完全に悪循環

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

完全に悪循環

 

 

カウンセリングをしていく中、
「自分のことが好きになれない」
という人に出会います。

自分のことが好きじゃない
自分を卑下している人は
人との関りの中で
「私なんか」
「私ごときが」
という気持になっていることが
多々あるのではないでしょうか。

そうすると
人から親切にされたり
人が手を差し伸べたり
人から大切にされても、

「私なんか」
「私ごときが」
という気持が先立って
素直に受け入れられず、
却って相手を悲しくさせて
しまうのではないでしょうか。

 

もしかしたら
悲しくなった相手は
「私は余計なことをしていたのかもしれない」
「迷惑をかけたかもしれない」
「あの人は私に好意を持っていないのかもしれない」
などとその人を誤解したまま
その人の目の前から去ってしまうかもしれません。

 

そうすると、
「ああやっぱり」
と自分のことを好きじゃない人は
こちらも誤解したまま、
「やっぱり私なんて」
「やっぱり私ごときが」
「だからあの人は私の前からいなくなった」
と思い、
ますます自分のことが好きになれなかったり
自分を卑下する気持ちが増幅します。

 

完全に悪循環です

 

自分のことが好きになれないと、
自分も苦しいですし、
人間関係においても
辛いことばかりだなと思いました。

誰も得しません。

 

以前テレビで
「余命数週間の患者が後悔していること」
という内容の番組がありました。

その中で回答が多かったのは何かを
動画で話しています。↓

 

 

自分のことが好きになれない人、
つい自分を卑下する人は、
「余命数週間の患者が後悔していること」の中の

  • 勇気を出して自分の気持ちを伝えればよかった
  • 友達と付き合い続ければよかった
  • 自分が幸せになるのを許せばよかった

の3つを特に後悔しそうな気がします。

 

自分のことが好きになれない
自分のことを卑下する人は
早くその気持ちから解放してほしいと思います。

あなたはどうでしょうか?

もしそうであれば、
もう完全に悪循環を止めませんか?

 

そんな簡単に自分に対する気持ちは変わらないと
思うのは当然のことです。

最初は形から始めていいのです。

 

自分の身体を
あなたが大事にしているものと同じように
大事に扱ってください。

身体によいものを食べ、
十分に睡眠をとり、
身体を清潔にして、
自分の身体を喜ばせてください。

心に対しても、
ストレスをため込まないように
何か嫌なことがあったら
「もし自分が大切に思っている親友が同じ目に遭ったら
自分は親友に何をするだろう?」と問いかけ、
その答えを自分自身にしてください。

最初は形だけで結構です。

 

自分のことを承認できるようになってから初めて、
人に対して、特に大切に思う人に対して
素直になることができます。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です