予想はしていたけれど、実践してよーく分かりました

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

予想はしていたけれど、実践してよーく分かりました

 

 

5月頃上司から、
「お客さんの外部販売実習の同行をしてほしい」
と言われました。

正直、憂鬱でした。

 

外部販売は外で行うもので、
私は6月に同行する予定でしたが、
梅雨時で参加者もあまり集まらなかったので
その話は流れました。

正直、ホッとしました。

 

8月頃上司から、
「お客さんの外部販売実習の同行をしてほしい」
と言われました。

「またそれをやるのか!」と
またまた憂鬱になりました。

 

そしてついにその日が来ました。

お客さんの外部販売実習の同行を終えて、
予想はしていたけれど、実践してよーく分かりました。

ふらっふらになったのです。

お客さんと別れて仕事をしようとしたら、
いつの間にか眠ってしまいました。

身体が疲れ切っていました。

 

私は数多く転職してきて、
その中で販売員もいくつかしてきたのですが、
その時からすでに危うさはありました。

ずっと立ち仕事をしていると
身体の疲れが尋常ではないのです。

 

今までした立ち仕事の中の1つ、
「ハイネケンガール」について
語っています。↓

 

この時は、
立ち仕事で疲れ、
お腹が空いて疲れ、
眠くなって疲れの
三拍子でした。

私は
お腹が空いている時、
眠い時、
疲れている時、
超絶不機嫌になります。

立ち仕事はかなり疲れるので
不機嫌度合いも半端ありません。

こんなに不機嫌だと
仕事になりません。

 

しかも今回はお客さんがいるので、
不機嫌になってなんかいられない状況だったのですが、
身体がふらっふらしてきて疲れ切ってしまい、
お客さんの話している言葉がほとんど聞き取れませんでした。

予想はしていたので
なるべく座るようにしていたのですが
お客さんがずっと立って販売しているのに
私だけがずっと座っているのは申し訳ないと
思ってしまったり、
商品の補充やきれいに並べたり
お客さんに指示したりする間は
ずっと立ちっぱなしになります。

 

予想はしていたけれど、実践してよーく分かりました。

私がこの仕事をしても、
お客さんにとってもよくないし、
私自身大した仕事もできないので
誰にとってもよくない結果になります。

 

もともと虚弱体質ですが、
立ち仕事をしていた時よりも
今はさらにひどくなっていました。

 

 

もしまた上司から、
「お客さんの外部販売実習の同行をしてほしい」
と言われたら、
きっぱりお断りするつもりです。

なんて言って断ればいいのか、
只今模索中です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

ニコニコ笑って鋭利な刃物で刺す

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ニコニコ笑って鋭利な刃物で刺す

 

 

カウンセリングは一生勉強です。

その気持ちと実践を怠らないようにします。

 

カウンセリングを習い始めてから数年後、
新たに催眠療法を習ったことがありっます。

経緯は、
あるカウンセリングルームで非常勤で働くことになり、
そこは催眠療法をメインとしたカウンセリングをしているので、
催眠療法を習得してほしいということで、
数ヶ月間研修生として催眠療法を学びました。

そこで催眠療法を一から学ぶことができたので
感謝しております。

 

研修期間中、
催眠療法だけではなく
常勤カウンセっラーのケースを教えていただく機会や、
メールカウンセリングの返信の仕方や
催眠療法以外の療法を学ぶ機会もありました。

 

その中で、
メールカウンセリングの返信の課題が出て、
研修生全員の返信をプリントアウトして
先生が一人ずつ内容をチェックしてくださった
ことがありました。

 

先生は私の返信内容を読んで、
「なんだかニコニコ笑って
鋭利な刃物で刺している内容だよね」
と言いました。

どこの部分が
ニコニコ笑って鋭利な刃物で刺しているのか
教えてもらえませんでしたが、
私の言葉にはどこか棘があるというか
キツイということなのでしょう。

それを言われたときは
ちょっとショックを受けましたが、
ある意味それが私のカウンセリングスタイルの
特徴とも言えます。

 

その数年後、別の人から
「萩原さんはお酒を出さないバーのママ
みたいなカウンセリングをしたらいいんじゃない?」
とアドバイスをもらいました。

つまり、
「あんた何言っちゃってんの!」
「しっかりしなさいよ!」
と、檄を飛ばすようなタイプの
カウンセリングがいいのではないかということです。

これもある意味、
「ニコニコ笑って鋭利な刃物で刺す」的な
カウンセリングスタイルのような気がします。

 

