アルパカ牧場

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

アルパカ牧場

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

「アルパカ牧場で働いている人がいる」
と、小耳に挟みました。

私は妙に「アルパカ牧場」という言葉の響きが気に入り、
ついついブログのタイトルにしてしまいました。

 

最近私は、
趣味であるドラム談義をしたばかりです。

 

久しぶりにした話

久しぶりにドラム談義をして、
とても気分が上がりました。

なので、
ぜひともそのアルパカ牧場で働いている人に
お会いし、牧場談義をしたいです。

何を隠そう、
私はお馬さんの牧場で
働いたことがあるのです。

 

その頃の私の目標の一つに
「お馬さんの牧場で働きたい」
というのがありました。

でも、どうしたらお馬さんの牧場で働けるのか、
その術が分かりませんでした。

 

ある日、民宿でぼーっとしていたら、
新参者が入ってきました。

その人にどこから来たの聞いてみると、
「お馬さんの牧場で働いていて、
そこでの仕事を終えて街に戻ってきた」
と言うではありませんか!

 

これは大チャンス!!

 

会ったばかりのその人に、
「お馬さんの牧場で働きたいから、
そのさっきまで働いていた牧場を
私に紹介してほしい!」
と頼み込みました。

何とも図々しい。

けれども図々しいからこそ、
前々から目標にしていた
お馬さんの牧場で働くことが
現実になったのです。

 

私はまだアルパカ牧場で働いていた人と
お話をしていないのですが、
人づてに聞いたところ
「アルパカを押さえる作業」が
あるみたいです。

どんなときにアルパカを押さえるのか
興味津々です。

ぜひとも聞いてみたいです。

私はお馬さんを押さえることはしなかったです。

私が牧場でしていた仕事は、

お馬さん一頭一頭に合わせた分量や内容の餌を作り
朝と晩に出す。

蹄を掃除する。

シャンプーをする。

ダニを取る。

掃除をする。

馬装する。

脱走した馬を連れて帰る。

覚えている主な仕事はこんなところです。

 

お馬さんはとても早起きで、
その頃何時起きだったか忘れましたが
結構早起きをしていました。

それでもお馬さんたちはずっとこちらを見て
餌を待っていました。

お馬さんに餌を作ってあげて、
蹄の掃除をした後に朝食を食べるのですが、
その頃の私は毎朝食パンを6枚食べていました。

 

 

その時一緒に牧場で働いていた友達と
久しぶりに渋谷で食事をしたとき、
私は体調が思わしくなく食事を残したら、
「とても毎朝食パンを6枚食べていた女と
同一人物とは思えない」
と言われました。

毎朝食パンを6枚食べましたが、
それ以上に広い牧場内で動き回っていたので
太ることはありませんでした。

牧場なので隣の家は遠く、
車がないと近くの街にも行けませんでした。

おかげさまで
星はとてもきれいでした。

夜になるとすることが全く無いので、
毎晩カルアミルクを飲みながら
テレビドラマを観ていました。

牧場のオーナーが買い物のために街に出る度に
「ミルク買ってきてください」
と催促したものです。

 

ドラム談義を出来る人にもなかなかお目にかかれませんが、
牧場談義が出来る人はもっとお目にかかれないと思うので、
アルパカ牧場で働いている人と
お話する機会を設けたいものです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です