はじめてのおつかい

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

はじめてのおつかい

 

 

これは、知人から聞いた話です。

 

あるとき知人が家に帰ったら、
留守電メッセージが入っていました。

 

再生をしたら、
男の人の泣き声で、
120秒きっちり
メッセージが入っていました。

 

内容は、
その人は何かを壊したらしく、
社長に知られたら会社をクビになるので、
社長に見つかる前に
数百万円を振り込んで欲しいから、
折り返しこの番号に電話して欲しい
というものです。

 

オレオレ詐欺ですね。

 

知人いわく、
ずっと泣いているので何を言っているのか
ほとんど聞き取れなかったのですが、
金額と電話番号の部分は
はっきり聞き取れたとのことです。

ちなみに着信履歴の番号と、
折り返し連絡して欲しい番号は
違う番号だったそうです。

 

留守電にメッセージに残す
オレオレ詐欺なんて、
初めて聞きました。

そんなことをしたら
簡単に足がつくじゃないですか。

 

知人は警察に連絡しました。

 

男性の私服警官2人が家に来たそうです。

その時知人は家に1人だったので、
玄関先でのやりとりだったそうです。

女性1人の部屋には
男性警官は部屋の中に入らないそうです。

 

警官も、
「留守電にメッセージを残すオレオレ詐欺は珍しい」
と言っていたそうです。

そのとき警官は
「”はじめてのおつかい”だったのかもしれませんね」
と言ったらしく、
その「はじめてのおつかい」という表現が面白くて
ゲラゲラ笑ってしまいました。

 

はじめてだと勝手がわからないから、
とんでもないことをしでかす可能性があります。

 

はじめてのオレオレ詐欺で、
マニュアルをしっかり読み込んで、
泣く演技を始めて、
「よし!準備ができた」と意気込んで、
いざ、電話を掛けてみたら、
留守電だった。

「あれ?留守電だ!どうしようどうしよう・・・」
とパニックになり、
マニュアルには「留守電になった場合」が載っておらず、
「ピー」と鳴ったので、
いつも自分が留守電になったときにやっているように、
制限時間の120秒間きっちりと、
留守電にマニュアル通りのメッセージを吹き込んだ。

「という感じかな?」と、
勝手に想像してしまいました。

 

 

今回の話は笑ってしまいましたが、
この世に詐欺はなくなって欲しいですね。

 

こちらは私が被害に遭った「やるやる詐欺」について語っています。↓

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です