かなり余談ですが、
知り合いが銀座を歩いていたら
「うちのお店で働きませんか?」
と、スカウトされたそうです。

その話を聞いてふと、
「そう言えば私は銀座とか歩いても
今までスカウトされたことがない」
と思い、それを知り合いに打ち明けました。

そうしたら知り合いが
「あんたは既に働いていると思われているから
スカウトされないんじゃないの?
多分チーママ辺りに見られているよ」
と言いました。

 

「ニコニコ笑って鋭利な刃物で刺す」
と言われたのはまあまあ昔の話ですが、
最近も、
「萩原さんの文章はキツイ」
と言われました。

私はキツイ文章を書いている意識は
全く無かったです。

ただでさえ文章は
話し言葉よりもキツくなりがちなので、
文章を書く際にキツくならないように
気をつけていましたが、
他人からしてみれば、
キツかったみたいです。

もともと私は
メールカウンセリングが一番苦手です。

やはり顔を見ながらお話できる
対面カウンセリングが一番好きです。

 

そうなると、
ブログやメルマガやfacebookなどに
私が投稿している文章でキツさを感じた人は
きっと他にもいらっしゃるということです。

精神的に弱っている人には
私の文章はキツすぎると言われたので、
私はクリニックや病院の患者さんを
カウンセリングをするのは
向いていないということです。

 

実は、
メンタルクリニックで
週4日カウンセリングをしていましたが、
周りの心理士や患者さんや
メンタルクリニックという性質を見て、
「私はメンタルクリニックでの
カウンセリングは向いていないな」
と思っていました。

私が勤めていたメンタルクリニックは
「毒にも薬にもならないカウンセリング」が
一番合っていると思います。

私はニコニコ笑って鋭利な刃物で刺すので、
患者さんにはキツイし辛いと思います。

 

同じカウンセラーでも
特徴はそれぞれなので、
どういう人を対象にするのか、
どういう環境でカウンセリングをするのか、
てんでバラバラですね。

クライエントも、
どういう人のカウンセリングを受けるのか、
どういう環境でカウンセリングを受けるのか、
てんでバラバラですね。

マッチングが大事です。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

そっくりだよね

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

そっくりだよね

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

少し昔の話です。

同僚が会社を辞めるとのことで、
送別会を会社内でやりました。

夜ではなく昼の送別会なので
会社内でみんなでランチをとって、
休憩時間が終わった後も
少し仕事を中断して
みんなで語り合いました。

 

正直、
私は辞める人のために色紙にメッセージを書いたり
辞める人に何かメッセージを言うのが苦手です。

 

私は誰が辞めても
「ありがとうございました」
とメッセージを書きます。

ただ、その人を思い浮かべながら
「ありがとうございます」と書くので、
人によって若干字が違っていると思います。

 

人前で話すのがもともと苦手なので、
人前で辞める人にメッセージを言うのも
苦手です。

他の人はその人との思い出話や
その人へ抱いていた印象などを
お話しているのですが、
私は「〇〇さんありがとうございます」か
「〇〇さんおめでとうございます」
と言って話を終わらせるので、
周りの人が拍子抜けして
拍手がまばらになります。

 

会食中も
別にその人に積極的に話をしに行きません。

食べるとや飲むことに一生懸命です。

私の振る舞いは
送別会の雰囲気を壊すので
出ないほうがいいのではないかと
思ったりもします。

 

送別会を機に
その人との縁が終わるわけですから、
名残惜しくならないのです。

もしその人とお話したければ、
辞めるまでに自分の気が済むまでお話しますし、
その人が会社を辞めても付き合い続けたいと思うのならば
今後も個人的に連絡を取ります。

 

今回辞めた人は
特別好きなわけでも、
今後も付き合い続けたい人でもなく、
そんなにその人と会話することもなく、
淡々と送別会に参加していました。

 

送別会が終わってお開きになった時
辞める人は一人ひとりに挨拶をしていました。

その人は私の席にも来てくれて、
こう言い残しました。

 

「僕たちそっくりだよね」

 

