換えるたびに説明書を
読む必要がありますね。

 

 

あと、今の職場ではたまに
「ポット洗浄中」を使っているのですが、
普段できる洗い方も検索して
正しい洗い方を実践しようと思います。

 

 

「ポットの使い方が違う」
と指摘された時は正直、
「いちいちうるさいなぁ」
と思いイラッとしましたが、
今回教えていただいたおかげで
今まで見向きもしなかった
ポットについて知る機会を
与えてくださったので
感謝しています。

普段使っているものでも
使い方が間違っていたり、
知らないことがたくさんありますね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

笑わせると笑われる

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

笑わせると笑われる

 

 

「どうしたら笑いが取れるのか?」
と昔から思う性分です。

笑わせることが大好きです。

 

その一方、天然ボケのところがあるので、
意図してないところでボケてしまって
笑われることがあります。

笑われると
時と場合に寄りますが、
とても恥ずかしくなります。

思いっきり転んだ時も
同じような気持ちになります。

 

 

私の生まれつき性格は、
「笑わせることは好きだけれど
笑われることが嫌い」
だそうです。

ピッタリ当てはまっています。

 

ある日のことです。

AさんとBさんのやり取りを
みんなで聞いていました。

そこでAさんは
「目黒」(地名)というところを
「マグロ」と言い間違えました。

周りの人は大爆笑でした。

特にÇさんはかなりツボにハマったらしく、
いつまでも笑っていました。

 

私も
「どうしてもマグロが食べたかったんですね」
とAさんに突っ込みながらも
みんなが笑っている中、
Bさんだけが笑っていないことに気づきました。

 

それから少し経ってからÇさんが
「いやぁ久しぶりに大笑いしたわ」
と、またAさんの言い間違えの話をしました。

そこで周りの人もまた
「今年の流行語大賞ですね」
「マグロ(目黒)線最終電車が出発しま~す」
など、Aさんの言い間違えについて
さらに盛り上がっていました。

私も
「マグロ線だと、電車が船(マグロ船)に変わりますね」
とマグロ線と言った人に突っ込みながらも
心なしかAさんの顔が赤くなっているように見えました。

以前から思っていたのですが、
「笑わせる」より
「笑われる」ほうが
笑いの爆発力がある気がします。

それは、
言っている人は笑わせるつもりがなくて、
素で面白いことを言っているから
より周りの人は可笑しく感じるのでしょう。

今回の「マグロ」の言い間違えも、
さすがに引っ張り過ぎじゃないかと思いました。

 

「笑わせた」話はいつまでも話題にしても
良いと思うのですが、
「笑われた」話はいつまでも話題にしたら
相手を傷つけることになりかねません。

 

しばら「マグロ」の話で盛り上がっている中、
突然Bさんが半泣きになって、
「こっちは真面目にやっているのに、
いつまでも笑わないでください!」
と叫びました。

そうすると周りの人は
「誰もBさんのことを笑っていないよ」
「マグロの話をしていただけだよ」
と、Bさんを慰めました。

 

一見、何でBさんが叫んだのか、
また、言ったことの意味も
わからないのではないでしょうか。

確かにあの時は
誰もBさんの名前を出していないし、
Bさんのことも言っていないし、
マグロの話をしていただけです。

 

後でBさんに
「何に腹を立てていたのですか?」
と聞いたら、
「こっちは真面目にやっているのに、
Çさんがいつまでもマグロの話をしている」
と言いました。

 

この言葉で
Bさんの気持ちが理解できますか?

 

これは私の見立てですが、
Bさんはみんなが自分のことを
笑っていないことをちゃんと
分かっていたのだと思います。

ではなぜBさんは
「こっちは真面目にやっているのに、
いつまでも笑わないでください!」
と叫んだのか?

みんながマグロの話をしているのを
早く終わらせたかったのではないかと
思っています。

現に、Bさんが叫んだ後
誰もマグロの話をしなくなりました。

 

Bさんを見ていると、
人を笑わせるのが好きな人なのだなぁと
思います。

そこで今回、
BさんではなくAさんが
きっかけは言い間違いだけれども
笑いを取りました。

そこでみんながいつまでも笑って
それについていつまでも盛り上がっていたので
悔しかったのではないでしょうか。

「今年の流行語大賞」という言葉も
気に入らなかったのかもしれません。

 

BさんがAさんではなく
Çさんに腹を立てていたのは、
Aさんはただ単に言い間違えただけであり、
Çさんがいつまでもマグロの話を引っ張るから
ずっとマグロの話で盛り上がってしまった
と思っているからではないでしょうか。

 

今の時点では完全に私の見立てなので、
今後機会があったら
Bさんに確認してみたいと思います。

多分その場にいた人は
Bさんがなぜ叫んだのか
理解できなかったと思います。

単なる被害妄想だと思ったかもしれませんね。

 

