自分と他人との人との付き合い方の違い

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

自分と他人との人との付き合い方の違い

 

 

職場で遭った話です。

 

AさんがBさんに会社内にある作品の写真を撮ってと頼みました。

理由は、Aさんは最近スマホを新しいのに変えたばかりで、
撮った写真の保存の仕方が分からなかったからです。

Bさんのスマホで写真を撮ってもらい
それを自分のメールアドレスに送ってほしいと
Aさんは思ったのでしょう。

 

Aさんは作品の配置をいろいろ変えて
Bさんにも撮り方をいろいろ指示して
10枚ほど写真を撮ってもらっていました。

 

すぐにBさんはAさんに
撮った写真をメールで送りました。

送られた写真を見て、
AさんはBさんに言いました。

「バックが青くなってる写真なんて
送ってくるんじゃねえよ」

 

私はびっくりして
思わず後ずさりしました。

 

見てみると、
送られてきた写真の中で
1枚背景がなぜか青くなっているのが
ありました。

 

Bさんは
「さっきこれ送りますねって確認したじゃない」
と、反論しました。

 

最終的にAさんは
「こっちがお願いしたことなのにごめんね」
と言っていました。

 

このやり取りを見て、
私には絶対出来ないことだと思いました。

私は仲の良い友だちにですら
そのような言葉は言えません。

 

街中で女性同士の会話が耳に入ってきて、
「そんなキツイことどうして言えるの?」
「そんな言葉相手が傷つくんじゃないの?」
とびっくりすることがたまにあります。

 

本人にしてみたら、
「友だちだからいいじゃん」
と思っているのかもしれませんが、
もし私がその言葉を言われたら
友だちからだろうが、
身内からだろうが、
大好きな人からだろうが、
傷つきます。

だから私は人に言わないようにしています。

 

今回は、友だちではなく職場の人に対して
発した言葉ですからなおさらびっくりしました。

ある意味Aさんは天真爛漫だと思いました。

 

考えてみると、
私はそのような言葉を言いませんし、
そのような言葉を言う友だちもいません。

多分、お互い気を遣っているのでしょう。

 

それに、
そんな言葉を言っても相手を嫌な気持ちにさせるだけで
なんのプラスにもならないと思っています。

 

まさに類友の法則で、
私はAさんみたいなタイプの人とは
友だちにならないということなのでしょう。

 

ふと思ったのですが、
きっとAさんは
もし私が同じことをしても
同じ言葉を言わないような気がします。

相手がBさんだから
その言葉を言ったような気がします。

 

人は相手を見て
言葉を選びます。

 

以前は人に気を遣っている自分が
あまり好きではなかった時期がありましたが、
今は何でも腹を割って話せば良いわけではないと
思っています。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です