お金のことになるとシビア

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

お金のことになるとシビア

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

昔から、
お金のことになるとシビアになります。

本当はもっとお金についてはゆるく考え、
もっと時間にシビアになりたいものです。

 

 

以前働いている会社で、
入社して半年くらいは非常勤で働いていたので
給料は時給換算でした。

非常勤だったとき、
こちらが申告した金額と、
給料の金額が違っていたことがありました。

実際銀行に振り込まれた金額のほうが
多かったのです。

 

給料日の前に総務の人に呼ばれて、
「すみません。
萩原さんのお給料と別の方のお給料の
合計した金額を、
萩原さんの口座に振り込んでしまいました」
と言われました。

「お給料でそんなミスがあるのか!」
とびっくりしました。

 

以前私は総務の仕事をしていたことがあり、
その中には給料計算の仕事も含まれていました。

人のお給料を扱うことですから、
私は毎月、毎月慎重に、
間違いのないように何度もチェックして
給料振込みの手続きをしていました。

お金のことになるとシビアになります。

なので私としては、
2人の給料を合算して1人の口座に振り込むなんて
考えられないと思ってしまうのです。

もう1人の方は給料が振り込まれないのでしょうか?

 

総務の人から
「申し訳ないのですが、
今回多く振り込まれた分は
来月分から引かせていただきます」
と言われました.

これもまた困った話です。

このとき時給で働いていたので、
もし来月の時間数が少なかったら、
引かれる額のほうが多くなって
マイナスになるかもしれません。

また、来月の給料がガクンと落ちるので、
おちおちお金を使ってられないという
精神的にも負担を感じました。

 

結果、
幸い引かれた額のほうが少なかったので
無事翌月も給料が振り込まれましたが、
金額が異常に少なかったので、
あまりお金を使えないと感じ、
財布の紐が超きつくなりました。

本当にお金のことになるとシビアになります。

 

4人で一斉に銀行口座を作りに行ったことがあります。

無事4人共口座が作れて、
4人一緒のときにお金が無くなってきたので
銀行に行ってお金を引き出しました。

 

お金を引き出して、明細書が出てきました。

 

私は問題なかったのですが、
Aさんはお金を引き出したのに、
明細書の残高が変わっておらず、
Bさんはお金を引き出した金額以上に
残高が減っていました。

最初にBさんが
「どういうこと?」と気付き、
よくよく明細書を見てみると、
Aさんが引き出した金額と、
Bさんが引き出した金額の
合計金額引かれた金額が、
Bさんの残高になっていました。

 

このままでは
Aさんはいくらお金を引き出しても残高が減らず、
Bさんは自分がお金を引き出したときと、
Aさんがお金を引き出すときも
残高が減っていきます。

このときほど
「Aさんになりたい」
と思ったことはありません。

お金のことになるとシビアです。

 

もしAさんとBさんがお金を引き出すときに
一緒に居なかったら、
一生このからくりがわからなかったでしょう。

Bさんは助かりましたね。

 

自分だけではなく、人の話でも
お金のことになるとシビアになります。

時間に関してもシビアになりたいものです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です