ここ数年毎年打っています

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ここ数年毎年打っています

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

新卒で入社した会社には、
1年も経たないうちに退職しました。

私はその時営業総務の仕事をしていたのですが、
隣の席で主に仕事を教えていただいた方は、
5年先輩の女性でした。

私はその先輩から一度も怒られたことがなく、
優しくて穏やかな先輩でした。

 

その年の10月か11月くらいに
箱根に社員旅行に行きました。

旅行先でタクシー移動する時、
右隣にその先輩、
左隣に6~7年先輩の営業の男性が
座っていました。

 

その後いつごろか忘れましたが、
その時タクシーで私の両隣に座っていた2人が
付き合っていることが判明しました。

私は誰と誰が付き合っていると察するのが
疎いというが鈍いので、
社員旅行の時はすでに2人が付き合っていたことに
全く気づきませんでした。

「2人の間に座ってしまって申し訳ない」
と思ったものです。

 

その会社を退職して1年近く経ったころ、
駅で偶然営業課長に会いました。

その時に「あの2人結婚するんやで」
と教えてもらいました。

それはおめでたいと思い、
「え!いつですか?場所はどこで?」
と課長に根掘り葉掘り聞きました。

 

その後ふと、
「そうだ、電報を打とう」
と急に思い立ちました。

それが私の初めての電報でした。

 

 

ちなみにその電報は披露宴で披露されたそうです。

いきなり私から電報が届いたので、
会場はざわついたそうです。

 

それは祝電でおめでたいのですが、
今は弔電ばかりです。

ここ数年毎年打っています。

 

最近も叔母が亡くなりました。

死因は悲しい出来事なので、
伏せておきます

 

電報はNTTでしかやっていないのかと思いきや、
今はたくさん電報が打てる会社があるのですね。

今まで116に電話して電報を打っていたのですが、
今回初めてネットで電報を打ってみました。

電報のデザインを選んで、
文面を選んで加筆して、
フォントを選んで、
支払をカードにして、
サクッと終わりました。

どういう形の電報が届くのか、
プレビューが見られるのがいいですね。

 

考えてみると、
電報を打つ機会は
祝電か弔電くらいしかないですね。

「笑っていいとも!」も終わりましたしね。

そもそも
「笑っていいとも!」に
電報を打ったことはないですけどね。

 

祝電を打つ機会が全くなくなりましたので、
電報を打つ=弔電になっています。

悲しいです。

 

時代はメールやLINEなど、
いくらでも即連絡できる手段があるのに、
「笑っていいとも!」も終わったのに、
いまだに電報は健在ですね。

電報は無くなってもおかしくないのに
残っているということは、
まだニーズがあるということですね。

緊急性
物々しさ
仰々しさ
一緒に付いてくるキティちゃんのぬいぐるみ

電報、侮れませんね。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です