メンタルが弱い人は◯◯な人

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

メンタルが弱い人は◯◯な人

 

 

メンタルが弱い人は◯◯な人

この◯◯は何が入ると思いますか?

私は自分に置き換えて
「なるほど」と思いました。

 

この◯◯は人とは、
記憶力のいい人
覚えている人
忘れない人
などの言葉が当てはまります。

 

過去を覚えているから
過去を引きずっているから
メンタルが弱るのです。

これは私自身がとてもよく当てはまります。

 

昔から家族や友達など周りに人に
「よくそんなことを覚えているね」
と言われてきました。

逆に私は周りの人が
あまりにも覚えていないことに
びっくりしました。

それで私は
人より記憶力が良いことが
自分の得意なことだと思っていました。

そして今回、
過去をいつまでも覚えている人は
メンタルが弱いという情報を聞き、
「確かに私はメンタルが弱かった。
私がメンタル弱かったのは
記憶力がいいからなんだ!」
ということに気づきました。

 

自分の特徴というのは
長所と短所、
強みと弱点、
何に焦点を当てるかで
どちらとも捉えられます。

この私の記憶力が良いという特徴も、
長所や強みでもあり、
短所や弱点でもあるのです。

 

以前アルバイトの面接を受けた時、
「あなたの長所は何ですか?」と聞かれ、
「奥ゆかしいところです」と答えました。

次に「あなたの短所は何ですか?」と聞かれ、
私は少し考えて、
「奥ゆかしいところです」と答えました。

私の奥ゆかしさは、
ある時は長所となり、
ある時は短所になるのです。

 

 

ただ、確かに昔の私は
メンタルが弱いと自負していましたが、
今はさほどではないと思っています。

なんてったって
ストレスチェックで
数値「3」を出しましたからね。

 

ストレスチェック

 

昔より記憶力が衰えたということと、
覚えてても仕方ないことは
忘れるようになったことが
大きな要因です。

 

中学の時の友達に、
すごく久しぶりに会ったことがあります。

それまで合わなかったのは、
ある理由があって
私が友達に会うのを避けていました。

もう中学を卒業をしてから
かなり年月が経ち、
懐かしい気持ちがあって
会ってみました。

 

その時6人で会ったのですが、
話す内容が中学時代の思い出話でした。

しかも楽しかった思い出話ではなく、
「あの人にあんなことをされた」
「あの人こういうところがあって、
嫌な人だよね」
みたいな話を延々としていました。

 

私はみんなの話を聞くたびに
「そうだっけ?」
「忘れた」
と言い続けました。

本当に忘れていましたし、
今の私にはその話
どうでもいいことだったので
記憶から抜き去ったのだと思います。

 

せっかく久しぶりに集まったのに
中学時代のネガティブな話ばかりで
「やっぱりこの人達と付き合わなくていいや」
と思いました。

中学時代は一緒にいて楽しくて
仲良くしていましたが、
時が経つに連れ、
お互い少しずつ変わっていき、
今は別に付き合わなくてもいい関係に
なっていました。

少し寂しいけれど、
それは成長の証なので
嬉しいことです。

 

その友達との再会で、
ネガティブな記憶は
必要ないと判断し
ちゃんと忘れているのだなと
いうことに気づきました。

その辺りから、
私はメンタルの弱さを
感じなくなりました。

 

無意識に残す記憶と
残さなくても良い記憶を
仕分けられるようになって
良かったです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です