笑わせようとする結果、毒を吐く

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 

 

笑わせようとする結果、毒を吐く

 

 

目の前の人を笑わせようと、
いつもチャンスを伺っています。

誰に向けて
どんな言葉で
どのタイミングで
どういう言い方で

そのようなことをいつも考えています。

 

楽しい話をしていると、
そんなことをずっと考えているので
顔はめちゃめちゃ真顔です。

 

きっとはたから見たら、
私は一切笑わず、
一切面白いことを言わない人に
思われるでしょう。

 

違います。
どうしたら笑わせられるのか、
そればっかり考えているから
真顔なのです。

笑わせることに
真剣であるとも言えます。

 

スベることも
天然で笑われることも
ありますが、
それでも笑いに対して
貪欲です。

面白い人を昔から尊敬しています。

 

職場の人は、
私を除いて全員
人懐っこいです。

私のボケやギャグも
笑ってくれます。

私にとっては
かなりやりやすい
ステージです。

 

メンタルクリニックで働いていたとき、
相変わらずボケたりギャグを言って
笑わせようとしていたのですが、
待合室には患者さんがいるので
もしスタッフが笑っていたら、
患者さんが「私のことを笑っている」
と気に病んでしまうという理由で、
上から私語厳禁を強く訴えられ、
シュンとしながら
黙々と作業をしていました。

それを考えると
今の職場はのびのびと
ボケをかましたり
ギャグが言えるので
助かっています。

 

今回、
職場の人を笑わせることに成功しました。

かなり笑ってくれました。

笑ってくれる人を見ていると
幸せな気分になります。

だから笑わせることをやめられません。

 

笑ってくれた人から
「黒いよね」
と言われました。

 

「黒い!?」

 

そうか、そうなのか・・・
笑いと黒さは紙一重なのですね。

 

自分自身、毒を吐くことは重々承知でしたが、
今回は毒を吐いたつもりはありませんでした。

しかし、人には毒に聞こえたということですね。

 

人を笑わせようとするときに、
誰も傷つけない笑いを追求しますが、
なかなか難しいです。

自虐だったり、
誰かを道化にすることで
笑いを取ることのほうが実際は多いです。

 

私が毒舌だったり、腹黒いのは、
人を笑わせることばかり考えた結果
なのかもしれません。

 

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

“笑わせようとする結果、毒を吐く” への2件の返信

  1. それはとても素敵な事だと思います❗心が病んでいるときは❗人に思いやる気持ちに余裕等が無い状況です❗でもきっと笑えた時には感謝されるように成ると思います❗それまで笑う作業すら思い出せない状況だから‼だから是非活動を続けて欲しいと思います❗頑張ってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です