私も少し話に乗っかってしまいましたが、
笑われた話については
いつまでも引っ張らないようにしたいと
改めて認識しました。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

優柔不断

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

優柔不断

 

 

自分では優柔不断だと思っています。

子供の頃からです。

 

過去を振り返ってみると、
子供の頃の優柔不断は
「これを選んだら周りの人はどう思うのだろうか?」
「これを選んで正解なのだろうか?」
と、そこには自分の意思はほとんどなく、
外部のことばかり考えていました。

周りの人がどう思うのかが
気になって気になって
仕方がありませんでした。

 

経営者に必要なこと、
成功者に必要なことは
「決断による集中」
だということを知り、
できるだけ迷わずに
早く決断することを
今は心掛けています。

まず自分に出来そうなことは、
「何を食べるか」
というメニュー決めです。

 

子供の頃はそれですら
なかなか決められませんでした。

周りの人、特に
お金を出してくれる親に
気を遣っていました。

だからいつも
家族で外食する時は
兄弟と同じものを注文していました。

 

これも「生まれつき性格」
なのかもしれませんね。

 

 

1人で食べる時は
早くメニューを決められるようになりましが、
人と食事をするとき、
特に食事をシェアするときは
「私はこれが食べたい」
と今でも言えません。

嫌いな食材・料理だけ伝えて、
あとは人が注文したものを
食べています。

 

もっと優柔不断になってしまうのは
食事や飲みに行くお店を
なかなか決められません。

「私はこのお店に行きたい」
と今でも言えません。

 

1人で食事をするときは
その場でGoogleで検索して
予算を考えつつ
お店を決めることができるのですが、
自分以外の人がいると
自分を消そうとします。

もうこれは性分なのでしょう。

 

人は一人でいる方が楽な人と、
人と一緒にいる方が楽な人と
2つに分かれますが、
私は完全に前者です。

人と関わった途端に
ドッと疲れます。

 

人といると
自分の意思や欲求を
ほどんどその人に捧げてしまいます。

その結果、メチャメチャ受け身になり、
人と別れた後ドッと疲れます。

 

人に対して
自分の意思や欲求を言えるのが
とても羨ましいと思う反面、
そんなに人に
自分の意思や欲求を言いたいと
思っていないから
自分はできないというか、
しないのだろうなとも思います。

 

知り合いで、
メチャメチャ自分の思ったことを
その人がいる前で
はっきり言う人がいます。

批判や否定の内容に関しては、
さすがに本人に直接
言えないのでしょうけど、
確実に本人に聞こえるくらいの声で
言っているので
本人にいっているのと同じです。

 

そのたびに
「すごいな」
と思います。

羨ましいとも
私もそうなりたいとも
思いませんが、
人がどう思うかを考える気持ちよりも、
自分はこう思うという気持の方が
強いのでしょう。

 

大きな性格の違いを感じます。

 

優柔不断も
良い悪いではなく、
特徴の1つです。

これからも
仕事に関してと
自分1人が食事をするときは
決断を早くして、
誰かと食事をするときは
相手に委ねようと思います。

ただ、
相手もなかなか決められない人であったら
頑張って私が決めようと思います。

後になって相手から
「やっぱりあっちのお店の方が良かった」
と言われても、
一時の感情ですから
気にしないで聞き流そうと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

出会いと別れ

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

出会いと別れ

 

 

誰かと出会うと、必ず別れが来ます。

 

個人的に誰かと出会うことは
「この人は自分の人生に
何らかの意味をもたらしているのだろうな」
と思っています。

1人の人に出会う確率って
とてつもなく低いですからね。

 

こちらは人ではなく、
映画館との出会いと別れについて
語っています。↓

 

 

1年くらい前に
私はAさんに出会いました。

Aさんと出会ってすぐに
「どうして私はAさんに出会ったのだろう?」
と疑問でした。

考えても、考えても、
その答えは出ませんでした。

強いて言えば、
Aさんは今までの私の環境では
決して出会わないタイプの人だったので、
「こういう人も世の中にはいるんだよ」
と教えてくれるためなのかなと思っていました。

 

Aさんに出会ってから、結構日常的に
Aさんと関わる頻度が多くなりました。

Aさんと関われば関わるほど
「どうして私はAさんと出会ったのだろう?」
という気持がどんどんどんどん
強くなりました。

強いて言えば、
Aさんと関わることを脱するために
「あなたは今すぐにでも
この環境から離れないといけないよ」
と教えてくれるためなのかなと思っていました。

 

あなたは、
「なぜこの人と出会わなくては
いけなかったのだろう?」
という人はいましたか?

