正解だけれども、私にとっては不正解

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

正解だけれども、私にとっては不正解

 

 

「正解だけれども、私にとっては不正解」

これはどういうことかというと、
やり方・方法自体は合っているのだけれども、
私の性格・キャラクターには合っていない
ということです。

 

私は学生時代からドラムを叩きたいと思っていました。

成人してから随分経ってからドラムを習い始めました。

毎週ドラムを習い、ライブ前はスタジオを借りて練習しました。

 

でも、ちっとも上手くなりませんでした。

 

人からドラムの基礎から学んだことは合っています。

ライブ前に限りますけれども、毎日練習することも合っています。

 

でも、少しは上達したとは思いますが、
他のドラマーと比べたら格段に下手でした。

私の
体格
リズム感
センス
瞬発力
運動能力
筋力
反射神経
などなど

何かは分かりませんし、
全部かもしれませんが、
私はドラムを叩くのに向いていない人でした。

だからどんなにいろいろな曲にチャレンジしても、
何度も練習しても、
大して上手くなりませんでした。

これが
「正解だけれども、私にとっては不正解」
ということです。

正直、これはあんまり良い例えではないですね。

 

ドラムは学生時代から叩けるようになりたいと
思っていたので、
ドラムを習ったこと、
上手くなりたくてスタジオに通ったことは
後悔していません。

こちらの動画は
「ドラムを習ったことで得た恩恵」
について語っています。↓

 

 

ドラムの話は昔話ですが、
最近も同じようなことがありました。

向いている人やふさわしい人が
これをやったら正解なのですが、
私がやったら不正解だということに
気づきました。

しかも4ヶ月以上も
不正解を正解だと思って
やってしまいました。

 

「もっと早く気づきたかった」
と悔やんでいますが、
「気づいてよかった」
と思っています。

自分にとっての正解に
仕切り直しです。

 

あなたももしかしたら
「正解だけれども、あなたにとっては不正解」
だったことがあったかもしれません。

それに気づくことができるきっかけは
「人」です。

人があなたにとってそれが正解なのか
不正解なのか教えてくれます。

 

仕切り直しの方法・やり方も
私にとっては不正解なことかもしれません
それが分かるにはある程度の時間と
人の反応が教えてくれます。

 

だから私にとって正解だったらラッキー
私にとって不正解だったら不正解だと分かってラッキー
ということなのです。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です