質問返し

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

質問返し

 

 

職場の同僚Aさんから、
このようなことを言われたことがあります。

「どうしますか?」と意見を聞いたら、
「Aさんはどう思いますか?」とよく聞き返しますけど、
それってどうしてですか?
どちらでもいいと思っているからですか?

 

私は少し考えて、
「そうです」と答えたら、
「そうですか。
何も考えてないかと思いました」
と言われました。

 

Aさんから言われて、
「そうか、私はよく質問返しをするのか」
ということに気づきました。

よくカウンセリングの場で
「どうしたらいいんでしょう?」
とクライエントがカウンセラーに聞いたら、
「◯◯さん(クライエントの名前)は
どうしたいんですか?」
というやり取りがあります。

これはカウンセラーの意見に流されるのではなく、
クライエント自身はどうしたいのかを
じっくり考え、自ら答えを出してもらうために
このような質問返しの手法を遣います。

それを私は日常会話でもやっていたのですね。

 

きっと私はAさんに限らず、
いろいろな人にこの質問返しを
しているかもしれません。

なぜ聞かれたのに自分の意見を言わず、
質問者に質問返しをするのか、
その理由を考えてみました。

 

Aさんから言われたとおり、
「どっちでもいい」
「どれになってもいい」
からというのはあります。

「何も考えていない」
これもあるかもしれません。

人の意見を聞いた上で自分の意見を言いたい
という気持ちもあります。

 

つまり、
「自分の意見は二の次でも良い、
どうしても自分の考えを通したい
とは思っていない」
ときに質問返しをしているのかもしれません。

 

Aさんは私が質問返しをすることを、
否定的に捉えている感じがしました。

Aさんが否定的・批判的に私を見ているように
感じることで改めて、「自分の意見がない」
について考えるきっかけになりました。

 

一般的には
「自分の意見がないこと」は
否定的に捉えられていると思います。

かと言って、
今回Aさんから意見を求められたことも含めて、
必ずしもそうとは限らないとも思います。

特に会社では、
どんなに自分の意見があって、
一生懸命それを主張したとしても
上の鶴の一声で
他の意見が通ることは多々あります。

 

それに、物事には
「どちらでもいい」
「どちらになってもいい」
「どうでもいい」
ことも多々あります。

むしろこう思うことのほうが
多いと思います。

基本的には、
自分に直接関係のないことに対して
そう思うフシがあります。

世の中には
自分に直接関係のないことのほうが
多いです。

会社でも、
従順であることを
求められます。

経営者の方針に
文句を言わず、
自分の意見を主張せずに
黙って従う従業員を
会社は求めています。

 

 

そういうことで、
私は職場の上司の決定事項に
目くじらを立てず、
言われた通りにやることが多いので、
職場において
自分の意見を持つことは
殆ど無いです。

人には人の考え方があり、
それが私の言動と食い違うことになって
否定的・批判的に思われても
受け入れることが大事です。

多分Aさんは質問返しされることも
嫌な気分になった理由の一つだと思いますので、
質問返しではなく
「私はどちらでも構いません」
と言い換えようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です