私は、
「それはトップシークレットなので
誰にも言わないでくださいね」
と言いました。

またまたこんな
トボケたことを言ってしまいました。

やはり私は「とぼける人」です。

 

 

どこがそっくりなのかさっぱり分かりませんでした。

実は「さっぱり分からない」というのは嘘で、
もしかしたらこういうところがそっくりだと
彼は思ったのかなと思い当たることがあります。

それに対して
「冗談じゃない」
「一緒にするな」
と思ったのです。

だから
「誰にも言わないでくださいね」
という言葉が咄嗟に出たのでしょう。

それには
「そんなことは
二度と口にしないでください」
という意味が込められたのだと思います。

 

基本的に
「そっくりだよね」と言われて
嬉しいと思ったことは
ほとんどありません。

心の何処かで
「自分はオリジナリティ」とでも
思っているのでしょうね。

オリジナルなわけが
ないんですけどね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

チア・ダン

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

チア・ダン

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

「チア・ダン」の映画が数年前にあり、
最近はドラマをやっていましたね。

 

ドラマは観ました。

 

私はチアダンスではなく、
チアガールをやっていました。

 

高校の時、体育祭で
4つのチームに分かれます。

分け方は「春夏秋冬」です。

誕生日でチーム分けをしていました。

春組は3~5月生まれ
夏組は6~8月生まれ
秋組は9~11月生まれ
冬組は12月~2月生まれ

はちまきの色は
春組➾黄緑
夏組➾赤
秋組➾紫
冬組➾白
でした。

「赤と白はスタンダードだけれど、
黄緑と紫って」
と思っていました。

季節のカラーのイメージでしょうか?

春は新緑の黄緑でまだ分かりますが、
秋がなぜ紫なのか分かりません。

紫芋のイメージでしょうか?

 

↑私は高校のときは部活に入っておらず、
帰宅部の人は強制的に体育祭に向けての
チアガールか応援団をやる羽目になりました。

チアガールだけでも良かったのですが、
私はなぜか応援団と掛け持ちしていました。

チアガールも応援団も私っぽくないです。

 

普段は暇を持て余していたのですが、
体育祭前の1ヶ月間は
みっちりチアガールの練習と
応援団の練習をしていました。

近くに広い公園があったので
毎日暗くなるまで練習していました。

私はそこそこ上手と言われていたので
チアガールのポジションは前から2列目の
真ん中辺りでした。

ほとんどのスポーツはまるで駄目だけれど、
バレエを習っていたおかげで
チアガールの評価はそこそこでした。

何が役に立つのか分からないものですね。

 

毎日練習している割には、
先輩の名前もチームメイトの名前も
ほとんど覚えませんでした。

私はクラスメートの名前を
誰よりも早く覚えてきたのですが、
チアガールは一時的な付き合いなので
名前を覚える気がなかったのかもしれません。

 

普段部活をしていないので、
チアガールはまるで部活のような
感覚を味わえました。

あんなに練習して
ボンボンや衣装を母親に作らせて
ダンスも間違えずに踊ったのに
結果は2位でした。

優勝ではないと分かった時
悔しい気持ちになりました。

 

この悔しい気持ちって大事だと思います。

なんてったって真剣に取り組んだからこそ
芽生える感情だと思うからです。

手を抜いたり、いい加減に練習をしていたら、
悔しい気持ちにならなかったと思います。

過程もある程度大事ですけれど、
真剣に取り組んだものには
一番を取らなければ意味がない
ということが分かりました。

 

今でもチアガールのダンスに曲が
流れることがあります。

その度に
「ああ、この曲でダンスしたなぁ」
としみじみ思います。

 

高校は部活に入っていなかったので
仲間とか繋がりとか持てず、
何かに没頭したこともなく、
学校生活にほとんど思い出がないのですが、
このチアガールと応援団に参加したおかげで
かろうじて思い出が作れました。

何かに所属して真剣に取り組むこと
仲間と分かち合ったり一体感を持つこと
などができたら今以上に
ワクワクドキドキの日々が送れます。

 

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

壊れかけた家電

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

壊れかけた家電

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

見て見ぬ振り、
気づかないフリをしている
壊れかけた家電があります。

それはなにかというと、
「炊飯器」です。

 

