ターゲットがいると安全

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

ターゲットがいると安全

 

 

いろいろな職場を転々としてきて感じたことです。

1人ターゲットがいると安全

つまり、
「全員共通の嫌われ者が1人いると、
隠れ蓑になる」
ということです。

 

その1人に対して文句を言えば、
仲間意識が生まれるわけです。

仲間意識がある限り、
その人間関係は安全・安泰です。

 

私は職場で
すごく好きな人と
すごく嫌いな人は
あまりいません。

 

なので、
周りの人が嫌っている
もしくは苦手としている人のことは
そんなに気にならないことが多いです。

「なぜそんなに嫌うのだろう?」と
不思議に思いながら、
その人たちの話に乗っかります。

 

私の場合、
誰かが誰かのことについて毒を吐いたら、
さらに上塗りして毒を吐くので
最終的に「酷いよね」「毒舌だね」
と、私が言われます。

 

もっとその場を面白くしたいという気持ちが強く、
調子に乗って心にもないことを
周りを笑わせたいがために言ってしまうことが多いです。

だから職場にいるときの私は
かなりの嘘つきです。

職場の人とは基本距離を取ります。

 

ターゲットにされる人は気の毒ですが、
基本的に上の立場にいる人が
ターゲットにされがちです。

みんなで上司の悪口や文句を言うのが
一番他の人間関係を良好にするためには
楽ですものね。

 

私はあまり上司のことがそんなに嫌でも苦手でもないので、
その文句や悪口を言っている人たちのほうが気になります。

「この人はこう思われたいのかな?」
「このタイミングでその話をしたのはこういう狙いがあるのかな?」
「この人は表向きはそう言っているけれど、本音は違うのかな?」

と、いろいろ考えてしまいます。

 

大抵ターゲットがいないときに文句や悪口の話になるので、
私としては、ターゲットがいてくれる方が楽だったりします。

職場の人間関係を良好にするためには、
ターゲットが必要なのでしょうか?

 

自分とは違う価値観の人間が
同じ場所で、同じ時間で長時間
同じ方向を目指して仕事をしている訳ですから、
正直「えっ?」と理解できなくて、受け入れがたいことは
職場の人全員に対してあります。

そんなのは当たり前のことなので、
自分はどうしたらいいのか
自分の機嫌をとるにはどうしたらいいのか
考えて実行することが大事です。

 

ターゲットされている人の話に乗っかり
さらに思ってもいないのに毒を吐くのは
果たしてそれが最善の策なのか、
悩みどころです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です