どの楽器を習っていたのですか?

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

どの楽器を習っていたのですか?

 

 

私を含めて4人で会話をしていた時、
ひょんなきっかけで「私は楽器を習ったことがある」
という話になりました。

Aさんから「どの楽器を習っていたのですか?」と聞かれたので、
「どれだと思います?」と質問返しをしました。

普段は質問返しをしないように気をつけているのですが、
私はどの楽器をやってそうに見えるのか知りたかったので
今回は質問返しをしました。

 

質問返し

 

Aさんは少し考えて、
「ドラム」
と答えました。

「えっ?」
と、つい反射的に聞き返しました。

Bさんは「キーボード」
Çさんは「ベース」
と答えてくれました。

私は
「Aさんのドラムが正解です
よく分かりましたね」
と言いました。

 

私がつい「えっ?」と聞き返したのは、
まさか当てられるとは
思っていなかったからです。

今まで
「ドラムを叩いている」と言うと
「見えない」
「意外」と
100%びっくりされたからです。

 

Aさんが
「萩原さんは前に出るタイプの人ではないから
ヴォーカルではないと思った」
とドラムを選んだ理由を教えてくれました。

前に出るタイプではないというのは
合っていますが、
それだったら「ベース」も当てはまるのに、
なぜドラムを選んだのかは分かりませんでした。

私は一番うしろに引っ込んでいるという
イメージなのかもしれません。

 

そのAさんのコメントは
「わかってくれている」
という気持ちにさせてくれました。

私の生まれつき性格は
「目立ちたくない」
「わかってほしい」
という特徴があります。

 

 

最近ドラマーの人と知り合って、
久しぶりにドラム談義ができて
楽しかったことに引き続き、
またドラムの話ができて嬉しかったです。

 

久しぶりにした話

 

しばらくドラムを叩いていなかったのですが、
話に出てきたのでまた叩きたくなりました。

 

私はへなちょこドラマーですが、
ドラマを叩けるには叩けるので
そこは誇りに思っています。

出来ていることに目を向けることは大事です。

 

幼少の頃はピアノを習っていましたが、
全然楽しくなくてほとんど練習しませんでした。

その結果、上達しませんでした。

ピアノをやめることばかり考えていました。

 

ドラムは楽しく叩いていて、
ピアノは嫌々弾いていましたが、
どちらも上達しませんでした。

私は楽器演奏をする才能がないことが
はっきりわかりました。

これはやってみないとわからないことです。

 

やってみたおかげで
楽譜や音符の読み方がわかりますし、
音感やリズム感もそこそこありますし、
パソコンのキーボードや電卓の打ち方も
ピアノを弾くように打ちますし、
音楽を聞く時ドラム音を聞き取ることが出来ますし、
両手両足バラバラに動かすことが出来ます。

嫌々でもやりたいことでも
何かをやってみることで
確実に自分の中で変化が起きます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です