ご飯は炊けないことはないのですが、
壊れかけてからご飯が以前より
美味しくなくなった気がします。

今使っている炊飯器は
かなり前から使っているものなので、
いわゆる「家電芸人」がお勧めするような
今どきの炊飯器ではありません。

↑こちらのDVDは
「家電芸人」
「ガンダム芸人」
「メガネ芸人}
が収録されています。

 

今どきの炊飯器を初めてみたときは、
「わぁ~こんな炊飯器ほしい!
でも、まだ今の炊飯器が使えるからなぁ」
なんて思ったものです。

今回めでたく炊飯器が壊れかけているので、
とっとと今どきの炊飯器に買い換えればいいのに
「まだご飯炊けるから」と
言い訳している自分がいます。

 

去年掃除機が壊れかけたときも
ウジウジ考えていました。

 

 

今ではすっかり買い替えた掃除機に慣れました。

 

今まで炊飯器が壊れたことがないので、
どういう状態が壊れたことになるのか
分かりません。

ご飯が炊けなくなったら壊れたということに
なるのでしょうか?

 

これとは別に、
最近ドライヤーを使うと
火花が散るようになりました。

火花が髪に燃え移るのではないかと
ビクビクしながら使っています。

正直、怖いです。

 

実は今のドライヤーは
3年前に購入したものです。

前回ドライヤーが壊れたときに
動画を撮っていたので
購入時期が分かりました。

 

 

寿命が3年って、
短くないですか?

家電は突然不具合になるので
いつも困ってしまいます。

前回ドライヤーは突然壊れ、
スイッチを入れても
温風&冷風ともに
出なくなりました。

冬場にドライヤーが壊れることだけは
避けたいところです。

 

家電が壊れるときは
連続でいろいろな家電が壊れることが多いので、
今回ついでにパソコンが壊れたら
大いに困ります。

前々回に使っていた
デスクトップパソコンは
ある日突然電源が入らなくなりました。

バックアップを取っていなかったので
あのときはすごく困りました。

それまで長期間溜めていた
データが全て無くなりました。

あのときあんなに大変な目に遭ったのに、
今はまめにバックアップを取っているのかというと
そうでもないので反省の色が見えません。

 

これを機に、

今どきの炊飯器に買い換えるため
商品を調べる。

同じくドライヤーも
商品を調べておく。

USBを買って
パソコンのデータを
入れておく。

やるべきことができました。

事前に準備をしておくことは大事です。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

アルパカ牧場

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

アルパカ牧場

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

「アルパカ牧場で働いている人がいる」
と、小耳に挟みました。

私は妙に「アルパカ牧場」という言葉の響きが気に入り、
ついついブログのタイトルにしてしまいました。

 

最近私は、
趣味であるドラム談義をしたばかりです。

 

久しぶりにした話

久しぶりにドラム談義をして、
とても気分が上がりました。

なので、
ぜひともそのアルパカ牧場で働いている人に
お会いし、牧場談義をしたいです。

何を隠そう、
私はお馬さんの牧場で
働いたことがあるのです。

 

その頃の私の目標の一つに
「お馬さんの牧場で働きたい」
というのがありました。

でも、どうしたらお馬さんの牧場で働けるのか、
その術が分かりませんでした。

 

ある日、民宿でぼーっとしていたら、
新参者が入ってきました。

その人にどこから来たの聞いてみると、
「お馬さんの牧場で働いていて、
そこでの仕事を終えて街に戻ってきた」
と言うではありませんか!

 

これは大チャンス!!

 

会ったばかりのその人に、
「お馬さんの牧場で働きたいから、
そのさっきまで働いていた牧場を
私に紹介してほしい!」
と頼み込みました。

何とも図々しい。

けれども図々しいからこそ、
前々から目標にしていた
お馬さんの牧場で働くことが
現実になったのです。

 

私はまだアルパカ牧場で働いていた人と
お話をしていないのですが、
人づてに聞いたところ
「アルパカを押さえる作業」が
あるみたいです。

どんなときにアルパカを押さえるのか
興味津々です。

ぜひとも聞いてみたいです。

私はお馬さんを押さえることはしなかったです。

私が牧場でしていた仕事は、

お馬さん一頭一頭に合わせた分量や内容の餌を作り
朝と晩に出す。

蹄を掃除する。

シャンプーをする。

ダニを取る。

掃除をする。

馬装する。

脱走した馬を連れて帰る。

覚えている主な仕事はこんなところです。

 