 

過去を振り返ってみると、
1度そういう人に出会ったことがあります。

その人とは職場が一緒だったので、
毎日顔を合わせていました。

そのころの私は、
その人の存在を感じるだけで
イライラしていました。

 

そのころの私はお箸の持ち方が
正しくありませんでした。

お昼を食べている時に、
その人のお箸の持ち方が
私と全く同じことに気づき、
「この人と同じお箸の持ち方は嫌だ!」
と思いました。

それまでどんなに直そうとしても
お箸の持ち方が直らなかったのに、
今回初めて正しくお箸を持てるようになりました。

私がその人と出会った意味は、
「正しくお箸を持てるようになるため」
だったのだなと納得しました。

 

Aさんのことはその人に対してほど
嫌っているわけではないのですが、
「私の人生で出会う必要のない人なのでは?」
とずっと思っていました。

 

Aさんとの別れが
ある日突然やってきました。

予定に反して、
私から離れるのではなく、
Aさんの方から離れていきました。

 

Aさんが去ってから、
「Aさんと出会った意味は
何だったのだろう?」
と考えてみましたが、
未だに答えが出ません。

もしかしたら、
Aさんとの出会いは、
出会わなくてもいい
出会いだったのかもしれません。

 

そうだとしたら、
この人生の出会いと別れの中で、
こんなに誰かと出会うことは
とても低い確率で、
ある意味奇跡的なことなのに、
間違いというか、
意味のない出会いも
中にはあるのかもしれません。

 

少し関りができた人に対して、
「この人との出会いは
どういう意味があるのだろうか?」
と考えるのですが、
考えても答えが出ないときは、
その人との縁が終わったら
さっさと忘れようと思います。

 

忘れることも能力であり才能です。

それを最大限に利用しようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

意外と盛り上がる話

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

意外と盛り上がる話

 

 

先日、
美容院に行きました。

私は初回限定のクーポンを使うので、
毎回違う美容院に行きます。

 

私は超人見知りで、
美容師さんとお話するのが
昔から苦手でした。

数年前から
「私が人見知りであることなんて
他人にしてみればどうでもいいこと」
と思うようになってから
初対面の人とも少し話せるようになりました。

特に美容師さんとはそれが顕著に現れました。

今はそこそこ初めて会う美容師さんと
話せています。

 

 

今回行った美容院は、
工程によって担当が変わるところでした。

シャンプーの時に担当が変わりました。

その方がシャンプーの後、
髪の毛も乾かしてくれました。

 

その時美容師さんに
「料理はしますか?」
と聞かれました。

私は自信満々に
「料理は全くしません」
と答えました。

 

そこからコンビニの話になり、
美容師さんは
「おでんはセブンイレブンが一番美味しいです
と教えてくれました。

私はコンビニでおでんをほどんど買ったことがないので、
へぇ~と思いました。

 

「一番美味しくないのは
どこのコンビニですか?」
と美容師さんに聞いたら、
「ローソンです」
と即答しました。

 

美容師さんいわく、
大根の色がセブンイレブンとローソンでは
全然違うそうです。

セブンイレブンのおでんの大根は
出汁が染みている感じで色が変わっていて、
かたやローソンのおでんの大根は
「今入れたの?」
と思うくらい真っ白だそうです。

私はコンビニでおでんをほどんど見ないので、
へぇ~と思いました。

 

どうやら、
出汁が染みるように大根に穴を開けるようなんですが、
セブンイレブンは4箇所穴を開けていますが、
かたやローソンは2箇所しか穴を開けていないそうです。

 

その辺りからもう1人の美容師さんが
髪の毛を乾かしてくれて、
話にも参加しました。

 

「コーヒーはどこのコンビニが
美味しいですか?」
と聞いてみたら、
2人の美容師さんは
「セブンイレブン」
と答えました。

これはよく聞く話なので
「やっぱり」
と思いました。

 

ある人が学生時代に
Pontaカードのコールセンターで
アルバイトをしていたときの話で、
年配らしき男性から
「どうしてローソンのコーヒーは
セブンイレブンみたいに美味しくないんだ!」
と怒鳴られたらしいです。

Pontaカードのコールセンターなのに、
ローソンのコーヒーについての
クレームがあったということです。

その話を聞いて、
「コンビニのコーヒーは
セブンイレブンが美味しいんだ」
と思い、すぐさま
セブンイレブンでコーヒーを
初めて買いました。

コンビニのコーヒーを飲んだのは
その一度きりなので、
比較してないから
セブンイレブンが一番美味しいと
思うかどうかは分かりません。

 

この髪を乾かしている間の時間、
ずーっとコンビニの話をしていて
意外と盛り上がりました。

 

途中から話に参加した美容師さんは
札幌出身の方で、
札幌は「サンマート」というコンビニが
主だそうです。

その美容師さんは学生時代に
サンマートでのアルバイト経験があり、
サンマートはその場で唐揚げを揚げたり
カツ丼を作っていたそうです。

サンマートは知らなかったです。

その場で作った唐揚げやカツ丼が食べられる
コンビニだなんて、なんて素敵なんでしょう
と思いました。

コンビニに関する話は、
意外と盛り上がる話です。

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v