行動しないことを選んでいる私たち

ごきげんよう。
こんにちは。

心理カウンセラーの萩原あみです。
調子はどうですか?

 
 
行動しないことを選んでいる私たち

 
 
あなたは、
何をしてほしいですか?
何をしてほしくないですか?

そして、
人に自分がしてほしいことをしますか?
それとも、
人に自分がしてほしくないことをしませんか?
もしくは、
両方ですか?

キリスト教には「黄金率」という考え方があり、
「自分がしてほしいことを人にする」という教えです。
これは、
イスラム教でも仏教でも同じような教えがあります。

一方、私たち日本人の学校教育は儒教が元となっています。
「自分がしてほしくないこをは人にしない」
これが儒教の教えです。

 

 

だから私たち日本人は、
「人を喜ばせるために積極的に誰かに何かをする」ことよりも、
「人に嫌な思いをさせないために何もしない」ことを
選んでいる人が多いのではないでしょうか。

それは、
「人から嫌われないために」
「人に迷惑をかけないように」
なのかもしれません。

宗教が変わると、こんなにも価値観が
変わってしまいます。

「成功するには行動が大切」と、よく言われます。
これはキリスト教徒、仏教徒・イスラム教徒の人たちは
すんなり受け入れ、実行できそうです。

なぜなら、行動するのが当たり前だと思ってきたから。

一方、儒教の教えを刷り込まれてきた日本人は、
行動しないことを選ぶのが当たり前として育ってきました。

それなのに「行動が大切」なんて言われたら、
行動することに慣れていない私たちには
ハードルが高過ぎます。

本当に自分が
成功したい
成長したい
お金持ちになりたい
と思ったら、
儒教の教えを、
根こそぎ捨てる必要があります。

儒教の教えを遵守したら、
いい人・従順な人にはなれるけれども、
成功者やリーダーにはなれません。

「日本には宗教がない」と思われがちですが、
しっかりと日本人には儒教が刷り込まれています。
国民性も儒教が元になっています。

人それぞれ価値観や常識が違うという話を
ポッドキャストで話しています。

第1回:日本人は宗教がない?↓

 
人に対してイライラするのは、
その人と自分の常識が違うから。

いろんな人がいる
いろんな考え方がある
共感できるところもあれば、
共感できないこともある

自分だけが正しいと思うから、
周りとの違いを感じる度に辛くなります。

私が発信する人との常識違いの内容が、
少しでもお役に立てれば幸いです。

番組のご感想をいただけると嬉しいです。

hagiwaraami@gmail.com

ごきげんよう。
ではまた。

萩原あみ

萩原あみホームページ:OPEN MIND カウンセリングルーム↓
http://openmind5.wixsite.com/o-m-c-r-contact

萩原あみメルマガ:萩原あみの笑顔を引き出すカウンセリングメルマガ↓
https://beast-ex.jp/fx5042/CUkStd

萩原あみLINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40nhy9493i

萩原あみYouTubeチャンネル↓
http://www.youtube.com/channel/UCwzpYcJTDt5hlCwdqbqAUSw

萩原あみPodcastチャンネル↓
http://tinyurl.com/ydxrv888

萩原あみFACEBOOK↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100006997458404v

“行動しないことを選んでいる私たち” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です