お馬さんはとても早起きで、
その頃何時起きだったか忘れましたが
結構早起きをしていました。

それでもお馬さんたちはずっとこちらを見て
餌を待っていました。

お馬さんに餌を作ってあげて、
蹄の掃除をした後に朝食を食べるのですが、
その頃の私は毎朝食パンを6枚食べていました。

 

 

その時一緒に牧場で働いていた友達と
久しぶりに渋谷で食事をしたとき、
私は体調が思わしくなく食事を残したら、
「とても毎朝食パンを6枚食べていた女と
同一人物とは思えない」
と言われました。

毎朝食パンを6枚食べましたが、
それ以上に広い牧場内で動き回っていたので
太ることはありませんでした。

牧場なので隣の家は遠く、
車がないと近くの街にも行けませんでした。

おかげさまで
星はとてもきれいでした。

夜になるとすることが全く無いので、
毎晩カルアミルクを飲みながら
テレビドラマを観ていました。

牧場のオーナーが買い物のために街に出る度に
「ミルク買ってきてください」
と催促したものです。

 

ドラム談義を出来る人にもなかなかお目にかかれませんが、
牧場談義が出来る人はもっとお目にかかれないと思うので、
アルパカ牧場で働いている人と
お話する機会を設けたいものです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK

ここ数年毎年打っています

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ここ数年毎年打っています

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

新卒で入社した会社には、
1年も経たないうちに退職しました。

私はその時営業総務の仕事をしていたのですが、
隣の席で主に仕事を教えていただいた方は、
5年先輩の女性でした。

私はその先輩から一度も怒られたことがなく、
優しくて穏やかな先輩でした。

 

その年の10月か11月くらいに
箱根に社員旅行に行きました。

旅行先でタクシー移動する時、
右隣にその先輩、
左隣に6~7年先輩の営業の男性が
座っていました。

 

その後いつごろか忘れましたが、
その時タクシーで私の両隣に座っていた2人が
付き合っていることが判明しました。

私は誰と誰が付き合っていると察するのが
疎いというが鈍いので、
社員旅行の時はすでに2人が付き合っていたことに
全く気づきませんでした。

「2人の間に座ってしまって申し訳ない」
と思ったものです。

 

その会社を退職して1年近く経ったころ、
駅で偶然営業課長に会いました。

その時に「あの2人結婚するんやで」
と教えてもらいました。

それはおめでたいと思い、
「え!いつですか?場所はどこで?」
と課長に根掘り葉掘り聞きました。

 

その後ふと、
「そうだ、電報を打とう」
と急に思い立ちました。

それが私の初めての電報でした。

 

 

ちなみにその電報は披露宴で披露されたそうです。

いきなり私から電報が届いたので、
会場はざわついたそうです。

 

それは祝電でおめでたいのですが、
今は弔電ばかりです。

ここ数年毎年打っています。

 

最近も叔母が亡くなりました。

死因は悲しい出来事なので、
伏せておきます

 

電報はNTTでしかやっていないのかと思いきや、
今はたくさん電報が打てる会社があるのですね。

今まで116に電話して電報を打っていたのですが、
今回初めてネットで電報を打ってみました。

電報のデザインを選んで、
文面を選んで加筆して、
フォントを選んで、
支払をカードにして、
サクッと終わりました。

どういう形の電報が届くのか、
プレビューが見られるのがいいですね。

 

考えてみると、
電報を打つ機会は
祝電か弔電くらいしかないですね。

「笑っていいとも!」も終わりましたしね。

そもそも
「笑っていいとも!」に
電報を打ったことはないですけどね。

 

祝電を打つ機会が全くなくなりましたので、
電報を打つ=弔電になっています。

悲しいです。

 

時代はメールやLINEなど、
いくらでも即連絡できる手段があるのに、
「笑っていいとも!」も終わったのに、
いまだに電報は健在ですね。

電報は無くなってもおかしくないのに
残っているということは、
まだニーズがあるということですね。

緊急性
物々しさ
仰々しさ
一緒に付いてくるキティちゃんのぬいぐるみ

電報、侮れませんね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ

萩原あみLINE@

萩原あみYouTubeチャンネル

萩原あみPodcastチャンネル

萩原あみFACEBOOK