ルールが変わってしまう

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ルールが変わってしまう

 

 

仕事は担当制です。

担当しているお客さんから
「面談してほしい」
と言われることがあります。

個室が空いていたら面談します。

事前にこちらがお客さんと面談したい場合は、
個室を予約しておきます。

 

私はお客さん全員を対象に、
決められた時間内にカウンセリングをしています。

お客さんが私とのカウンセリングを希望したら、
翌週以降で受け付けています。

そんなルールが会社にあります。

 

あるお客さんから
「担当者が不在だから面談してほしい」
と言われました。

私はその人の担当ではないですが、
その人は今日面談したいみたいですし、
今日は担当者が不在なので、
私が代わりにできるのであればと思い、
お引き受けしました。

 

しかしちょっと嫌な予感がしたので上司に
「◯時から◯◯さんと面談します」
と伝えました。

そうしたら
「担当じゃないのに面談したらだめ」
と言われました。

私は
「そうですが、今日は担当者が不在です」
と言いました。

上司は
「認めてしまったらルールが変わってしまう」
と言いました。

 

確かにそうなのでお客さんに
「すみません。担当じゃないと面談できないみたいです」
と面談をお断りしました。

そうしたらお客さんは
「それなら◯時にカウンセリングするというのはどうですか?」
と代替案を出してきました。

◯時は私がカウンセリングが出来る時間内です。

 

念の為上司に
「◯時にお客さんとカウンセリングしていいですか?」
と聞きました。

そうしたら
「いいよ」
と言われました。

 

カウンセリングは前の週までに予約しておくという
ルールがあります。

個人的にはお客さんと今日面談というか
カウンセリングという形でお話できて良かったですが、
「ルールが変わってしまってるやないかーい!」
と思いました。

 

ふと思ったのですが、
この「担当じゃないと面談ができない」
というルールに少し不具合を感じました。

 

担当以外の人と面談したい
お客さんがいると思います。

でもそれは叶いません。

私の場合、カウンセリングという枠があるので
担当している人以外とお話することができますが、
他の人は担当している人としか面談ができません。

ということは、
私が担当しているお客さんが
「他の人に面談してもらいたい」と思っても
できないのです。

それは気の毒です。

 

担当とだけ面談するよりも、
お話したい人と面談できる環境のほうが
お客さんにとって良いと思います。

お客さんにとって良いものになるのであれば、
ルール変わってしまったほうがいいのです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です