ヘアスプレー

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ヘアスプレー

 

 

私の調子はずっといまいちです。

 

そういえば、ここ何十年も
ヘアスプレーを使っていません。

今回はヘアスプレーを使っていない
という話ではなく、
昨日の記事の続きです。

 

面白くて楽しい映画第一位

かなり前の作品なのに、
レンタルDVDで「全て貸出中」
になっていると、
「面白い作品に違いない」
と思ってしまいます。

「ヘアスプレー」のAmazonレビューを見ると、
ほとんど5つ星でした。

星1つや2つのレビューを見ても、
そんなにけちょんけちょんに
けなしているコメントはありませんでした。

これはどうしても期待してしまいます。

 

 

翌日担当者にDVDを渡すことになっているので、
その前に観てしまおうと思いました。

一緒に借りた「奇跡のりんご」は
DVDが戻ってきてから観ようと思いました。

 

 

「ヘアスプレー」をワクワク期待しながら観ました。

 

最初は、
「いつ面白くなるんだろう?
いつ笑えるんだろう?」
と思いながら観ていました。

そして、
特に面白いと思うことなく、
当然笑うこともなく、
映画が終了しました。

 

正直、
印象に残らない作品でした。

 

リアルタイムにテレビで予告編を観たとき、
ジョン・トラボルタが女装して出ていましたが、
「あっ!この映画観てみたい!」
と、特に思いませんでした。

そのときの感覚は当たっていたのです。

あの頃も「ヘアスプレー」を観たいと思わなかったですし、
今「ヘアスプレー」を観ても「別に」でしたし、
観ても観なくてもいいですし、
特に人に勧めたいと思いませんでした。

だから、
「なぜ世の中の人はこの映画を面白くて楽しいと感じるのだろう?」
と不思議に思いました。

今回は、
私のマイノリティな部分が
出てしまいました。

 

「ヘアスプレー」は
「面白くて楽しい映画ベスト30」
の第一位です。

主人公が前向きなので、
楽しいはまだ分かるのですが、
どこが面白いのかは分かりません。

ジョン・トラボルタが母親役をやっていることが
面白いのでしょうか?

 

Amazonレビューを見てみると、
60年代のヘアスタイルやファッションがかわいい
みたいなことも書いてありました。

私は60年代に興味が無いですし、
その時代のカラフルなファッションやヘアスタイルを見ても
もともとファッションには無頓着ですから
別に心惹かれませんでした。

あと、
この映画はミュージカルなのですが、
私はミュージカルは嫌いではありませんが、
取り立てて好きなわけでもありません。

「ヘアスプレー」は一言で言うと
「アメリカらしいミュージカル映画」
でした。

 

もし、
「あなたにとって面白くて楽しい映画は何ですか?」
と聞かれたら、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
と答えます。


この映画を初めて観たとき、
涙がでるほど笑いました。

 

あと、
「面白くて楽しい映画第二位」だった
「きっと、うまくいく」もお勧めします。


 

「ヘアスプレー」は
字幕で観たのですが、
吹き替えだったら
また印象が違ってくるのでしょうか?

DVDが戻ってきたら、
吹き替えで観てみようと思います。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です